イベント報告

« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

東京/結の家(岳陽洞) 古民家でサマー・ミニコンサート

7月30日(日) むさし民家の会
東京都府中市
参加:4名

Photo_9

古民家「結の家」で、むさし民家の会によるミ二・コンサートが開催され、明治・大正時代に民衆に広まった「演歌」のルーツの解説とギター演奏がありました(長尾敏博氏)。それとケーナの童謡・歌謡曲も演奏されました(久保田真理子氏)。ここでいう「演歌」とは、明治時代の民権運動が起源で、街頭で演説に節をつけ歌われ、その後、庶民側に立って風刺・史実の伝承として歌われたようです。また「新編武蔵国歴史風土記」が参加者に配布され意義あるイべントでした。(浮貝高敏)

福岡/〈九州民家塾〉 再生蔵見学会 in 志免 ~江戸時代の技術と最新技術の融合~

7月30日(日) 九州・沖縄地区運営委員会
福岡県糟屋郡
参加:36名

Photo_8

豪雪地帯福井県美山町から土蔵を移築し、遠赤外線を使って温度をコントロールする「光冷暖システムの技術」を取り入れた民家再生のモデルルームを見学しました。もともとの建物は江戸時代末 期から180年経ており、豪雪の重み耐えるようにケヤキの大梁と柱や他の部材は湿気に強いクリの木が使われているそうです。室内に入ると光冷暖漆喰と石川産の漆で、クリの古材が妙にマッチした落ち着ける空間でした。
先人の知恵と地球環境にやさしい最新技術を生かした民家再生について学ぶことができました。 (三浦伸雄)

2017年7月17日 (月)

長野/〈民家の学校〉民家に住まう

7月15日(土)〜17日(月・祝)
長野県飯田市大平宿
参加:35名

Photo_3

疑似家族誕生@大平宿~そして、その先へ

いろりの里 大平宿での合宿は、新しい家族誕生の場でもありました。受講生から一家となった8名全員が役割意識をもち、発言し、行動し、家族の結束を高めた合宿。そこでは、各人各様の役割がつながりを強め、家族のカタチが生まれました。電気・ガスのない原始の生活の中で、苦労して起こした火は、家が息づき、命を復活する最初の行事でもあります。
火の力、家の役割、人の輪……何か今まで忘れていた大事なものを思い出す旅でもありました。(森本陽子)

2017年7月 2日 (日)

東京 /〈民家の学校オープンスクール〉 火おこし講座

7月2日(日)
東京都東久留米市
参加:22名

Photo_4

炎天下の暑さを和らげる豊かな緑の下で実施された本講座は、参加者一同が汗だくになりながら火おこしに挑戦し続けました。講師の岩城先生の火おこし愛が伝わる講話と実演を経て、もう「火をおこすしかない」という気持ちで臨みましたが、火おこしの世界は甘くありません。同日実施された検定試験で、私は4級不合格という結果でした。
それはさておき、古代発火法という太古から続いてきた生活の一部に触れることで、まさに人間とし ての営みを感じることができ、汗もどこか爽やかで、大変実り多い講座でした。(清水正之介)