民家の店・宿

2017年4月 1日 (土)

大分/カフェ 「カフェ・ド・ランブル」

1_2

▪️どこか懐かしい蔵のカフェ
 宮崎太陽銀行(中央通り)横の細い路地を一歩入ると、カフェ・ド・ランブルの小さな蔵がひっそりと建っている。蝋燭屋の材料を保管していた1896(明治29)年築の蔵を借りて、カフェを始めて今年で41年目になる。
古い木戸をガラリと開けると、注文を受けてから豆を挽き、ひとつひとつ丁寧にコーヒーを入れるご主人と、デザートを手作りする奥さんとのカウンター越しの会話を楽しむ常連客たちがずらりと並んで座っている。白熱灯のランプに照らされたアンティーク家具や柱時計が並ぶ店内は、昔にタイムスリップしたような非日常のセピア色の世界だ。2階は畳敷の個室でグループや家族連れに人気があり、注文した飲み物が木箱に入って滑車で2階に上がってくる「しかけ」も2階利用客の楽しみだ。

2_3

▪️銀座のカフェ「ランブル」の伝統を継承する
 奥さんが若い頃、有名な銀座のカフェ・ド・ランブルで2年間アルバイトしていた縁で、結婚後に地元の佐伯でカフェを開業するにあたって、銀座の関口オーナーに何度も相談をしたという。ハードよりソフトを大事にする関口さんの考え方に共鳴し、「ランブル」の名前とともに哲学も受け継いだ。そんな伝統のコーヒーに相性抜群なのが手作りシュークリーム。口コミだけで県内各地や県外から客が訪れるのも納得だ。

場所 大分県佐伯市中村西町1-28
交通 JR佐伯駅から車で5分、東九州高速道路の佐伯IC から車で10分
電話 0972-23-6823
メニュー 世界各地のコーヒーが400円~450円、シューク リーム250円
ジャム付きパン300円、季節のケー キやアップルパイ
チョコレートケーキ、チーズ ケーキ250円~400円、ピザ800円
営業時間 12時頃から21時頃まで
定休日 木曜日

(取材:大分県・友の会会員 岩佐礼子)

2012年10月10日 (水)

大分/カフェ「桃花流水」

Cimg2511_2■小さな蔵を改装したカフェ
 大分市戸へ 次つぎ本町は、かつて大野川河川が交通の要所だった頃栄えた市内では、唯一歴史的な町並みが残る地域である。街道筋に残る町屋は商業の集落として栄えてきた。ここに、豊後守護職大友氏と主従関係を結んだこともある家系で、農業のかたわら、酒造を生業とした帆ほ 足あし家の本家が今も残る。主屋である「富ふ 春しゅん館かん」は臼うす杵き の名棟梁高橋団内の作であり、式台付玄関など武家構えの特徴をもつ。帆足家は豊後竹田の出身で文人画家の田能村竹田と深く交流があり、「富春館」は多くの文人墨客を迎え入れたサロンでもあった。
 今回、紹介するカフェ「桃花流水」は、この帆足家の小さな蔵を改装したものである。荒壁と構造材の柱と貫を当時の面影のまま残してあり、変に飾ったところがない。

120318_173245■眠っていた道具が地元の食材と調和する
 カウンターやテーブルの天板には、酒蔵にあった道具や樽のふたを上手く使い、足は蒸し器の角せいろを利用している。食器にいたっては、かつては冠婚葬祭などで使われていたであろう、蔵に眠っていた食器を使用しているが、当時の和食器にケーキをのせても、この空間のおかげか何の違和感もなく、むしろそれが調和している。コーヒーカップもザラメ入れもすべて昔の食器や漆器である。そこにあるものの素材を生かしてつくられたカフェである。それはメニューを見てもおなじだ。戸次のミネラル豊富な土壌で獲れるまっすぐなごぼうや、近くの農園で獲れた野菜など、地元の食材をふんだんに使用したメニューが多数ある。
 オーナーにカフェの始まりを聞いてみた。12年前に「富春館」を一般公開した時に臨時でカフェを開くことになり、もともとここにあったものを利用して、あり合わせで作ったカフェだった。好評を得て、メニューを増やし今のスタイルになった。古いものはお金で買えないからそれを大事にして、今に生かしていきたい。年配の方にも若い方にもそれを見て感じてもらいたいと語ってくれた。

場所大分県大分市大字中戸次4381番地
交通米良I.C.から車で10分
電話097-597-7111
料金コーヒー525円、ケーキセット840円、ランチ800円~
営業 10:00~17:00 定休日:月曜日
情報提供『民家』83号 取材:熊本県 和田恵利子