イベント報告

« 大阪/〈きんき民家塾〉 左官技術の講義と漆喰塗り体験 | メイン | 静岡/柿渋ワークショップ »

2011年10月17日 (月)

三重/〈東海民家塾〉地震とは?

6月5日(日)
三重県松坂市
参加:14名

Photo_13
  東海民家塾(松阪市市場庄・格子戸の会と共催)の今年度第1回が米ノ庄公民館で三重大の建築系学生を含め開かれた。今回は、3月11日に起きた「東日本大震災」を受けて、「地震とは?」がテーマとなった。
 日本で起きる地震のメカニズム、地震に対する強さは免震、耐震、制震等の考え方があり、木造もコンクリートの建物も“法的には同じ耐震性”であること。また、古民家の伝統工法の建物は、“柔らかい”耐震性を持つ特徴があることなどが話された。さらに、福島原発事故に関して、「脱原発」の必要性と可能性も話題になった。講師はJMRA会員の細野良三さん。