民家の店・宿

« 熊本/日奈久温泉「金波楼」 | メイン | 三重/食事処「菜乃穂」 »

2013年1月15日 (火)

徳島/茅葺き民家ステイ 「桃源郷祖谷の山里」

P1150678_4■一棟貸し切りでゆったりとした時間を過ごす天空の宿
 徳島県の北西部、平家の落人伝説が残る落合集落の石垣に支えられた山の斜面には、70 棟余りの古民家が点在している。この日本のチベットとも呼ばれている祖谷の秘境にある「桃源郷祖谷の山里」には、東洋文化研究者のアレックス・カー氏プロデュースによる茅葺き民家を改修した宿が3 棟ある。最初にオープン(2012年4月)した「浮生(ふしょう)」は、明治期に建てられた民家で築100 年以上と推定され、木造平屋建ての外観は当時のままに復元されている。一方、内部はバスルーム、空調、床暖房など最新の設備を備え、快適に過ごすことができる。
 7月にはさらに、「晴耕」と「雨読」の2棟がオープンした。
 宿泊は一棟まるごと貸し切りのため、他の宿泊者を気にすることなく自由に、思い思いのスタイルで過ごすことできる。ゆったりと流れる時間に身をおきながら眺める雲上の景観はまさに絶景、しばし時の流れを忘れるほどである。

Dsc_0555 Dsc_0145_2
「浮生」の外観と室内

自炊もよし、祖谷の郷土料理もよし
 滞在中の食事についてはさまざまなスタイルがとられている。宿にはIHキッチンや調理器具一式、基本調味料類を備えているので、必要な食材を購入して自炊することもできる。また、予約時に希望すれば別途料金で食事も用意してくれる。メニューは、主に地場産の食材を使った、地元で日常的に食卓に並ぶ素朴な家庭料理。
 また、星の山里ツアー、祖谷のそば打ち体験、落合集落重伝建ガイドツアーなど、どれも祖谷そのものが体験できるプログラムが用意されている。付近には大歩危(おおぼけ)峡やかずら橋などさまざまな観光名所があるが、観光は早めに終えて趣のある古民家ステイを楽しみたい。

場所徳島県三好市東祖谷和田96-3 
交通大歩危駅前から、車で所要約45分
電話0883-88-5120 「茅葺き民家ステイ受付事務所」
料金3~5名で一人一泊8,000円から(素泊まり料金)
営業年中無休
情報提供『民家』84号 取材:愛媛県・友の会会員 岩﨑俊夫