民家の店・宿

« 福岡/宿 天然田園温泉「ふかほり邸」  | メイン | 山梨/築200年の庄屋造り 蕎麦処「草至庵」 »

2012年4月 4日 (水)

福島/茅葺き曲家集落の宿 かやぶき民宿「離騒館」

Img_0215_3■水引集落でただ一軒の宿
 南会津の水引地区は、現代的な開発の手があまり加えられていない昔ながらの茅葺き集落の雰囲気を色濃く残していることで知られています。市町村合併で南会津町になる以前は館岩村という名称でしたが、その旧役場から川沿いの道を湯の花温泉を横目にぐんぐんと登って行くと、まるで昔話にでてくるような茅葺きの集落にたどりつきます。現在残っている茅葺きは7軒で、いずれも良く手入れがなされているようです。その集落の入口近くに伝統的な曲屋の宿「離騒館」があります。明治30 年代の建物ですが、数度の改修を経て現在も美しい姿を保ち続けています。女将の五十嵐さんはもともとは千葉県の出身で趣味の登山に通っているうちに、この集落に嫁がれ
たとのこと。集落の使われなくなった民家が解体され、材料が都会にもっていかれるのを見ているうちに、悔しくなり民家を残すために民宿を開業されました。

Img_0187_2■南会津の豊かな自然を楽しむ
 南会津の山々が産み出すキノコや山菜等の山の幸、渓流のイワナやヤマメ、集落の畑でとれたばかり新鮮な野菜が「離騒館」のテーブルにのぼります。そのおいしさは豊かな自然の恵みそのものです。自然を楽しむといえば、水引は花の百名山として知られる田代山(標高1,971m)の登山道の入口。山頂では貴重な湿原植物を見ることができます。季節によっては麓ふもとの松戸原から田代山ライン号が運行しています。松戸原には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されたばかりの前沢集落があり良く知られていますが、民家通の皆さんには整然としすぎていて物足りないかもしれません。そんな時には少しだけ足を伸ばして水引集落を訪ねてみることをお勧めします。きっとご満足いただけることでしょう。

場所福島県南会津郡南会津町水引469
交通 会津鉄道 会津高原尾瀬口駅から車で約40 分、 東北自動車道西那須野塩原ICから約75km
電話0241-78-2338
料金夏期5,500円 冬期6,000円(税込、1泊2食付)
情報提供『民家』80号 取材:東京都・正会員 公文大輔