民家の店・宿

« 高知/町家カフェ 「道 —タオ—」 | メイン | 福岡/農家民宿「まんてん星」 »

2015年10月14日 (水)

長野/信州みそ醸造元 「塩屋醸造」

Img_6518

▪️登録有形文化財の老舗
長野県北部に位置する須坂市は、明治から昭和にかけて製糸の町として栄えました。今も町のあちらこちらに蔵の町並みが残っています。その町の中にある塩屋醸造は、江戸末期に塩問屋として創業し、文化・文政時代に味噌・醤油の醸造を始めた老舗のお店として知られています。
醤油蔵や味噌蔵などは江戸後期から明治にかけての建物で、店舗および主屋、離れ、醤油蔵などの10棟は、2007年に国の登録有形文化財になっています。建物は中庭を取り囲むように配置され、上から見るとロの字の形状です。蔵に取り囲まれた中庭に立つと、まるで時代劇のセットに迷い込んだようです。
前もって「みそ蔵めぐり」を予約しておけば、味噌蔵や醤油蔵を見学できます。蔵の中に一歩足を踏み入れると、薄暗くひんやりとしたなかに木桶がびっしりと並び、味噌の香りが充満しています。

_mg_0075

▪️伝統の手づくりみそ
この店のみそは、国産の大豆を蒸して手でつぶし丸めて味噌玉を作り、蔵の中で寝かせます。その後、昔ながらの木桶に仕込み、6~10か月かけてじっくりと熟成させます。熟成期間もさることながら、創業時から受け継がれる蔵の環境と、壁や梁を真っ白にするほどについた酵母菌がみそをより深い味わいにしてくれるとのことです。長年培ってきた歴史を感じさせます。
 名物の「えのき味噌」は国産の大豆と米、そして特産の地元北信濃のエノキダケをペースト状にしてみそと一緒に発酵させた甘口の味噌です。
店舗の1階では、味噌、醤油、自家製のお漬物、いろいろな種類の塩や、ここでしか手に入らない限定醸造品もあります。

▪️地域の人々が集まる店に
 店舗脇に小文庫蔵があります。小さな空間ですが、この囲まれ感がとても心地よく感じます。通常の見学コースには入っていませんが、活用について計画中とのことでイベントや地域の交流の場として使うことも考えているそうです。新たに活躍できる、とても楽しみな空間になりそうです。

場所 長野県須坂市大字須坂537番地
交通 長野電鉄須坂駅より徒歩15分
問い合せ 電話:026-245-0029
商品 えのき味噌(1kg:1,404円)(税込)
玉造り味噌(1kg:1,080円)(税込
営業時間 時間 9:00~18:00
定休日 不定休(8月、12月は無休

(取材:長野県・正会員 東條和夫)