イベント報告

« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月16日 (日)

滋賀/五個荘金堂地区と 近江商人屋敷見学

10月16日(日)近畿地区運営委員会
滋賀県東近江市
参加:12名

Photo_7 晴天にも恵まれ、水路や舟板塀、土蔵、白壁、カワト(川面に通じる階段)のある五個荘金堂の町並みを興味深く見学する ことができました。五個荘商人の本宅では、内部の空間と共に座敷から見える庭がとても映えていました。細部の設えからも近江商人の思想と生活を垣間見ることができました。また、近江商人の旧家を再生したMさん宅をご厚意で見学させていただきました。積極的に説明してくださるMさんのお言葉と姿勢に、住まいと生活に対する愛着と楽しさを感じました。民家再生や民家での生活を楽しみながら行うおおらかな姿勢は、とても大切だと思います。 ( 山本光良)

2016年10月10日 (月)

佐賀/ 酒井田柿右衛門邸 見学会

10月10日(月・祝) 九州沖縄地区運営委員会
佐賀県西松浦郡有田町
参加:64名

Photo_6 有田焼の窯元、酒井田柿右衛門邸の主屋(築250年)の修復工事が完成し、見学会が行われた。修復を担当した夢木香の松尾進さん(JMRA会員)による説明があった。湿気を防ぐため一部布基礎としたが、大部分は元の石場立て。柱の根継ぎは伝統工法を用い、金物は一切使用していない。建物の半分は元の姿 に修復、倉庫として使われていた半分は住空間として再生。「建具は特殊なサイズが必要だったが、たまたま別のお宅で不要になった建具がぴたりと収まり、これも縁というものかと感じた」という松尾さんの話が印象的だった。( 虎渓久良)

東京/〈民家の学校〉 民家に関わる

10月10日(月・祝)
東京都西多摩郡檜原村
参加:35名

Photo_3 東京の秘境ともいうべき檜ひの原はら村湯ゆ久く保ぼ集落で、民家再生の現場に関わる体験講座が開催されました。この集落の「カシャクボの家」では、ワークショップ形式で、主に地元の材料を使いつつ、 いろいろな人が関わり民家の再生を行っています。今回は、土壁の材料となる土を素足で捏ね、バイオトイレの荒壁塗りを行いました。また、イノシシに掘られた床下地盤の土埋めでは周辺の土を運び、即席のたこで土固めを行い、さらに、地元の方に昔ながらの縄結いの指導を受けるなど、民家にいろいろな人が関わり、一歩一歩再生していくという貴重な体験になりました。 (窪田敏行)