イベント報告

2019年3月 3日 (日)

神奈川/ 甲州民家移築再生工事 竣工見学会

2019年3月3日㈰ 民家再生技術部会
神奈川県川崎市宮前区
参加:70名

Photo_11 明治12年築の雄大な養蚕農家が、山梨県笛吹市から川崎市の丘陵地に引き継がれました。元の姿をできるだけ損なわず、現代の住まいの性能もないがしろにせず、時間と手間を惜しまず、知恵と技術を尽くして再生された空間。1階の床暖房と屋根の断熱材だけで、土壁の家はほんのりした暖かさ。雨天にもかかわらず大勢の人が訪れ、桃の節句の部屋飾りも華やかなハレの日の民家を思い思いに体験しました。再生に関わった方々のご苦労とチャレンジ、仕口のお話などを映像を交えて伺い、最後は桜餅をいただきました。
( 野上恵子)

2019年1月26日 (土)

神奈川 /民家バンク登録 「茅葺き屋根の茶室がある鵠沼の家」 見学会

2019年1月26日㈯ 民家再生推進委員会
神奈川県藤沢市
参加:14名

Photo_9 この建物は明治中期に開業した旅館「東屋」の離れ。2万坪の敷地は密集した住宅地に変貌し、昔日の面影はない。戦後すぐにこの建物を取得したのが茶室設計で著名な江守奈比古氏。茅葺き部分を玄関と応接、そして二つの茶室に増改築し、背後の元瓦葺き部分を生活の場としている。印象深いのは小間の茶室。広さは一畳半で客畳との間に板が入り、奥に書院付の台目畳が続く変則の間取り。「自分の都合に合わせた心地のよい部屋」と記しているが改めて茶室の魅力を再発見させてくれた。この貴重な建物を残して活用したいと誰かが手を挙げてほしいものである。 (大沢 匠)

2018年12月15日 (土)

神奈川/ 小田原の邸園文化・建築を巡る

2018年12月15日㈯
神奈川県小田原市 民家再生技術部会
参加:19名

Photo_5 JMRAの街歩きはきちんと解説の方が付き、深くその街を知ることができるので、大変楽しいものです。
 今回も地元の観光協会の方がガイドしてくださいました。たくさん見学した建物のなかで特に印象に残ったものは、松永記念館と小田原文学館です。松永記念館は、お茶のための部屋がいくつもあり、一つひとつがこだわりの深いものでした。小田原文学館は庭も含めた建物が、とても気品に満ちたもので羨ましかったです。小田原の観光に対する熱意を堪能できた充実した一日となりました。 ( 黒澤俊和)

2018年12月 8日 (土)

神奈川/ 江戸期の民家の 一室リフォーム見学会

2018年12月8日㈯
横浜市磯子区 民家再生推進委員会
参加:10名

Photo_7 100年ほど前にトタンに葺き替えた茅葺き民家。床が置かれる前の2018年2月の見学会では、土台や柱の劣化を補修するための根継ぎや耐震性を持たせる根がらみなど、丁寧な仕事を見せていただきました。今回の見学会では、傷んだトタン屋根と外観や床下の傷みを直し、要望にあった日当たりのよい食堂と居間がつくられていました。狭かったお風呂は倍の広さの箱風呂に変身。瓦棒葺きのトタン屋根は、トタンを
1枚1枚折り曲げ、重ねる手仕事は丁寧で美しいです。久しぶりにトタン屋根の美しさを実感しました。 (小俣邦夫)


2018年11月17日 (土)

神奈川/ 紅葉の三渓園で 公開古建築見学会

11月17日㈯ 民家再生技術部会
神奈川県横浜市中区
参加:18名

Photo_7晴れ渡る秋空の下、木岡敬雄先生の解説とともに三渓園の古建築を巡った。三渓の自邸であった鶴翔閣を眺めつつ外苑の奥へと進む。三重塔、仏殿、古民家とそれぞれの建築ごとに、歴史の背景や建築様式の変遷などの解説を聞き、感服しきり。午後は内苑へと場所を移し、数寄屋、書院、茶室と、さらに古建築群の魅力にたっぷり浸った。
この日はちょうど、重要文化財である聴秋閣と春草廬の特別公開初日で多くの来場者で賑わっていた。季節を変えて訪れれば、新たな魅力を感じることでしょう。(田中寛人)

