イベント報告

« 2011年3月 | メイン | 2011年6月 »

2011年4月

2011年4月18日 (月)

東京/世田谷の民家再生見学会

2011年2月25日㈮
東京都世田谷区
参加:39名

_2_edited  ウィークデーの昼間の開催でありながら多数の方が参加されました。建物の中に一歩入ると都心の建物とは思えないほどダイナミックな梁、柱と美しい漆喰壁に圧倒されました。
 建て主さんが自ら考えた間取りは、幾世代にわたって住まい続けることを想定し、あえてご自分の好みを抑えたシンプルな整型四間取りです。青森の古民家を解体し、その木材を間取り合わせて加工し再び組み上げるという、民家再生としてはユニークな施工法をとっています。
 青森の大工さんの貴重で楽しいお話と建て主さんの民家再生に対する思いを聞かせていただきました。  (文化企画部会)

石川/(日本建築研鑽会)加賀百万石・金沢数奇屋の雅にふれる

Photo_9

2011年2月19日㈯〜20日㈰
石川県金沢市中心部
参加:1日目15名、2日目17名

1日目は、平成13年に移築修復された茶室「松しょう声せい庵あん」と伝統的建造物群保存地域に指定されている茶屋街東山ひがしと主か ずえ計 町を見学し、加賀数寄屋と金沢の文化にふれました。
 2日目は、金沢市の町家再生活用モデル事業で再生されたギャラリー長町集あ ぢさい真藍工房と重要文化財の「成せい巽そん閣かく」を訪れ、金沢市の町家再生に対する取り組みや、加賀前田家の雅を感じることができました。
 両日とも、北陸の冬とは思えない晴天に恵まれ、各見学場所の移動の折にも、武家屋敷や町
家を観ることができて有意義な時間を過ごしました。

長野/冬の信州の暮らし「信州スタイル」

Photo_10 2011年2月5日㈯〜6日㈰
長野県上水内郡小川村
参加:22名

 築200年以上の吉田邸に、隣町から地元新聞を見た参加者を含め、県内外より22名が集合しました。今回は、村内外の民家6軒を訪問し、冬の暮らしを見聞きしました。出迎える側も楽しみにしていたので、どの訪問先でも楽しい交流となりました。宿泊先では、薪ストーブ談義・有機農法・セルフビルドのスライド、早朝の北アルプス連山を楽しみ、2日目最後には、立木伐採の実演と盛り沢山の体験となりました。今後のイベントにもご期待ください。 (信州民家の会)

Photo_11

愛知・三重/服部家住宅・長島の民家再生見学会

2011年1月30日㈰
愛知県弥富市
参加:13名

 1653年に建てられた庄屋の服部家(国・重要文化財)を見学しました。長屋門を入ると茅葺き屋根の主屋が見えます。天井が高く、大黒柱はありません。よく見ると釘なしのほぞ継ぎです。当主によると「350年間(宝永…安政…東南海)大地震に耐えてきました」。昔の石場建て、溝差しは凄い。板戸を開けて次の間へ、襖は一間半で京唐紙胡ご 粉ふん引ききら刷り、縁は槍が本座敷まで届かないように幅が広いそうです。離れには茶室があり、奥座敷は書物処。廊下側襖の上半分はケンドン式の障子。庭にある城跡の石も存在感があります。在家で350年前の建物が残っているのが不思議でした。
 次は長島にある再生現場の見学へ。1mも基礎が上がっていて柱だけになっていて、解体前の5寸の傾きも見事に直されていました。

東京/<民家の学校>終業式「民家の明日」

Photo_8 2010年12月5日㈰
自由学園明日館(東京都豊島区)
参加:のべ60名ほど

 西東京市で「和の家櫻井」を運営する山田哲矢氏、山梨県精進湖村で限界集落再生に取り組むブラッドレー・ホール氏という民家再生活動の先達からお話を聞きました。2人の話に刺激を受け、今我々に何ができるかを考え「2011年11月11日に、11期生の家を造ろう!」という素敵
な夢ができました。
 締めは、蔵書票作りワークショップ。それぞれの想いを、ホオの木に刻んでいきました。
 ライトの吹抜け空間に優しく包まれて、修了式を行い、1年間のスライドを背景に、講座に協力いただいたゲストとの再会。素敵な出会いを噛みしめながら、明日館の夜は更けていきまた…。

1_2

神奈川/登録時業者の会in鎌倉

Photo_152011年2月5日㈯〜6日㈰
鎌倉 鎌倉市商工会会議室
参加:28名
 

 初日は相談員制度の説明に続き、高知から来ていただいた土佐漆喰の研究および民家の調査を数多くされている、中脇修身氏の講演を行いました。元公爵家の邸宅を転用した「華正楼」での懇親会では、和気あいあいと活発な意見交換がされました。

  Photo_16

翌日のオプショナルツアー参加者は14人で、大沢匠氏設計の「結ゆいの蔵」を見学後「鎌倉文学館」まで町歩き。道々、さすが古都であることを実感しました。寺社等を見学し、八幡宮近くで民家の学校の卒業生が経営している蕎麦処「茶さ 織おり菴あん」で昼食し解散。充実した2日間でした。

(事業者推進委員会)

広島/茅刈りイベント、千代の春酒造見学

Photo_12 2010年12月11日㈯
広島県東広島市
参加:40名

 JMRA会員と近畿大学工学部建築学科の学生を中心に参加がありました。茅刈りでは約600㎡の広さを刈り、約300束の茅を収穫しました。来春の市内の葺き替えに利用されるそうです。
  Photo_13

午後からは、築260年以上の千代の春酒造の主屋と酒蔵の一部を見学させていただきました。主屋のたたずまいを象徴する厚さ50cm以上あはある茅葺きの屋根は、表面の老朽化がやや進行していました。酒蔵は、昨年廃業された当時の姿のまま、ひんやりとした空気が漂っていました。広大な敷地に残る酒蔵・倉庫の使い道が課題となるようです。
(中国地区運営委員会)

京都/きんき民家塾「畳技術」

2010年12月4日㈯ 京都市北区/参加:24名

Photo_14

生活様式の変化により畳敷きが少なくなり、また畳たたみ床どこも藁わら床どこから簡易なスタイロ床が主になり畳の感触が変わってきました。
 日本で一番古い畳は正倉院に現存し、藁ではなく水生植物のマコモを重ねた床に藺い 草ぐさを被せ、縁をつけたものです。貴族社会の時代では畳たたみ縁ぶちの紋様が身分により厳密に定められていました。今までは上等な絹麻などが使われていましたが、今では化繊が主になっています。
 藺草の主な産地は広島、岡山、熊本、佐賀ですが、今では日本の技術を移した中国産が多くなってきました。
 今、折りたたみができる畳など、いろいろ新しい試みがされていますが、畳文化を絶やさないようにしたいものです。