イベント報告

« 長 野/ 安曇野 あきいろさんぽ | メイン | 静 岡 /〈民家の学校〉 民家と木と山 »

2012年11月10日 (土)

兵 庫/ 〈きんき民家塾〉 大工道具の歴史

11月10日㈯
神戸市中央区・竹中大工道具館
参加:19名
 
Photo_2  竹中大工道具館には数奇屋造りの詳細模型が展示されていて、学芸員が丁寧に説明してくださいました。職人の技、それは次の仕事を引き継ぐ職人のことを考えて進めること。大工は次の塗り壁のことを考え、貫ひとつでも細かい細工をしていました。左官は、柱鴨居を美しく見せるための塗りを工夫していました。林業家は、繊細な柱を美しく強くするために、丹念に木を育てます。それぞれの職種がひとつの目標に向かって連携していることに、仕事の原点を見る思いがしました。現在の経済効果優先の社会に警鐘を鳴らしているような気がしました。(小原公輝)