イベント報告

« 2018年9月 | メイン | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月28日 (日)

東京/〈民家の学校〉 民家を組む

10月28日㈰
東京都八王子市
参加:25名

Photo_4伝統構法での建築を手掛けている小野田棟梁より、「在来工法」と異なる「伝統構法」の意義や高度な建築技術、大工道具の種類の多さ、差し金の使い方などについて話していただきました。
 ワークショップでは鋸・のみを駆使して、かま継手製作を行い、棟梁の作成した追掛け大栓継手、プレカット加工のかま継手で強度試験を行いました。結果は追掛け大栓継手が1番、我々の素人加工とコンピューター加工の勝負はほぼ互角の結果。人の目で造る「伝統構法」を学び、守ることの大切さを知った貴重な一日でした。(村田壽夫)

2018年10月21日 (日)

福岡/ 〈九州民家大学〉 民家の地域的特性

10月20日㈯、21日㈰
福岡県久留米市
参加:33名

Photo_6民家の基本は土間、板の間、座敷から構成されており、土間は竪穴住居、板の間は寝殿造り、座敷は書院造りから確立した流れがあるとのことでした。西と東で大きく民家に違いがあるのは、寒い地域は冬に備えるために窓は小さく、積雪に備え縁側の外に雨戸を設け、室内空間を広く確保する必要がある。暑い地域は夏に開放的な空間が必要となる。
 自然に逆らうことなく、地域特性を考えた建物をつくることの大事さを再認識しました。日本が海外から評価されている点は地域特性と歴史なのではないかと考えさせられた講義でした。(秋月岳彦)

2018年10月 8日 (月)

埼玉 /〈民家の学校〉 民家と生きる

10月8日(月・祝)
埼玉県秩父市
参加:29名

Photo_8「栃本に住み暮らす、その先に」をテーマに、秩父の栃本という、かつて重要な交通路であった秩父往還にあり、急な斜面を活用しながら時代を生きてきた町へ、総勢29名で訪れました。
 地元の方、移住をされた方、活動されている方と、さまざまな形で栃本に関わる方々のお話を伺い、旧国道、栃本関所跡など町を散策しました。
 受講生の感想は、人・地域・産業・建物など、各々の視点で示唆に富む内容でした。担当にとっても大変学びの多い講座となりました。(斉藤晴久)