イベント報告

2018年3月10日 (土)

京都 /長谷川家住宅の 歴史と活用に触れる

3月10日㈯ 近畿地区運営委員
京都府京都市南区
参加:12名

Photo_10

 築276年となる長谷川家住宅。農家住宅で、広い土間に太い梁、高い屋根天井と圧巻です。建築もさることながら、家に残された膨大な品々は絵画からはじまり、古地図、書物と興味深いものばかり。所有者ご夫婦は、京都市文化財マネージャーの方々の手助けを受けながら、建物の改修を行い2012年からは「歴史・文化・交流の家」として運営しているそうです。見学日には、私たち以外にも織物教室が開催されて賑やかでした。たくさんの方々に触れてもらえるようになって、物も人と同じように嬉しいだろうな、と感じました。 (崎間美紀)

2017年11月18日 (土)

和歌山/ 木の神様と民家を訪ねて

11月18日(土)近畿地区運営委員会
和歌山県和歌山市、紀ノ川市、桃山町
参加:16名

Img_9715

木材関連に携わる者であれば一度は訪れたい聖地「伊太祁曽神社」(五十猛命が木種を持って日本国中、植林普及に尽力した(日本書記)として木の神様として祀られている)を皮切りに、「旧中筋家住宅」(江戸時代の大庄屋で、主に栂、それと松・桧・杉などの良質な材をふんだんに使用)、「紀伊風土記の丘」(築250年の古民家2棟は国指定重要文化財)を訪ねました。その他にも「自然薯茶屋からびな」(明治期建立、米蔵改装)、「貴志駅」を見学しました。
古代と江戸時代の雰囲気を味わい、民家見学も堪能した1日でした。(土井 勇)

2017年2月25日 (土)

奈良 /近畿地区全体集会と御所(ごせ)まちなみ散策

2月25日(土) 近畿地区運営委員会
奈良県御所市
参加:イベントA 14名、イベントB 16名

Photo_7

御所のまちなみを案内していただいた不動産経営者のTさんは、建物や土地の売買だけでなく、まちづくりに率先して動いておられ、歴史や建物のことも話してくださいました。
御所の東にある柏原という村は瓦産業の盛んな所で、瓦にある屋号の刻印を探しながらの散策も楽しかったです。まちの入口には高札場という木札が掲げられており、おもてなしの志や火事のことなども書かれ、町をみんなで大切にされていると感じました。立派なお屋敷が盛り沢山の見学会でした。またゆっく りと訪れたいと思います。桜の時期もきれいだろうなぁ……。 (信井接子)

2016年10月16日 (日)

滋賀/五個荘金堂地区と 近江商人屋敷見学

10月16日(日)近畿地区運営委員会
滋賀県東近江市
参加:12名

Photo_7 晴天にも恵まれ、水路や舟板塀、土蔵、白壁、カワト(川面に通じる階段)のある五個荘金堂の町並みを興味深く見学する ことができました。五個荘商人の本宅では、内部の空間と共に座敷から見える庭がとても映えていました。細部の設えからも近江商人の思想と生活を垣間見ることができました。また、近江商人の旧家を再生したMさん宅をご厚意で見学させていただきました。積極的に説明してくださるMさんのお言葉と姿勢に、住まいと生活に対する愛着と楽しさを感じました。民家再生や民家での生活を楽しみながら行うおおらかな姿勢は、とても大切だと思います。 ( 山本光良)

2016年7月24日 (日)

滋賀 /日野のまちなみと町家見学

7月24日(日) 近畿地区運営委員会
滋賀県蒲生郡日野町
参加:13名

Photo_9 日野町在住のモーアさん(JMRA会員)による案内は、まちに対する愛情が伝わり、とても分かりやすいものでした。近江日野商人館や、古い町家を改装したモーアさんの自邸も見学しました。そこでは、改修の話や住まい方の工夫など興味深く聞かせていただきました。そして、築150年になる邸宅を改修したふるさと館で、地元素材を使った伝統料理をいただきました。日野まちなみ保存会による、べんがらを塗り直すことによる町おこしは、町に統一感をもたらしており、居心地のよい雰囲気を感じました。
 これからのますますの活動が、とても楽しみです。 (清水正勝)

2016年1月30日 (土)

大阪 /船場の近代建築を 見る知る学ぶツアーと交流会

1月30日(土) 近畿地区
大阪歴史博物館および船場界隈
参加:24名

Photo_5 酒井一光学芸員の案内で、JMRA 九州・沖縄地区の方々も参加して、大阪・北浜界隈のレトロな建物を回る、まち歩きを行いました。大阪歴史博物館からスタートし、現在でも銀行や飲食店、店舗などに活用されている建物を巡りました。どの建物も外観はほぼ当時の姿のままで、内部は大きく手を入れずに雰囲気を残しながら活用されていました。また、オーナーから直接話を伺い、建物へのこだわりや愛着を感じることができました。最後に訪れた芝川ビルの地下の洒落た空間の中で懇親会を行い、1日を通じて、建物を見て味わうよい機会となりました。 (櫻井聡之)