イベント報告

« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月26日 (日)

新潟/小千谷・越路を巡る

2017年11月26日㈰ 新潟民家の会
新潟県小千谷市
参加:10名

Photo_4

 以前から関心のあった小千谷でイベントがあることを知り、東京からかけつけました。小千谷談判で知られる慈眼寺じでは会見の間を見学。法事の最中でしたが、ご住職が説明してくださいました。昼食は江戸時代から続く割烹料理の老舗「東忠」にて美味を堪能。歓談の後、国登録有形文化財・朝日山松籟閣、もみじ園巴ヶ丘山荘、さらに県内最古の民家である豪農の館「長谷川邸」(国重要文化財)、三波春夫顕彰記念館、岩崎製菓を巡り、念願の小千谷を堪能しました。新潟民家の会・大熊さんに大変お世話になり、越後の方々の人情にも感謝です。縁ができ、再訪が楽しみです。 (北谷隆泰)

2017年11月18日 (土)

和歌山/ 木の神様と民家を訪ねて

11月18日(土)近畿地区運営委員会
和歌山県和歌山市、紀ノ川市、桃山町
参加:16名

Img_9715

木材関連に携わる者であれば一度は訪れたい聖地「伊太祁曽神社」(五十猛命が木種を持って日本国中、植林普及に尽力した(日本書記)として木の神様として祀られている)を皮切りに、「旧中筋家住宅」(江戸時代の大庄屋で、主に栂、それと松・桧・杉などの良質な材をふんだんに使用)、「紀伊風土記の丘」(築250年の古民家2棟は国指定重要文化財)を訪ねました。その他にも「自然薯茶屋からびな」(明治期建立、米蔵改装)、「貴志駅」を見学しました。
古代と江戸時代の雰囲気を味わい、民家見学も堪能した1日でした。(土井 勇)

2017年11月12日 (日)

静岡/〈民家の学校〉 民家と森

11月11日(土)〜12日(日)
静岡県浜松市天竜区
参加:33名

3img_7304 前日から降っていた雨も朝暘がのぼり始トめると次第にやみ、2日間の講座がスターしました。
1日目は、春野町の山林にて、春野森林組合の指導で伐採を体験。森の育成・林業の仕事についてレクチャーを受け、実際に木を伐倒しました。
2日目は、東京から天竜に移住をする予定の民家の学校スタッフの経緯・経過を聞き、午後は水窪の製材所を見学し製材技術や月齢伐採の話をうかがいました。
天竜美林で過ごしたこの講座を通じ、改めて森の重要性、国産材の良さを学ぶことができました。(三須克文)

2017年11月 5日 (日)

福岡/〈九州民家塾〉 現地再生民家見学in 和白

11月5日(日) 九州・沖縄地区運営委員会
福岡県福岡市東区
参加:47名

Img_3019_2

最初に設計施工を担当した建築工房悠山想宮本繁雄さん(JMRA登録事業者)が日本の民家に関する解説や工事の概要を説明、その後内部を見学しました。現地再生した2棟のうち、長屋門は若世帯の住まい(次世代空気集熱式パッシブソーラーシステム「そよ風」と薪ストーブを採用)、主屋は親世帯の住まい(古材の大梁や古建具を活かした住空間の再生と床暖房設備を採用)と、それぞれの特色を見比べることができました。
当日は入会申し込みもあり、学生などの参加も増えて今後の活動もより活性化していきそうです。(坂口奈津紀)