イベント報告

2016年4月 2日 (土)

東京 /発酵食を学んで味わう @古民家

4月2日㈯ 国際交流部会
東京都北区
参加:29名

Photo_7 はじめに「菌美女会」代表の酒井さんから、会を作るに至ったお話と、発酵、酵素、そして菌活のことまで楽しく聞きました。もう一人の講師山田さんからは、各地の「味噌」を野菜につけて味見、手作りのいぶりがっこ、べったら漬け、おいしい味噌汁を味わわせていただきました。参加者でこしらえた「味噌玉」は、冷凍保存も利くインスタント味噌汁になり、可愛いおもてなしとしても、またお湯があればアウトドアでも使えるのが嬉しくなりました。会場となった古民家「心療庵」の桜咲くお庭を見ながら、秋には紅葉のなかで発酵・酵素を学ぶのもよいかな、と思いました。 (油谷美穂子)

2015年11月23日 (月)

東京/着物文化に親しむ —蚕から着物まで、 着付けと仕草&生活—

2015年11月23日㈪㈷
東京都中野区 国際交流部会
参加:17名

Photo_13


 小雨が降る中、古民家asagoro(浅五郎荘)にて、講座が開催されました。前半は「東京シルクの会」代表で呉服店「きもの千歳屋」店主内海康治氏から、日本の蚕糸業のお話がありました。内海氏はさまざまなことに造詣が深く、私たちにもわかりやすくお話をしていただきました。
 後半は用意していただいた着物を着せていただきました。うち掛けはなかな着る機会もないので、みなのテンションが上がりました。日本古来の住宅と着物の調和や美しさに、親しみを持って触れあえた機会に感謝した1日でした。(増田真由美)

2015年9月19日 (土)

千葉/ 民家改修見学会 三和土と竹小舞&荒壁

2015年9月19日㈯ 国際交流部会
千葉県長生郡長南町
参加:11名

Photo_10

 久しぶりの青空の下で見学会が開催されました。8月から本格的な再生を始めた築150年の民家は改修の真只中で、建築年次を思わせるような墨書を床板裏に見ることでき、参加者のテンションが上がりました。そして、オーナーの高橋裕子さん(JMRA会員)、信博さん夫妻から、民家に対する思いやこれまでの改修工事の様子が紹介されました。た、土壁の土作り、壁塗りというミニワークショップも開催。参加者も建築を専攻する人、高橋さんの暮らしに興味がある人、そして民家を取得した外国の方と多様で、国際交流部会らしいイベントだったと思います。 (山崎有通)

2015年2月28日 (土)

千葉 /食と古民家

2月28日㈯ 国際交流部会
千葉県長生郡長南町
参加:13名 

Photo_7 春の気配が感じられる穏やかな日に、長南町の古民家を訪問しました。はじめに、地元の旬な食材を丁寧に調理された昼食が準備されていて、朱色のお膳をみんなで囲みました。オーナーの高橋ご夫妻から、食材に関する説明やこれからの抱負など、とても興味深いワクワクするようなお話をお聞きしながら、おいしく頂戴しました。その後は裏山で食べ頃になった蕗の薹(フキノトウ)を摘み
取り、蕗味噌の調理体験、最後にデザートとお茶をいただきながら、高橋ご夫妻の民家取得経緯をお聞きしました。古民家で季節の恵みと豊かな生活が実感できる素敵なイベントでした。 (竹中 修)