イベント報告

« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月16日 (木)

千葉 /連続講座 民家再生現場見学会

6月16日(木)民家再生技術部会
千葉県千葉市
参加:20名

Photo_6 千葉県で行われた、技術部会主催の連続講座に参加しました。西本成志さん(JMRA会員)設計、保川建設(JMRA 登録事業者)施工の民家再生物件は、敷地に立派な長屋門を持ち、その広さを活かして曵家を行い、基礎を再生していました。前半は西本さん作成の丁寧な資料と映像で、概要や再生方法を説明いただき、後半は構造体の見学をしました。
 実践編ということで、参加者の質問も専門的なことが多く、学ぶことの多い講座でした。今年度はこのような講座が3回あるそうで、都合をつけてまた参加したいと思います。 ( 滝川良子)

2016年6月12日 (日)

山梨/ 笛吹芦川 「民家活用の先輩に学ぶ」

6月11日(土)〜12日(日)民家活用部会
山梨県笛吹市
参加:17名

Photo_5 大きなケヤキに「大人何人分?」と腰周りに手を繋ぎ、集落の兜造りの古民家を見ては「空いてますね!」と心配し、水の流れる音に足を止め、石垣に咲く花々を横目に見て、のんびり楽しい散策でし た。古民家宿「LOOF」での夜は囲炉裏端でおいしい料理とお酒、時々地元のTV撮影もありましたが、宿の若女将を交えて、古民家をめぐる熱い問答が繰り広げられました。茅葺きを眺めながら眠りにつき、鳥の声に目覚め、朝ごはん前に縁側で日向ぼっこ。古民家を深く愛する参加者の皆さんと共に過ごせて、最 高の大人遠足でした。 (大石咲代子)

2016年6月 5日 (日)

佐賀/ 九州民家塾 in 唐津 ~唐津歴史遺産 民家の活用事例を探る旅~

6月5日(日) 九州・沖縄地区運営委員会
佐賀県唐津市
参加:21名

Photo_13 まず唐津焼創生の地・北波多に建つ唐津 草伝社(築120年)を訪問。ひたすら掃除をして当初の姿を蘇らせた原 和志さんにお話をしていただき、その感性と愛情に触れることができました。登録有形文化財である町家カフェぜん(築90年)では昼食を兼ねて見学。午後は町歩きの後、東ノ木屋(築158年)を 内見し、向かいの「ギャラリー魚や町」(築135年)の外観を見学しました。
 解散後は希望者のみが、案内役を務めた菊池(私・JMRA会員)の自宅(設計:降幡建築設計事務所)へ。竣工後27年経過した再生民家を見学していただきました。 (菊池郁夫)

東京/ 〈民家の学校〉 民家と木

6月5日(日)
東京都八王子市
参加:30名

Photo伝統構法を用いて建物をつくられている小野田棟梁の作業場で、伝統構法とは何か、大工の仕事や道具とはどういうものかをお話しいただき、その後継手作成のワークショップを行いました。各自夢中になって手を動かし、実際に木とふれあい、建物をつくることがどういうことか少しでも実感が持てたのではないかと思います。最後は破壊実験で各班が競い合い、プレカット材との違いや棟梁による追掛大栓の継手の強さも実感できました。現代に伝統構法を守る意義とはどういうことか、社会的・経済的な背景も踏まえて考えるきっかけになったかと思います。 ( 濱田絢子)

2016年6月 4日 (土)

静岡/ 重要文化財の茅葺き民家 「友田家住宅」を訪ね、 かまどで昼食をつくり楽しむ

6月4日(土) 民家まちづくり部会
静岡県周智郡森町
参加:16名

Photo_12 遠州森町の友田家住宅で昼食を楽しんだ。古いかまどに火を入れ、釜で炊いたご飯と野菜たっぷりの汁物、漬物や静岡の名産品を堪能した。加えて町の特産で、行列ができる幻のとうもろこし「甘々娘」を、森町教育委員会の北島さんの尽力で食することが叶った。ここが県下でも1、2を競うほど古い、重要文化財の民家であることを忘れてしまうほど、普通にくつろぎ、肩の凝らない時間を満喫できた。聞けば宿泊も可能だという。民家の活用が叫ばれて久しいが、なにげない生活の匂いを絶やさないことが大切だと強く感じた。 (柏木裕之)