イベント報告

« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

福島/新緑の南会津―再生民家・田舎暮らし・まちづくりの現場を訪ねる

2015年5月30日 (土)~31日(日)民家まちづくり部会
福島県南会津郡只見町、南会津町
参加 30名

Dsc_0294_2

南会津を訪ねるイベントは4度目である。今回は初日に只見町を訪れた。 会津田島駅(会津鉄道)に昼前に集合し、車で1時間余り、只見町に向かう。車窓から会津特有の曲がり屋(中門造り)があちこちに見られて感激する。新緑の山あいに入ったところで、民家としては会津地方で最大規模という叶津番所に到着。名主の住宅で、かつては番所が置かれていた。1643年築と言われる茅葺きの曲がり屋である。その巨大さに圧倒される。昼食をいただきながら、田舎暮らし5年、町会議員を務める石橋明佳さんから村の暮らしなどについてお話をうかがい、意見交換を行った。

Dsc_0299_2

続いて訪ねたのは、廃村の民家を譲り受け、セルフビルドで改修して住んでいる、田舎暮らし15年の今井博さんのお宅。日本一の豪雪地での暮らしの厳しさ、四季の自然の美しさなどの話に感動する。軒下には大量の薪が積み上げられていた。

Dsc_0305_2

夕刻、南会津町に戻り、茨城と南会津の2地域居住をしている原啓さんの再生民家で、囲炉裏を囲んでの交流会。地元の方々、町会議員、役場職員も加わって、地域の食材を使った手作りの料理と地酒をいただきながら、まちづくりや民家活用などの情報交換。民家は人々が集い、語り合う場所にふさわしい。  温泉宿に泊まり、翌朝は朽ちかけた民家をセルフビルドで再生したライダー仲間の隠れ家を見学。空き民家の活用法の見本とも言うべき仕上がりであった。


Dsc_0329 イベントの最後に訪ねたのは、地域交流施設「ホシッパの家」。太い柱を連ねて壁を作る「縦ログ構法」を採用した挑戦的な建物である。地元材を使って地域活性化を図ろうという試みで、興味深い。地域経済が自立しないと、人口増も民家を残すことも難しい。  地元の方々に協力いただき、再生民家・田舎暮らし・まちづくりについて多くを学ぶことができた2日間であった。(会員:清沢和弘)

2015年5月24日 (日)

神奈川/ 民家活用の先輩に学ぶ アートと民家 回廊「瞬」見学 と「田園風景の散策」

5月24日㈰ 民家活用部会
神奈川県小田原市
参加:19名 

Photo_5

 築80年の回廊「瞬(とき)」では、古い布や紙を再利用した「裂織(さきおり)」「一閑張(いっかんばり)」の作品を、また他の民家では、地元に息づく彫刻、版画、写真等のアートに浸り、民家と共生しながら古きものを再生・活用する人びとの心遣いに触れました。
 また、雪解けの富士山を背景に水田と新興住宅の対比がある下曾我地区を巡りながら、宮大工集団により新築された客殿、茅葺き屋根を葺き替え継承する民家、内部の古材が引き立つ民家、立派な敷地が人びとの集まる空間になっている民家などを見学。伝統的な建造物がもたらす空間の素晴らしさを満喫することができ、心地よい半日でした。(小澤貴衣)

2015年5月20日 (水)

神奈川/ 第7 回 日本民家の美術展

5月20日㈬〜24日㈰ 文化企画部会
神奈川県横浜市港北区


 1

 日本民家の美術展が横浜市指定有形文化財の大倉山記念館で開催されました。絵画、写真、映像、古民具、建具、造形物や家具、ドールハウス、竹細工、鬼瓦、模型など、民家への思いと表現することの喜びが伝わってくる作品たち。

2_2

 23日に小松七郎氏による左官・鏝絵の実演、24日に富岡唯史氏による鬼瓦制作の実演も開催され、民家を構成する「美」の制作現場も見せていただきました。
 次回の美術展が今から楽しみです。
(菅原陽子)

2015年5月17日 (日)

福島/ 〈福島民家の会〉 本宮市の建築探訪

5月17日㈰
福島県本宮市
参加:8名 

Photo_4

 福島民家の会ではメンバーの交流や懇親も兼ねて総会の前に見学会をしました。奥会津の廃校となった喰丸小学校を舞台にした映画「ハーメルン」にも登場する木造3階建ての本宮座(本宮映画劇場)は、歌舞伎座風の映画館。昭和38年に閉館し、東日本大震災の揺れを乗り越えてきました。建物とカーボン映写機を守り続けた館主の田村さんの話を聞き、当時の映画を見ました。地域映画制作が熱心な本宮市には、この映画館との地域のコミュニティや思いも感じられました。
 今後も福島民家の会の活動の輪を広げていきたいと思います。(鈴木奈津子)

福岡/ 〈九州民家塾〉 世界遺産候補 大牟田市の産業遺産を巡る

5月17日㈰
福岡県大牟田市、熊本県荒尾市
参加:24名

Photo_3

 世界文化遺産への登録勧告が発表されたばかりのホットなエリアでの開催。
 ボランティアガイドさんに、近代化を
支えた三池炭鉱関連の施設7か所(旧三井港倶楽部、旧長崎税関三池税関支署、万田坑、宮原坑など)を1日かけ案内してもらい、当時の坑内や生活のようすも交えたお話まで聞け、興味深い時間
となりました。いずれの建造物も老朽化が進んでおり、今後どのように保存していくのか、気になるところです。各施設は、私たちの他にも多くの見学者で賑わっていて、地域のボランティアガイドさんが活躍されていました。(月成かや)

2015年5月 9日 (土)

山梨/ 〈民家の学校〉 民家を生かす

5月9日㈯〜10日㈰
山梨県甲州市
参加:34名 

2

 民家の学校第2回目講座では「民家を生かす」といった視点に立ち、現代の生活を送る上で不便がないように再生された民家を巡り、そこに住まう人や民家再生に携わる方々の話をうかがいました。
 また、家を建てる上で欠かすことのできない、「木材」を生み出す古来からの技術に触れる体験もしました。実際に再生された家を訪ね、話をうかがうことで、それぞれ自分の中の「民家」の理想と現実がおぼろげながら見えてきたのではないでしょうか。また、山の中で聴く石斧の音に、時間も空間も曖昧になり、地球、はたまた宇宙と一体になった瞬間を感じる、貴重な体験でした。 ( 飯澤仁美)