民家の店・宿

« 秋田・横手市/中華そば「三角そばや本店」 | メイン | 山梨・山梨市/ギャラリー「梨の木畑」 »

2009年7月 8日 (水)

京都・中京区/おかき処「蕪村庵」

20080201006_2 20080201009_8

■ 歴史を感じる粋な京町家

江戸後期の京町家。町家には珍しく、間口4間の 表屋造 おもてやづくり の建物です。店の形・間取りから見て、織物屋さんの仕事場だったようです。
株式会社「味蔵や」さんが、6年前にこの店を改修され、本店を構えました。「蕪村庵」は、「味蔵や」さんが、蕪村が生まれた大阪都島の毛馬で発祥したことから名づけられています。
いまでも、カド脇に 友待 ともまち が残り、ミセの はほぼ建築当時のままに復元されています。
一方、通り庭・ダイドコは、吹き抜けを有効利用しつつ、現代風に素敵にリフォームされています。聚楽壁と黒塗の構造材が、おかきのおいしさを一層ひきたてているようです。

■ 与謝蕪村にちなんだおかき

蕪村庵さんのおかきは絶品。与謝蕪村の句が持つ奥深い世界が、おかきという小さな食材に凝縮されています。
特にお勧めなのが、「丹波の黒豆おかき」。丹波産の大粒黒豆と風味のよい佐賀県産の餅米がシンプルで飽きのこないおいしさを作りだしています。

場所京都市中京区六角通烏丸東入堂之前町234
電話075-213-7888
交通阪急電車烏丸駅または市営地下鉄四条駅下車 徒歩約5分
メニュー丹波の黒豆おかき 714円〜、揚げせんべ い525円〜、あられ蕪村春秋 714円〜、
七彩焼きつらね詩 525円〜、さくらえびせんべい 714円〜、四万十川のりせんべい525円〜 他
営業時間10:00〜18:00
定休日年中無休(年末年始・夏期休暇を除く)
情報提供『民家』60号 友の会会員・荒木 勇