イベント報告

« 岐阜/「民家フォーラム2010 in 飛騨市」 | メイン | 岐阜/春日村の古い町並みと「高橋家」を見学するイベント »

2010年11月30日 (火)

新潟/越後高田 雁木(がんぎ)のまちなみを歩く

会場=新潟県上越市
期日=2010年11月20日・21日

今回は、まちづくり部会と新潟民家の会の共同企画です。
日本一の豪雪地帯・高田は、11月には珍しく両日とも快晴に恵まれました。初日の20日は正午にJR高田駅に13人が集合。まずは「富寿し」で腹ごしらえ。その後、地元まちづくり団体「越後高田あわゆき組」の関由有子さんと石塚正英さんの案内で雁木の連なるまちなみの見学へ。

2_edited_3 _edited_10

雁木の総延長は16キロ、日本最長とのこと。最近でも雪は2~3メートル積もるのですが、今は車道については行政が除雪してくれるので、かつてのような難儀はないそうです。雁木はアーケードのようなものですが、違う点は雁木とその地面が個人所有であること。各家が自分で設置するのですから、雁木は連なっているもののバラバラで、風情はあるが見栄えがいいわけではありません。それに、これも風物かなと思いますが、最近は雪下ろしのためにアルミ製のはしごが常設されているので異様な眺めです。

_edited_14 _edited_15

ところが、町家の内部に案内してもらうと、その立派な構造に驚かされます。吹き抜けのチャノマが豪快です。富山県に見られる「枠の内」を思わせる太い柱が四方に立ち、吹き抜けの上方まで延びています。そこには高窓が設けられ、十分な明かりが確保されています。オモテニカイとウラニカイを結ぶ渡り廊下も興味深いものでした。そんな町家の内部を6軒も見られたのは大収穫でした。
まちづくりに関わる団体がいくつかあり、町家住人を含め活発な活動を展開しているがゆえに、こんな素晴らしい見学ができたのだと思いました。
宿で夕食の後、JMRA会員の北折佳司さんが移り住んでいる民家を訪ね、囲炉裏を囲んで地元の方も加わり地域おこしの話になりました。

_edited_16 翌21日は北折邸を再訪。構造材の立派な大きな茅葺き農家です。移住1年半でまだ未整備ですが、徐々に手を付けていくのでしょう。しかし、北折さんは地域にどっぷり漬かっていて、解体寸前の民家を引き取ったり、使われなくなった納屋を移築再生中であったり、地域活動に参加したり、充実した日々をを送っているように見受けられました。これこそ、今年の民家フォーラムのテーマ「民家を生かす、地域をおこす」の活動事例だと思いました。
高田の市街地から車で30分ほどの地域ですが、景観のよい山村であるものの、過疎高齢化がすすんでいて、ここでも地域の活性化が課題です。移住者を歓迎しており、「自然と暮らそうサポートセンター」が活動しています。

周辺を散策し、北折さんの健闘を期待しつつ別れを告げ、その後、日本で初めてワイン用ブドウ品種を開発したという歴史を持つ岩の原葡萄園などを訪ねて、帰途につきました。(東京都・正会員 清沢和弘)