民家の店・宿

« 高知/再生古民家の喫茶と宿「カフェスペース蔵空間 茶館」 | メイン | 兵庫/キーワードは「交差点」 「篠山ギャラリーKITA’S」 »

2012年7月10日 (火)

栃木/大谷石造りのかわいい石蔵 カフェ「café SAVOIA s-21」

Dsc_0008_edited_2■石蔵に一目ぼれしてカフェを開店
 宇都宮市内の大谷町に大谷石の産地があることから、周辺には大谷石造りの蔵が多く見られる。カフェ・サボイアもその一つで、オーナーのご夫妻がたまたま出会って一目ぼれし、借り受けて内部を改修し、2年前に開店した。
 築60 年、間口3間、奥行2間、2階建てのこぢんまりとした石蔵で、商家の物置として使われていた。
 外観は、大谷石特有のやわらかい肌の明るい壁面。そして観音開きの窓周辺のデザインがなんともかわいらしい。
 内部は1階がカウンター席と厨房、2階が椅子席。2階は蔵の割に階高があり、小屋組が照明を受けて美しい。妻側の壁を一面に鏡張りとしているので、広く感じる。オーナー手持ちの年代物の家具が置かれ、趣味の小物類が各所に飾られていて楽しい。全体がレトロな雰囲気である。

Dsc_0022■大人がゆっくりとくつろげる空間
 カフェは、JR宇都宮駅から徒歩で5分ほど、駅から近いわりに静かな界隈にひっそりと佇んでいる。
 ジャズに耳を傾け、香り高いコーヒーを味わう。リラックスして本を読む女性のお客さんも多い。料理やオリジナルケーキも美味しいと評判だ。口コミ評判は広がり、リピーターが増えているという。
 オーナーのご夫妻は地元出身。夫人は「この石蔵と出会えたのは奇跡です。こういう建物が残っていてくれたことに感謝しています。“宇都宮の宝”だと思うので大事に使っていきたい」と語ってくれた。カフェ・サボイアは、2010 年度の第14回「宇都宮市まちなみ景観賞」を受賞している。店名のSAVOIA s-21は、宮崎駿のアニメ『紅の豚』に登場する飛行艇の名前からとっている。ご主人は大の宮崎駿ファンだ。

場所栃木県宇都宮市今泉2-8-5
交通 R宇都宮駅より徒歩5分
電話028-666-7860
料金 コーヒー470円、ケーキセット800円~、ランチ1,000円~
営業 11:00~18:00 定休日:月曜日(臨時休業あり)
情報提供『民家』82号 取材:東京都・正会員 清沢和弘