イベント報告

2018年8月19日 (日)

福岡 /〈九州民家大学〉 中国南部の民家

8月18日(土)、19日(日)
福岡県久留米市
参加:38名

Photo_6前回の「朝鮮半島と中国北部の民家」という寒さ対策の住まいに対し、今回は日本の気候に近い中国南部の住まいの話でした。
 古代に北方の漢民族の南下により、稲作が生業の南方越の人びとが追いやられ、飛散し新しい土地に移住。その土地に適応する力を持っていた人びとは、そこでとれる材木の特性を生かした構造で家を作り、棚田で米を作り、水を生活に取り込み土地の持つ力を活かしました。長く続く文化は土地に寄り添った住まい方なのだと思いました。(森元智子)

2018年7月22日 (日)

福岡 /〈九州民家大学〉「日本の住まいの成り立ち」 朝鮮半島と中国北部の民家

7月21日(土)、22日(日)
福岡県久留米市
参加:47名

Photo_4

九州民家大学が7月21日の講義を皮切りに開講しました。講師は安藤邦廣先生。受講生は47名。
 「森林の分布を見れば、その土地の気候風土・特性が分かる」ということで、第1回目は朝鮮・韓国の伝統的な民家について学びました。どのスライドの話も受講生の皆さんが真剣に聞き入っていたのが印象的でした。その土地で育まれた歴史や気候風土を紐解いて、世界各地の伝統的な民家を学ぶことは、日本の住まいの成り立ちを理解する上で大事なことだと思いました。(和田恵利子)

2018年6月17日 (日)

福岡 /〈九州民家塾〉 みんなでやってみよう! 畳の手縫いワークショップ

6月17日(日)
福岡県宗像市
参加:30名

Photo_7

ワークショップでは、畳職人の佐野畳店3代目店主佐野典久さんを講師にお招きし、普段は見ることのできない採寸、カット、表張り、縁付けの工程に実演を交えて、レクチャーしていただきました。一部、参加者も体験させていただき、針を通す作業などに「難しい!」という声が上がっていました。午後からは、畳職人の笠大祐さんから教わりながら、各自が思い思いに、オリジナルミニ畳を製作しました。自分でやってみることで、講師のお二方の何気ない動きも、美しく、丈夫に仕上げるために、理由があることに気づかされました。(松野尾仁美)

2017年12月10日 (日)

福岡 /〈九州民家宿〉 再生民家見学会in 古賀

2017年12月10日((日)
福岡県古賀市 九州・沖縄地区運営委員会
参加:47名

Photo_5

 築100年を超える民家の再生見学会が行われました。先の世代たちが永く住まうことのできる仕様と耐震性を保つことが、再生のテーマでした。
 以前は解体して、建て直したいと思っていたそうですが、愛着ある家を再生することを決意されたとのこと。
 建て主はずっと面倒をみてもらえるよう、若い大工職人たちに施工を頼みました。建て主のアルバムの中の家が、形を変えながらも生き続けていることが印象的でした。
 午後からはJMRAの今後の活動について座談会を行いました。 (山口浩伸)

2017年11月 5日 (日)

福岡/〈九州民家塾〉 現地再生民家見学in 和白

11月5日(日) 九州・沖縄地区運営委員会
福岡県福岡市東区
参加:47名

Img_3019_2

最初に設計施工を担当した建築工房悠山想宮本繁雄さん(JMRA登録事業者)が日本の民家に関する解説や工事の概要を説明、その後内部を見学しました。現地再生した2棟のうち、長屋門は若世帯の住まい(次世代空気集熱式パッシブソーラーシステム「そよ風」と薪ストーブを採用)、主屋は親世帯の住まい(古材の大梁や古建具を活かした住空間の再生と床暖房設備を採用)と、それぞれの特色を見比べることができました。
当日は入会申し込みもあり、学生などの参加も増えて今後の活動もより活性化していきそうです。(坂口奈津紀)

2017年9月23日 (土)

