イベント報告

« 2018年8月 | メイン | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月23日 (日)

福岡 /〈九州民家大学〉 寝殿造、書院造、数寄屋造 そして民家の成り立ち

9月22日㈯、23日㈰
福岡県久留米市
参加:37名

Photo_5アジアから日本に移した第3回の講座。縄文から数寄屋まで一気に駆ける展開。縄文の上に弥生が重なる様を各地の遺跡や様式を読み解く中で、多くの民族が渡ってきたことが明らかにされます。  昔から人は身近な樹木で食糧・燃料・ 建築用材を確保してきたのだけれども、農耕・製鉄・製陶により環境破壊を生み、道具や樹木利用法を変えながら対処していった経緯を知りました。  無言のうちにあなたたちはこれからどうする?と問われ、熟成された内容と先生の熱意に神がかったものを感じました。(石井哲郎)

2018年9月22日 (土)

長野/ 重伝建・戸隠 茅葺き屋根を体験しよう

9月22日㈯ 信州民家の会
長野県長野市
参加:31名

Photo_6上越新幹線長野駅から車で約1時間、長野市戸隠地方にある宿坊武田旅館で、職人さんたちに屋根の仕組みや茅の種類、縄の結び方などを教えてもらいながら、和気あいあいと楽しく茅葺き体験をしました。
 約50年振りの葺き替えということでしたが、深部は状態が良く、使える素材は極力再利用するとのこと。再利用されない部分も、田畑に蒔いて肥やしにするとのことで、廃棄するところがなく、人の生活のなかで循環し続ける在り方に感銘を受けました。(山崎友紀子)

2018年9月16日 (日)

福岡/ 〈九州民家塾〉 みんなでやってみよう! 土間の三和土ワークショップ

9月16日㈰
福岡県宗像市
参加:46名

Photo_7三和土をつくってみたいと思うのは、身近な素材でつくれるからなのかもしれません。今回は一般の参加者も多く、遠くは愛媛、長崎県五島、鹿児島からも参加がありました。まずは三和土の材料の配合について説明があり、入れている量を把握しようと攪拌作業に一同注目。
 叩く作業は3回に分けて締め固める根気のいる工程ですが、みなさん積極的に参加し、時には黙々と、時には笑いのある作業でした。今後、三和土づくりを予定している方も多く、職人さんへの質問もたくさん行われていました。(月成かや)

2018年9月 9日 (日)

千葉 /〈民家の学校〉 民家に関わる

9月9日㈰
千葉県鴨川市
参加:30名

Photo_2 第5回講座は、鴨川市釜沼の里山にある、「民家の学校」OB ご夫妻が移住に向けて準備進行中の、約1,200坪の古民家付きの敷地を訪れました。  午前は敷地入手までの経緯や、自然との共生・環境の再生を目指す里山整備等の活動についてお話を伺いました。午後は起伏に富み表情豊かな敷地にて、里山整備の現場見学と、明渠作りや敷地内で間伐した丸太の皮剥ぎを体験。  ご夫妻の人柄や里山の魅力に触れ、また実際に手を動かすことで、里山での暮らしを心身ともに感じる機会となりました。(佐藤礼子)