2016年9月25日 (日)

神奈川 /〈民家の学校 オープンスクール〉 川崎市立日本民家園見学

9月25日(日)
神奈川県川崎市
参加:35名

Photo_5 リピーターがいるという噂の日本民家園見学に、やっと参加してきました。今回は17〜18世紀に建てられた家を中心に見学。安田徹也さんによる解説は、その家の細かな特徴や移築時の背景、家園が設立されるに至った経緯など、なかなかマニアックで興味深い説明ばかり。ファンがいるということに大いに納 得する内容でした。農村歌舞伎の舞台や奈落も見学。気持ちのいい縁側での記念撮影。囲炉裏に火の灯る古民家を堪能できました。1回では周りきれないことを実感し、また訪れようと思う講座でした。 (飯澤仁美)

2016年2月21日 (日)

神奈川/「伝統木造構法の家」 見学会

2月21日(日) 民家再生推進委員会
神奈川県三浦市
参加:57名

Photo_2 河津桜が見頃で賑わう三浦市にて、伝統構法で建てた新築住宅の見学会が開催されました。昨年5月に野梁組み物、9月に構造の見学会があり、今回は待ち望んでいた竣工見学会でした。
 完成した建物は、赤茶の大屋根が印象的であり、外壁の土佐漆喰からは、柔らかみのある優しさを感じました。室内は、背の低い私でも手を伸ばせば届く高さに梁があり、近距離で観察することができます。曲がり梁の存在を常に感じながら、広く明るいリビングで過ごす日々はどんな気分なのだろうか?(新居外志子)

2015年11月28日 (土)

神奈川 /〈民家の学校 オープンスクール〉 川崎市立日本民家園見学

2015年11月28日㈯
神奈川県川崎市多摩区
参加:23名

Photo_14

 晴れ渡った青空。茅葺きの軒下、つるし柿。お日様を透かした真っ赤なもみじ。晩秋の気配満載の民家園。
 土間の冷え、粗壁の隙間からさす光。こうした暮らしの中で人は何を思い、暮らしていたのか? 寒さに耐え、春を待つ人びとの暮らしはさまざまな工夫を凝らし、自然と折り合う。土間敷きのござ、囲炉裏、雪囲い。今回、昨年とは見学時期をずらしたことによって、また違った民家の厳しさと美しさを見る。
 例年の企画にもかかわらずリピーターもいて、安田徹也先生の説明もますます冴えわたりました。 (村石公子)

2015年5月24日 (日)

神奈川/ 民家活用の先輩に学ぶ アートと民家 回廊「瞬」見学 と「田園風景の散策」

5月24日㈰ 民家活用部会
神奈川県小田原市
参加:19名 

Photo_5

 築80年の回廊「瞬(とき)」では、古い布や紙を再利用した「裂織(さきおり)」「一閑張(いっかんばり)」の作品を、また他の民家では、地元に息づく彫刻、版画、写真等のアートに浸り、民家と共生しながら古きものを再生・活用する人びとの心遣いに触れました。
 また、雪解けの富士山を背景に水田と新興住宅の対比がある下曾我地区を巡りながら、宮大工集団により新築された客殿、茅葺き屋根を葺き替え継承する民家、内部の古材が引き立つ民家、立派な敷地が人びとの集まる空間になっている民家などを見学。伝統的な建造物がもたらす空間の素晴らしさを満喫することができ、心地よい半日でした。(小澤貴衣)

2015年5月20日 (水)

神奈川/ 第7 回 日本民家の美術展

5月20日㈬〜24日㈰ 文化企画部会
神奈川県横浜市港北区


 1

 日本民家の美術展が横浜市指定有形文化財の大倉山記念館で開催されました。絵画、写真、映像、古民具、建具、造形物や家具、ドールハウス、竹細工、鬼瓦、模型など、民家への思いと表現することの喜びが伝わってくる作品たち。

2_2

 23日に小松七郎氏による左官・鏝絵の実演、24日に富岡唯史氏による鬼瓦制作の実演も開催され、民家を構成する「美」の制作現場も見せていただきました。
 次回の美術展が今から楽しみです。
(菅原陽子)