イベント報告

« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月23日 (土)

千葉 /再生蔵見学会

4月23日(土) 民家再生推進委員会
千葉県千葉市
参加:15名

Photo_9 見学した建物は、明治30年に長野県飯田市に建てられた建て主の実家の蔵を移築したものでした。最初に建物の 隅々まで見学。次に設計の杉浦干城さん(JMRA会員)と施工の保川建設(JMRA会員)から建てられた経緯や建築に関する説明がありました。建て主の希望は、できるだけ建築当初の材料を使い、姿を変えないこと。ほぞ穴が残った柱、梁、漆喰の鏝絵、開き戸などに加え、新材を古色塗りしない仕上げは新鮮でした。民家移築というと手斧仕上げや古色のイメージが強いのですが、今回の見学 会で古色でない再生も味があるなー!と思って過ごしたひと時でした。( 深澤 渡)

栃木 /田舎暮らし見学会 「栃木県足利市」

4月23日(土)民家再生推進委員会
栃木県足利市
参加:10名

Photo_8 午前中は日本遺産足利学校、国宝鑁阿寺とその周辺の街並みを見学しました。足利は中心市街地に歴史的建造物があ るうえ、その周辺道路は石畳で整備され、蔵や古くからの建物や素敵なお店が多く、とても趣がありました。そしてまちのすぐそばに自然豊かな山があります。午後は、アトリエに使っていたという茅葺きの建物や150年前の古材を使った再生民家など、山あいの住宅4軒を見学しました。地元の人の話では、足利は東京から程よい距離で、水がおいしく、物価が安いのが魅力とのこと。今後も足利の企画を楽しみにしております。(若林 聡)

2016年4月 3日 (日)

東京/ 〈民家の学校〉 民家の原点~入学式~

4月3日(日)
東京都豊島区 自由学園明日館
参加:30名

Photo 桜満開の自由学園明日館でスタートした「民家の学校」17期。初の式典形式の入学式での緊張も、自己紹介と共に笑顔が溢れます。
 座学では、それぞれが思う民家とは?を共有しました。民家の学校オープンスクール講師でもある安田徹也さんの講演では、民家が成立するための前提条件から、民家とは一定の定義はなく、答えは決まっていないことを学びました。
 民家の学校の経験を通じ、修了時には、それぞれの民家とは?が、どう変化しているか楽しみです。 (太刀川浩美)

2016年4月 2日 (土)

東京 /発酵食を学んで味わう @古民家

4月2日(土) 国際交流部会
東京都北区
参加:29名

Photo_7 はじめに「菌美女会」代表の酒井さんから、会を作るに至ったお話と、発酵、酵素、そして菌活のことまで楽しく聞きました。もう一人の講師山田さんからは、各地の「味噌」を野菜につけて味見、手作りのいぶりがっこ、べったら漬け、おいしい味噌汁を味わわせていただきました。参加者でこしらえた「味噌玉」は、冷凍保存も利くインスタント味噌汁になり、可愛いおもてなしとしても、またお湯があればアウトドアでも使えるのが嬉しくなりました。会場となった古民家「心療庵」の桜咲くお庭を見ながら、秋には紅葉のなかで発酵・酵素を学ぶのもよいかな、と思いました。 (油谷美穂子)