イベント報告

2016年10月10日 (月)

佐賀/ 酒井田柿右衛門邸 見学会

10月10日(月・祝) 九州沖縄地区運営委員会
佐賀県西松浦郡有田町
参加:64名

Photo_6 有田焼の窯元、酒井田柿右衛門邸の主屋(築250年)の修復工事が完成し、見学会が行われた。修復を担当した夢木香の松尾進さん(JMRA会員)による説明があった。湿気を防ぐため一部布基礎としたが、大部分は元の石場立て。柱の根継ぎは伝統工法を用い、金物は一切使用していない。建物の半分は元の姿 に修復、倉庫として使われていた半分は住空間として再生。「建具は特殊なサイズが必要だったが、たまたま別のお宅で不要になった建具がぴたりと収まり、これも縁というものかと感じた」という松尾さんの話が印象的だった。( 虎渓久良)

2016年6月 5日 (日)

佐賀/ 九州民家塾 in 唐津 ~唐津歴史遺産 民家の活用事例を探る旅~

6月5日㈰ 九州・沖縄地区運営委員会
佐賀県唐津市
参加:21名

Photo_13 まず唐津焼創生の地・北波多に建つ唐津 草伝社(築120年)を訪問。ひたすら掃除をして当初の姿を蘇らせた原 和志さんにお話をしていただき、その感性と愛情に触れることができました。登録有形文化財である町家カフェぜん(築90年)では昼食を兼ねて見学。午後は町歩きの後、東ノ木屋(築158年)を 内見し、向かいの「ギャラリー魚や町」(築135年)の外観を見学しました。
 解散後は希望者のみが、案内役を務めた菊池(私・JMRA会員)の自宅(設計:降幡建築設計事務所)へ。竣工後27年経過した再生民家を見学していただきました。 (菊池郁夫)

2015年12月 6日 (日)

福岡/ 再生民家見学会 in 豊前

2015年12月6日㈰ 九州沖縄地区
福岡県京都郡みやこ町、豊前市
参加:33名

 

Photo_11  まず京都郡みやこ町にある国指定重要文化財「永沼家住宅」の見学、江戸時代後期に建てられた大庄屋の家で、教育委員会の木村さんから説明をいただいた。
 その後見学した再生民家は、古民家蘇生工房の柳本隆彦さん(JMRA会員)の設計によるもので、農家民宿「まんてん星」として営業されている。昼食に釜炊きご飯とカレーをいただいた
。  午後からは柳本さんの講話、解散後はオプションとして築上町にある旧炭鉱主邸宅「旧蔵内家住宅」まで足を延ばして見学した。 (森元智子)

2015年9月13日 (日)

福岡/〈九州民家塾〉再生民家見学会 in 八女

2015年9月13日㈰ 九州沖縄地区
福岡県八女市
参加:36名

 

Photo_11

 八女福島の伝統建造物群保存地区内にある、再生民家を見学しました。
 建物は明治20年代から40年代に建てられた、住居棟と医療棟で構成される歯科医院併用住宅です。36名の参加者で、まずはじっくりと建物全体を見学しました。後半は設計施工を手掛けられた建築工房悠山想の宮本繁雄さん(JMRA会員)より、改修に至った経緯や工事の過程、耐震についての考え方などのお話がありました。
 参加者には建築関係者も多く、質疑応答の際は時間が足りないほど盛り上がりました。 (古川智美)

2015年6月28日 (日)

熊本/〈九州民家塾〉 ビフォーアフター大賞受賞記念 匠がご案内する「お客様が一番の家」

6月28日㈰
熊本県宇城市、熊本市南区
参加:23名

Dsc00814

 最初に、テレビ番組の企画で、旅館を営んでいた建物をリフォームした事例を見学。建て主の生活スタイルと設計者(匠)の考え方が一致し、たいへん満足されている様子が、建て主さんのお話から伝わってきました。世界遺産に登録された「三角西港」を見学した後、細川藩がつくった米蔵の一つ、築325年の「川尻の御蔵」の修復現場へ。修復の指揮をとっている文化財建造物保存協会の方から明を受け、現場を見学。文化財の修復工事ということで、建物の履歴を探りながら、当時の状態を想定して修復していくそうです。 (月成かや)

2015年5月17日 (日)

福岡/ 〈九州民家塾〉 世界遺産候補 大牟田市の産業遺産を巡る

5月17日㈰
福岡県大牟田市、熊本県荒尾市
参加:24名

Photo_3

 世界文化遺産への登録勧告が発表されたばかりのホットなエリアでの開催。
 ボランティアガイドさんに、近代化を
支えた三池炭鉱関連の施設7か所(旧三井港倶楽部、旧長崎税関三池税関支署、万田坑、宮原坑など)を1日かけ案内してもらい、当時の坑内や生活のようすも交えたお話まで聞け、興味深い時間
となりました。いずれの建造物も老朽化が進んでおり、今後どのように保存していくのか、気になるところです。各施設は、私たちの他にも多くの見学者で賑わっていて、地域のボランティアガイドさんが活躍されていました。(月成かや)

2015年3月 1日 (日)

佐賀/〈九州民家塾〉 酒井田柿右衛門邸 茅葺き作業見学

3 月1 日㈰
佐賀県西松浦郡有田町 
参加:70名 

Photo_8 有田焼で知られる酒井田柿右衛門邸の茅葺き見学会に参加した。
 雨のため、葺き替え作業は見られなかった。改修工事を手懸ける夢ゆめ木き 香こう代表の松尾さん(JMRA会員)によると雨もまた大切だという。
 この250年も続く民家を昔ながらの工法で残すことは、技術の継承のためにも良い。昔の職人さんは廃棄しやすい材を使って家を造っていた。現在の日本はどうか。
 職人さんの話を聞いた後、すっかり雨も上がり我々は屋根に登った。間近で茅を見ることができた。 (江藤浩平)