イベント報告

« 2015年5月 | メイン | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

熊本/〈九州民家塾〉 ビフォーアフター大賞受賞記念 匠がご案内する「お客様が一番の家」

6月28日㈰
熊本県宇城市、熊本市南区
参加:23名

Dsc00814

 最初に、テレビ番組の企画で、旅館を営んでいた建物をリフォームした事例を見学。建て主の生活スタイルと設計者(匠)の考え方が一致し、たいへん満足されている様子が、建て主さんのお話から伝わってきました。世界遺産に登録された「三角西港」を見学した後、細川藩がつくった米蔵の一つ、築325年の「川尻の御蔵」の修復現場へ。修復の指揮をとっている文化財建造物保存協会の方から明を受け、現場を見学。文化財の修復工事ということで、建物の履歴を探りながら、当時の状態を想定して修復していくそうです。 (月成かや)

2015年6月14日 (日)

東京/ 〈民家の学校〉 民家と木組み ~伝統工法ワークショップ~

6月14日㈰
東京都八王子市
参加:42名

033_dsc056171

 

民家の学校第3回講座では、伝統工法を手掛けている八王子の健けん組ぐみ小野田棟梁に指導をしていただき、日本の伝統的大工技術における継手の刻み体験を行った。受講生が3チームに分かれ、「腰掛鎌継」を作成。最後に、チームごとに刻んだ材料+小野田棟梁製作+プレカットの継手を、継いだ状態にして人が乗って強度を比較。結果は、小野田棟梁の「追っ掛け大栓継ぎ」が勝利。実際の強さを知ることで、その形の意味がより理解できたのではないだろうか。手間を惜しまない仕事こそが材料や技術が本来もっている長所を生かす、ということを実感した講座となった。(土屋正子)