大分/〈九州民家塾〉 現地再生民家 「遊志庵」をたずねる

9月23日(土・祝)
大分県佐伯市 九州・沖縄地区運営委員会
参加:33名

Dscf4562江戸時代末期の古民家を現地再生した「遊志庵」を訪ねました。施主である岩佐礼子さん(JMRA 会員)は大学院で研究したことを実践すべく、地域づくりの活動拠点として30年近く空き家となっていた祖父の生家に巡り合い「遊志庵」と名付けました。第一部は岩佐さんから工事中のワークショップや、完成後のイベントの様子の説明があり、第二部は設計をしたすまい塾古川設計室の古川保さん(JMRA登録事業者)による再生ポイントの解説がありました。その後の交流会にも多くの方が参加して大いに盛り上がりました。(和田恵利子)

2017年7月30日 (日)

福岡/〈九州民家塾〉 再生蔵見学会 in 志免 ~江戸時代の技術と最新技術の融合~

7月30日(日) 九州・沖縄地区運営委員会
福岡県糟屋郡
参加:36名

Photo_8

豪雪地帯福井県美山町から土蔵を移築し、遠赤外線を使って温度をコントロールする「光冷暖システムの技術」を取り入れた民家再生のモデルルームを見学しました。もともとの建物は江戸時代末 期から180年経ており、豪雪の重み耐えるようにケヤキの大梁と柱や他の部材は湿気に強いクリの木が使われているそうです。室内に入ると光冷暖漆喰と石川産の漆で、クリの古材が妙にマッチした落ち着ける空間でした。
先人の知恵と地球環境にやさしい最新技術を生かした民家再生について学ぶことができました。 (三浦伸雄)

2016年12月10日 (土)

福岡 /熊本地震を経て、みんなで考えよう! これからの民家再生

12月10日(土)
九州沖縄地区 福岡県福岡市博多区
参加:27名

Photo_2

 前半は、熊本県立大学環境共生学部教授の北原昭男先生より「熊本地震を受けて〜木造住宅の被害状況と対策について〜」の講演。後半は、宮本繁雄さん(JMRA会員)、被災地熊本から田口太さん、コーディネーターの古川亮さん(JMRA会員)が交わり座談会。4者は震災前から顔を合わせる機会の多い仲ということで、いい意味でとても緩い、ざっくばらんな雰囲気。会場からの質問に応える形式で、土壁の補強の有効なやり方は?軟弱地盤はどうしたらいいか?など、かなり実情を垣間見られる興味深い話ばかり。まだ続きが聞きたい座談会でした。 (月成かや)

2016年10月10日 (月)

佐賀/ 酒井田柿右衛門邸 見学会

10月10日(月・祝) 九州沖縄地区運営委員会
佐賀県西松浦郡有田町
参加:64名

Photo_6 有田焼の窯元、酒井田柿右衛門邸の主屋(築250年)の修復工事が完成し、見学会が行われた。修復を担当した夢木香の松尾進さん(JMRA会員)による説明があった。湿気を防ぐため一部布基礎としたが、大部分は元の石場立て。柱の根継ぎは伝統工法を用い、金物は一切使用していない。建物の半分は元の姿 に修復、倉庫として使われていた半分は住空間として再生。「建具は特殊なサイズが必要だったが、たまたま別のお宅で不要になった建具がぴたりと収まり、これも縁というものかと感じた」という松尾さんの話が印象的だった。( 虎渓久良)

2016年6月 5日 (日)

佐賀/ 九州民家塾 in 唐津 ~唐津歴史遺産 民家の活用事例を探る旅~

6月5日(日) 九州・沖縄地区運営委員会
佐賀県唐津市
参加:21名

Photo_13 まず唐津焼創生の地・北波多に建つ唐津 草伝社(築120年)を訪問。ひたすら掃除をして当初の姿を蘇らせた原 和志さんにお話をしていただき、その感性と愛情に触れることができました。登録有形文化財である町家カフェぜん(築90年)では昼食を兼ねて見学。午後は町歩きの後、東ノ木屋(築158年)を 内見し、向かいの「ギャラリー魚や町」(築135年)の外観を見学しました。
 解散後は希望者のみが、案内役を務めた菊池(私・JMRA会員)の自宅(設計:降幡建築設計事務所)へ。竣工後27年経過した再生民家を見学していただきました。 (菊池郁夫)