イベント報告

« 神奈川/ 民家活用の先輩に学ぶ アートと民家 回廊「瞬」見学 と「田園風景の散策」 | メイン | 東京/ 〈民家の学校〉 民家と木組み ~伝統工法ワークショップ~ »

2015年5月30日 (土)

福島/新緑の南会津―再生民家・田舎暮らし・まちづくりの現場を訪ねる

2015年5月30日 (土)~31日(日)民家まちづくり部会
福島県南会津郡只見町、南会津町
参加 30名

Dsc_0294_2

南会津を訪ねるイベントは4度目である。今回は初日に只見町を訪れた。 会津田島駅(会津鉄道)に昼前に集合し、車で1時間余り、只見町に向かう。車窓から会津特有の曲がり屋(中門造り)があちこちに見られて感激する。新緑の山あいに入ったところで、民家としては会津地方で最大規模という叶津番所に到着。名主の住宅で、かつては番所が置かれていた。1643年築と言われる茅葺きの曲がり屋である。その巨大さに圧倒される。昼食をいただきながら、田舎暮らし5年、町会議員を務める石橋明佳さんから村の暮らしなどについてお話をうかがい、意見交換を行った。

Dsc_0299_2

続いて訪ねたのは、廃村の民家を譲り受け、セルフビルドで改修して住んでいる、田舎暮らし15年の今井博さんのお宅。日本一の豪雪地での暮らしの厳しさ、四季の自然の美しさなどの話に感動する。軒下には大量の薪が積み上げられていた。

Dsc_0305_2

夕刻、南会津町に戻り、茨城と南会津の2地域居住をしている原啓さんの再生民家で、囲炉裏を囲んでの交流会。地元の方々、町会議員、役場職員も加わって、地域の食材を使った手作りの料理と地酒をいただきながら、まちづくりや民家活用などの情報交換。民家は人々が集い、語り合う場所にふさわしい。  温泉宿に泊まり、翌朝は朽ちかけた民家をセルフビルドで再生したライダー仲間の隠れ家を見学。空き民家の活用法の見本とも言うべき仕上がりであった。


Dsc_0329 イベントの最後に訪ねたのは、地域交流施設「ホシッパの家」。太い柱を連ねて壁を作る「縦ログ構法」を採用した挑戦的な建物である。地元材を使って地域活性化を図ろうという試みで、興味深い。地域経済が自立しないと、人口増も民家を残すことも難しい。  地元の方々に協力いただき、再生民家・田舎暮らし・まちづくりについて多くを学ぶことができた2日間であった。(会員:清沢和弘)