イベント報告

« 2018年7月 | メイン | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月19日 (日)

福岡 /〈九州民家大学〉 中国南部の民家

8月18日(土)、19日(日)
福岡県久留米市
参加:38名

Photo_6前回の「朝鮮半島と中国北部の民家」という寒さ対策の住まいに対し、今回は日本の気候に近い中国南部の住まいの話でした。
 古代に北方の漢民族の南下により、稲作が生業の南方越の人びとが追いやられ、飛散し新しい土地に移住。その土地に適応する力を持っていた人びとは、そこでとれる材木の特性を生かした構造で家を作り、棚田で米を作り、水を生活に取り込み土地の持つ力を活かしました。長く続く文化は土地に寄り添った住まい方なのだと思いました。(森元智子)

2018年8月18日 (土)

東京 /骨董糸巻きのランプづくり

8月18日(土) 広報委員会
東京都世田谷区
参加:4名

Photo_13

「徳の蔵」で糸巻きを使った明かりスタンド制作が行われました。
 子どもたちは、移築された蔵の中で夏休みの工作に夢中でした。糸巻きにLEDランプと和紙をコーティングしたセードをセットした明かりスタンドに、用意された和紙や折り紙から好みの材料を選び、思い思いに貼って、フレッシュな明るい感性に満ちた作品に仕上げていきました。以前この蔵で実施した大人の作品とはまるで違うチルドレンワールドに出会えて、目から鱗の気分を味わいました。ぜひまた、子どもたちと古民家を繋ぐ企画に挑戦します。(小林澄子)