イベント報告

2018年11月 4日 (日)

静岡/ 〈民家の学校〉 民家を育む

11月3日㈯〜4日㈰
静岡県浜松市天竜区
参加:23名

Photo_3西鹿島駅からバスに揺られること1時間、天竜美林の山々が近付くと、曇天から陽光が差し込んできました。2日間の講座のスタートです。1日目は、水窪町の山林にて伐採体験。安全指導のもと、実際に木を伐り倒します。達成感に加え山仕事の大変さを実感できました。2日目は、当地代々の山主の方から、山林・林業の今昔について貴重なお話伺った後、天竜杉の製材所を見学し、月齢伐採・天然乾燥の考え方や製材技術を学びました。豊かな森林に囲まれた天竜の地で、存分に森や木の魅力に触れることができました。(松山 充)

2018年10月28日 (日)

東京/〈民家の学校〉 民家を組む

10月28日㈰
東京都八王子市
参加:25名

Photo_4伝統構法での建築を手掛けている小野田棟梁より、「在来工法」と異なる「伝統構法」の意義や高度な建築技術、大工道具の種類の多さ、差し金の使い方などについて話していただきました。
 ワークショップでは鋸・のみを駆使して、かま継手製作を行い、棟梁の作成した追掛け大栓継手、プレカット加工のかま継手で強度試験を行いました。結果は追掛け大栓継手が1番、我々の素人加工とコンピューター加工の勝負はほぼ互角の結果。人の目で造る「伝統構法」を学び、守ることの大切さを知った貴重な一日でした。(村田壽夫)

2018年10月 8日 (月)

埼玉 /〈民家の学校〉 民家と生きる

10月8日(月・祝)
埼玉県秩父市
参加:29名

Photo_8「栃本に住み暮らす、その先に」をテーマに、秩父の栃本という、かつて重要な交通路であった秩父往還にあり、急な斜面を活用しながら時代を生きてきた町へ、総勢29名で訪れました。
 地元の方、移住をされた方、活動されている方と、さまざまな形で栃本に関わる方々のお話を伺い、旧国道、栃本関所跡など町を散策しました。
 受講生の感想は、人・地域・産業・建物など、各々の視点で示唆に富む内容でした。担当にとっても大変学びの多い講座となりました。(斉藤晴久)

2018年9月 9日 (日)

千葉 /〈民家の学校〉 民家に関わる

9月9日㈰
千葉県鴨川市
参加:30名

Photo_2 第5回講座は、鴨川市釜沼の里山にある、「民家の学校」OB ご夫妻が移住に向けて準備進行中の、約1,200坪の古民家付きの敷地を訪れました。  午前は敷地入手までの経緯や、自然との共生・環境の再生を目指す里山整備等の活動についてお話を伺いました。午後は起伏に富み表情豊かな敷地にて、里山整備の現場見学と、明渠作りや敷地内で間伐した丸太の皮剥ぎを体験。  ご夫妻の人柄や里山の魅力に触れ、また実際に手を動かすことで、里山での暮らしを心身ともに感じる機会となりました。(佐藤礼子)

2018年7月16日 (月)

長野/〈民家の学校〉 民家に住まう

7月14日(土)~16日(月・祝)
長野県飯田市大平
参加:32名

Photo_3

飯田と木曽の間にある、かつて峠の宿場町であった大平で、キリモミ式で火を起こし、竈での炊飯や囲炉裏での煮炊きと、今となっては貴重な民家での生活体験が行われました。
 受講生は家族として役割を果たすことで結束力が強くなり、営みを肌で感じました。また、民家の在り方や残し方を題にしたワークショップに取り組み、発表会でさまざまな意見や考え方に触れました。
 連日晴天に恵まれ、夜には満点の星空と、充実した合宿となりました。(原 猛哲)

2018年5月13日 (日)

山梨 /〈民家の学校〉 民家を活かす

5月12日(土)~13日(日)
山梨県甲州市
参加:36名

Photo_11

 民家の学校、今期初の合宿講座です。
 初日は山梨県笛吹市上芦川、甲州市上条を訪問し、復原された古民家を中心に見学し、住民の方々のお話を聞きました。両集落で異なった形式の民家が建っていて、どのような要因で建物の形が決まるのかについて意見交換しました。
 2日目は古民家再生の実例を見学した後、雨天のため雨宮棟梁の下小屋で丸太を部材にする技を体験し、道具を使う心構えなどを聞きました。
 民家だけでなく周囲の環境や、さまざまな人の思いなどを考させられる講座でした。 ( 浅賀貴広)

2018年4月 8日 (日)

東京 /〈民家の学校〉 民家の原点

4月8日(日)
東京都豊島区 明日館
参加:47名

Photo_10

「民家の学校」19期のテーマは「造るわざ、暮らすひと、紡ぐこと」。入学式もこのテーマに沿って進めました。
 はじめに、実際に古民家に暮らす野崎林太郎校長から、「暮らすひと」としてのお話がありました。仲間との関係を「紡ぐこと」として、自由学園明日館の教室を自由に歩きまわりながら受講生が自己紹介をしました。そして、「造るわざ」として、伝統工法の木組の模型づくりと、熊本地震で残った民家のしくみを学びました。はじめは緊張していた受講生もスタッフも、最後には笑顔がはじけていました。 (山本 梓)

2017年12月 3日 (日)

東京/〈民家の学校〉 民家の明日

2017年12月3日㈰
東京都豊島区 明日館
参加:30名

Photo_3

 充実した7回の講座を終え、修了式を迎えた「民家の学校18期」。
 自分なりの民家や暮らし、人=仲間との未来を思い描くきっかけを創り出すことをテーマに、午前は今期で最後となる横川校長、三須理事、今後を担われる野崎林太郎さん、鈴木俊秀さんに講話いただきました。午後はワークショップ形式でこれまでを振り返り、未来への一歩を決意する一日になりました。
 今年も素敵なつながりがたくさんできました。関わってくださった皆様に心より感謝いたします。 ( 曽我映理子)

2017年11月12日 (日)

静岡/〈民家の学校〉 民家と森

11月11日(土)〜12日(日)
静岡県浜松市天竜区
参加:33名

3img_7304 前日から降っていた雨も朝暘がのぼり始トめると次第にやみ、2日間の講座がスターしました。
1日目は、春野町の山林にて、春野森林組合の指導で伐採を体験。森の育成・林業の仕事についてレクチャーを受け、実際に木を伐倒しました。
2日目は、東京から天竜に移住をする予定の民家の学校スタッフの経緯・経過を聞き、午後は水窪の製材所を見学し製材技術や月齢伐採の話をうかがいました。
天竜美林で過ごしたこの講座を通じ、改めて森の重要性、国産材の良さを学ぶことができました。(三須克文)

2017年10月 9日 (月)

埼玉/〈民家の学校〉 民家と地域

10月8日(日)〜9日(月・祝)
埼玉県秩父市
参加:30名

2img_2172

秩父市の山間。急斜面の山の中、段違いに道が敷かれ、家と畑が連なる集落。今も自然の中で生活が営まれている栃本に行ってきました。民家を残していくには、実際に「住む」ことが必要不可欠です。民家を守ってきたのは、行政や団体ではなく、そこに暮らしてきた人たち。そんな方々のお話を伺い、整地を手伝い、ほんの一時ではありますが、その一端に触れることができました。民家を残すために何ができるのかを考える貴重な機会でした。講座の前日にはきのこ狩りを楽しみ、ありのままの栃本を楽しむこともできました。栃本には、実際に訪れることで分かる魅力が、確かにありました。(川口潤子)