民家の店・宿

« 佐賀・鹿島市/そば処「西の蔵」 | メイン | 宮城・登米市/うなぎ割烹「東海亭」 »

2009年7月 2日 (木)

奈良・奈良市/蚊帳・蚊帳地製品「吉田蚊帳店」

Photo

■ 奈良町に残る町家の蚊帳店

吉田蚊帳店は古い町家をたくさん保存する奈良町(昔は元興寺境内であった場所につくられた町)の一角にある。写真の主屋は築100年余り、店に使われている蔵は130年ほどのもの。創業は大正10年というから、主屋ができてしばらく経って蚊帳製造を始められたのでしょう。ご主人の吉田氏は三代目とのこと。
蚊帳にはその世話になった人も多いでしょうが、殺虫剤やコンクリートの家や輸入物におされてだんだん減ってしまったそうです。しかし、この何年かはその良さが見直されて、また盛り返しているとのこと。殺虫剤の毒は体に悪さをするし、輸入物は合繊でできていて暑いし、なんといっても蚊帳には風情があります。

■ 蚊帳地を使ったのれんも販売

日本の蚊帳は、素材が麻なので通気性がよく、吸湿性にも優れ、肌触りも見た目も気持ちがよい。そこで蚊帳地を使って、のれん・ふきん・テーブルマットなど新製品を開発しています。販売もインターネットという新ルートを開発してやっているとのこと(ナラマチドットコムによる)。古き皮袋に新しき酒ならぬ、新しき皮袋に古き良き酒というところでしょうか。これ からも100年、200年と続けてほしい店です。

場所奈良市芝新屋町1番地
交通近鉄奈良駅より徒歩10分
電話0742-23-3381
価格ふきん:260円、のれん:5460円
営業時間9:00〜16:00
定休日なし(元旦をのぞき無休)
情報提供『民家』55号 正会員・二宮倫行)