民家の店・宿

2019年1月 1日 (火)

富山/カフェ「茶舎 野うさぎ」

Photo

■引っ越して初めて見つけた雰囲気のよいカフェ
 長年暮らした滋賀から、富山県南砺市福光に移り住んで1年が経ちました。これまでしてきた建築の仕事を離れ、地元のスーパーで働き、食べ物や行事などを楽しみ季節を感じる日々を送っています。町の中心を流れる清流“小矢部川”沿いの桜並木の景色は通勤路の楽しみです。その川沿いに
「茶舎 野うさぎ」さんがあります。「水月」という料亭だった建物の住まい部分をリノベーションした、落ち着いた雰囲気のカフェです。2019年3月で3周年になるそうです。

Photo_2


 オーナーの湯浅さんは、お店を持ちたいと思い続け、結婚、子育て……と20年経ち、いざカフェができるとなった時、“欲しかった場所、欲しい場所、欲しいであろう場所”をつくろう!と決めたそうです。昔は当たり前にあったコミュニケーションの場をつくり、地元に根付いていきたいなぁという

思いで、地元の方の手作りの作品を販売されたり、2階の広間はヨガや教室などにも使われ、思いが実現されていて楽しいお店です。

■ランチを楽しみ、お店や地元の人と話が弾む
 ランチのメニューも豊富で、ロコモコもおすすめです。私はワッフルと珈琲もいただき、ほっこり素敵な休日になりました。
 改装の時は、元の状態を生かしながらも柱や壁を抜くのに大工さんと一緒に奮闘したり、雨漏りや寒さに苦労したそうです。
 地元の方々と話したり、地元の建築事情を知ると、今までの自分が思い描いていた家づくりの考え方が少し変化している気がします。また雪深い冬が来ますが、この町での楽しみが増えました。

場所 富山県南砺市福光6605-3
アクセス JR城端線福光駅 徒歩5分
電話 0763-58-5315
料金 メニュー ランチ(1,000円)、ロコモコ(850円)、その他
HP http://nousagi.petit.cc/
   

              (取材:富山県・友の会会員 信井接子)