民家の店・宿

« 奈良/カフェ「郵便名柄館 TegamiCafe」 | メイン | 岐阜/ゲストハウス「のっぽさんち」 »

2017年4月 1日 (土)

大分/カフェ 「カフェ・ド・ランブル」

1_2

▪️どこか懐かしい蔵のカフェ
 宮崎太陽銀行(中央通り)横の細い路地を一歩入ると、カフェ・ド・ランブルの小さな蔵がひっそりと建っている。蝋燭屋の材料を保管していた1896(明治29)年築の蔵を借りて、カフェを始めて今年で41年目になる。
古い木戸をガラリと開けると、注文を受けてから豆を挽き、ひとつひとつ丁寧にコーヒーを入れるご主人と、デザートを手作りする奥さんとのカウンター越しの会話を楽しむ常連客たちがずらりと並んで座っている。白熱灯のランプに照らされたアンティーク家具や柱時計が並ぶ店内は、昔にタイムスリップしたような非日常のセピア色の世界だ。2階は畳敷の個室でグループや家族連れに人気があり、注文した飲み物が木箱に入って滑車で2階に上がってくる「しかけ」も2階利用客の楽しみだ。

2_3

▪️銀座のカフェ「ランブル」の伝統を継承する
 奥さんが若い頃、有名な銀座のカフェ・ド・ランブルで2年間アルバイトしていた縁で、結婚後に地元の佐伯でカフェを開業するにあたって、銀座の関口オーナーに何度も相談をしたという。ハードよりソフトを大事にする関口さんの考え方に共鳴し、「ランブル」の名前とともに哲学も受け継いだ。そんな伝統のコーヒーに相性抜群なのが手作りシュークリーム。口コミだけで県内各地や県外から客が訪れるのも納得だ。

場所 大分県佐伯市中村西町1-28
交通 JR佐伯駅から車で5分、東九州高速道路の佐伯IC から車で10分
電話 0972-23-6823
メニュー 世界各地のコーヒーが400円~450円、シューク リーム250円
ジャム付きパン300円、季節のケー キやアップルパイ
チョコレートケーキ、チーズ ケーキ250円~400円、ピザ800円
営業時間 12時頃から21時頃まで
定休日 木曜日

(取材:大分県・友の会会員 岩佐礼子)