民家の店・宿

« 大分/喫茶「茶房 天井桟敷」 | メイン | 愛媛/ゲストハウス 「古民家ゲストハウス 汐見の家」 »

2018年4月 1日 (日)

長野/割烹会席料理 「旬菜料理 はたの」

1_3

■食材、空間にこだわりぬいた亭主
 こだわりある亭主は、「ここは、ゆとりある時間、ゆったりした時間、寛ぎの空間、大人の隠れ処としてご利用いただける場所です。古民家のよさは、日本人の心に沁みる趣ある場所だという点ではないでしょうか」と話します。歴史を重ねてきた古民家の空間は、私たちに古の価値を教えてくれます。
 北信州飯山は大地が肥沃で、清らかな水・澄んだ空気に恵まれ、地産の食材を使ったここでしか味わえない会席料理が楽しめます。上質な旬菜・山菜・摘み草を主役に、地産の魚・肉、郷土料理(富倉そばなど)やジビエ料理など、贅沢に味わうこができます。亭主は食材選び同様に古器にもこだわっています。奥信濃ならではの古民家が生みだす、静寂な寛ぎの空間で、大人のやすらぎの時間が過ごせます。

2_4

■1年を通して北信州の食を楽しめる
 空気の澄んだ場所にあるのが、日本昔ばなしに出てくるような古民家を改装した「旬菜料理 はの」です。玄関の大戸をくぐると囲炉裏のある店内へ。農家だったというたたずまいがそのまま残り、のん
びりと心静かに料理を楽しむことができます。

3_4

 食材へのこだわりが超一流。食材の旨味を一番に考え、ジビエ・山菜他、全て30分圏内で調達できるようにと、この地を決めたそうです。特にジビエ食材は狩りからさばきまで亭主自ら行い、臭み無く新鮮な状態で提供しているそ
うです。季節ごとに食材も変わるので、1年を通して楽しめるお店だと思います。
 ぜひ「旬菜料理 はたの」さんを求めて、信州に遊びにきてください。

場所 長野県飯山市旭644番地
アクセス 北陸新幹線・飯山線「飯山駅」よりタクシー10 分
上信越自動車道「豊田飯山IC」から30分
電話 0269-67-0393
メニュー モーニングセット\1,580、ブレンド珈琲\583昼:3,000円(平日のみ)、4,000円
夜:5,000円、7,000円(要予約)、9,000円(要予約)
営業時間 11:30~14:30、17:30~21:00
定休日 不定休

(取材:長野県・正会員 小笹 勇)