イベント報告

« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月21日 (火)

東京/ ヘタでいい ヘタがいい 「絵手紙を楽しむ集い」

4月21日㈫ 文化企画部会
東京都世田谷区
参加:9名 

4_014

 池尻大橋駅を出て季節の花に彩られた遊歩道を進み、イの字に突き当たった三宿通りの左前方に、白壁の蔵があります。玄関前の井戸を見て、2尺(60cm)間隔に並んだ飴色の柱に四周を囲まれた蔵造りの空間に入りました。
 部屋中央の長卓を囲み、絵手紙の線の引き方から始め、生花、野菜、玩具、古民具等好きな画材を選んで何枚も描きました。真剣ななかに和気藹々と充実した時を過ごし皆満足した様子でした。
 蔵や置かれた民具等について、快く説明された小林御夫妻に、深く感謝します。 (鈴木英二)

2015年4月11日 (土)

東京/ 民家活用の先輩に学ぶ 茅葺民家と庭園を 会員制庭園として活用!!

4月11日㈯ 民家活用部会
東京都東久留米市 村野家住宅
参加:34名 

Photo_2

 小平駅から小平霊園、黒目川遊歩道を経て村野家に到着。「四君子亭」で村野家の御令嬢から「顧想園」の紹介後、サポートクラブの方より「会員制庭園」の活用状況、柳窪地区の景観保全維持について説明いただきました。その後、鳥のさえずりを聞きながら、手入れの行き届いたお庭、門、建物(茅葺民家他)を見学できました。江戸末期から明治にタイムスリップしたような素晴らしい体験でした。お茶タイムで柳窪特産の小麦を用いたお饅頭と園内の茶畑で採れた緑茶は、どちらも感動的なおいしさでした。今年の秋の「民家フォーラム」は、この顧想園を含む柳窪地区で開催するとのことで、とても楽しみです。 ( 泉田秀美)

2015年4月 5日 (日)

東京/<民家の学校>民家の原点~入学式~

4月5日㈰
東京都豊島区 自由学園明日館
参加:32名

Photo

 民家は、その地域の気候風土に根ざし、その地域で手に入る材料から作られ続けてきました。地域性との関わりを抜きにして民家は理解できません。
 今年度も受講生は8回の講座を通して多くの民家と出会うことになります。その初めの一歩として、地域性と関連付けながら各地の代表的な民家をクイズ形式で概覧しました。また、民家の材料としての木と土を知る講義と実際に木に触れてみる講座が行われました。さらに「自分にとっての民家とは何か」を出し合う体験型講座も行われました。
 それぞれ異なる背景を持って参加した受講生の皆さんにとって、民家を考える好機となったように思います。( 神田雅子)