民家の店・宿

« 茨城/ピッツァ&コーヒーの小さなカフェ カフェ 「Hanana」 | メイン | 福島/そば処「花扇」 »

2014年10月13日 (月)

鳥取/ ドリンクのテイクアウト「くだものや」

Img_20140829_180625hcwmqk_2

■赤瓦と焼き杉板の町家の町並み
 鳥取県の中央部、城下町として、また地域経済を支える商家の町として栄えた倉吉。市内中心の打吹玉川地区には玉川沿いの白壁土蔵群、赤瓦と黒い焼き杉板の町家の町並 みが残っており、多くの観光客が訪れています。
「くだものや」はその町並みの一角にあります。民家の道路に面する部分を取り払ってアプローチとし、その奥の部分を店舗に再生しています。

K

くだものや野菜、牛乳または豆乳を使った地産地消のスムージーが専門で、テイクアウトのみ。町歩きの途中、疲れた足を休め、乾いたのどを潤そうという観光客で賑わっています。アプローチ部分がお休みどころです。

■季節のくだものを使ったスムージー
店を営む山崎優子さんは神奈川県からのIターン組。鳥取県をたびたび訪れていて、心和む自然の美しさ、地域社>会と人々の優しさに惹かれたと言います。東日本大震災の被災地支援にボランティアとして参加した折、鳥取から石巻に支援に来ていた職人グループの人たちと知り合い、思いやりの心に触れて鳥取県移住を決意したとのこと。
 山崎さんは栄養士の資格を持ち、食品加工会社に勤めていたことがあり、このくだものを活かしたドリンクの店を2012年9月に始めました。

Bndk

 スムージーは季節に合わせて数種類のメニューを用意しています。材料にはこだわり、市場で一級品を仕入れているとのこと。
 倉吉を訪ねる折には、ぜひ立ち寄ってみてください。
なお、倉吉市ではまちおこしの一環として、商工会議所が店を始めたい人に低家賃で利用できるチャレンジショップ「あきない宿」を設け、支援に取り組んでいます。

場所 鳥取県倉吉市魚町2557
交通 倉吉駅よりバスで15分
問い合せ 電話:00858-33-5673
メニュー いちじく、桃太郎ぶどう、梨グリーン、 その他旬のくだもののスムージー
 各600円前後
営業時間 11:00~16:00
定休日 火曜日、水曜日

((取材:鳥取県・正会員 山根賢志)