事務局だより

2016年11月18日 (金)

「民家フォーラム2016滋賀」が開催されました

「民家フォーラム2016滋賀」が11月12日(土)、13日(日)に開催されました。

Photo
「民家フォーラム」も今年で19回目。シンポジウム会場は琵琶湖の湖上に浮かぶ船で行われ、景色をみながらの移動は好評でした。

大津駅前
大津駅前では、民家再生に関する展示や、『民家』誌写真コンテスト、民家再生相談会が開催され、多くの地元の方にご来場いただきました。

大津市内
大津市内は少し歩いただけでも、このように沢山の古いお家が残ります。ご相談にいらっしゃった方も、「民家に住んでみたい」という人より、「今住んでいる民家の再生について相談したい」という方が多かったようです。

ケロケロ

来年の「民家フォーラム」は、ついに20周年!ということで、再び東京にて開催予定です。
Daruma

2016年6月 4日 (土)

6/4(土)カマドの飯

お久しぶりです。ダルマです。小林さんからも報告ありましたが、先週の土曜日に、「茅葺き民家を訪ね、かまどで昼食をつくり楽しむ」というイベントが開催されましたので行ってきました。
Photo_2 遠州の小京都と言われている静岡県森町の国指定重要文化材「友田家住宅」は、重文なのに、かまどで火が使えちゃうんです。 Img_4231 わたしがいる格子戸は「オオカミ除け」という頑丈なもので、この集落の建物には、かつてはみんなついていた形跡があるようですよ。
Img_4217 カマド(へっつい)は、江戸時代から使っているタイプ。 Img_4220 大正や昭和のへっつい(友田さんは「最近のへっつい」とおっしゃっていました)と違って、煙突もゴトクもないので、火をつけるにはコツがいるようです。(D)

<友田家情報>
梁間5間、桁行8間半の寄棟造、茅葺き。片喰い違い三間取り型の農家住宅。
見学時間時間:8時30分~16時30分
お問い合わせ:森町教育委員会 0538-85-1112

2015年11月16日 (月)

「民家フォーラム2015 東京」が開催されました

今年も「民家フォーラム」が11月14日(土)に東京都東久留米市の柳窪集落で開催されました。ここは東京でありながら、民家や屋敷林が残る集落です。
天神社
当日は、残念ながら雨となりましたが、100名を超える方にご参加いただきました。ありがとうございました。
受付も、スタッフも大忙し。
スタッフ
こちらは、毎度好評をいただいている、日本曳家協会さんの展示。 曳家さん
曳家の皆さんの集合写真。ハッピがきまってる。 曳家さん2
こちらは、会場内の天神社で売っていた「柳久保ラーメン」です。江戸東京野菜に認定されている柳久保小麦を使用した、ツルツルおいしいラーメンです。
ラーメン 同じく柳久保小麦を使用したパンも販売されていました。しっかりした生地が◎。焼きたてでした。
柳久保パン
こちらは、柳久保小麦のうどんです。
うどん
こうして受付をサボっている間にも、たくさんの参加者の方が…。ありがとうございます。 Img_3667
懇親会会場は、石川酒造さん(東京都福生市)で。良いところでしたー。レストランもあるようなので、気になる方は行ってみてー。
石川酒造
懇親会では、民家再生奨励賞の表彰式が行われました。
懇親会

奨励賞
だるま
ごめんね。雨だったから…。

2015年11月 9日 (月)

NHK Eテレ「オイコノミア」の撮影に立ち会いました

去る9月17日(木)都内の民家でのテレビ撮影に立ち会ってきました。NHK Eテレで11月9日(月)23:00~放映の「オイコノミア」という番組です。出演者の方も、スタッフの方も、皆さんとっても親切で感激しました。
Imgp0044

撮影に使われた民家の写真も掲載します。
Imgp0009
Imgp0014
Imgp0040
この民家は残念ながら一年以内には解体の予定とのこと。ぜひ廻りの景色にも注目してご覧ください!


2015年1月22日 (木)

1/21(水)特別会員林望さんのインタビューに行ってきました

小雪、みぞれ交じりの中、作家で国文学者の林望さんにお話を伺ってきました。
林望さんは、当協会の特別会員でもあります。

1_2外の寒さとは正反対の温かい笑顔と暖かい部屋で終始和やかに、日本の文化や里山の話、イギリスの話、民家について思うことなどを話していただきました。

Photo

帰りには、偶然、林望さんのお孫さんたちに遭遇。
「こんにちは!」と元気な笑顔が飛び出してきて、こちらもニッコリ。
リンボウさんのもう一つの素敵な顔を垣間見ることができました。

次号『民家』誌(2015年4月1日発行号)「巻頭インタビュー」をお楽しみに!!
乞うご期待あれ!
(BB)

2014年3月12日 (水)

「桧原村民家再生計画」に参加してきました。

東京桧原村カシャクボの家再生計画」に参加してきました。今回は清掃ということで、家の中にある家財道具などを麓まで運び出す作業でした。まだ雪がとけていない山道はツルツルで、ゴミごと転倒!あちゃー、という場面も…。大学の学生さんも参加して、ワイワイ頑張りました。帰りは近くの温泉で癒されました。ふー。

___1朝の集合風景。この上に現場があります。

___2山道を上るとなんと道が雪で閉ざされております。というわけで、まずは雪かきから。

___3やっとつきましたー。このお家が再生するお家。

___4中はこのような感じです。どうなるか楽しみですね。

___2_22階から撮影。床が抜けないように注意注意。

___3_2ゴミを運び出す作業も山道なので一苦労。バケツリレーで麓まで。

___4_3重いものは、途中からパワーカーで運びます。

___1_2ワンちゃんもお手伝い…かな。

___2_3お弁当は景色のよいところで。ちょっと寒いけど、お弁当がとてもおいしい。

___3_3終了は15:30。なんとこんなに運び出しましたよ。

次回開催の際は、みなさまもぜひご参加ください!(渡辺)

2013年10月29日 (火)

民家フォーラム報告2~テレビの取材があった~

「民家フォーラム千葉2013」は、無事終了しました。台風のなかお越しいただきましたみなさま、ありがとうございました。
台風で蔵の模擬上棟・曳家ができなかったのが、残念です。くぅ。
会場でのお披露目はできませんでしたが、「蔵移築・再生プロジェクト」は、まだまだ続きます。現在蔵の移築先を募集しているところです。今後もご協力よろしくお願いいたします。

296写真は、このプロジェクトの密着取材をしていただいている、地元千葉県佐倉市のケーブルテレビ、「チャンネル296」さんです。市内に住んでいる方は、是非見てみてください。「古民家の良さを次の世代へ」11/16~22で放送予定!(渡辺)

民家フォーラム報告1~チーバくんに出会った…~

自慢なのですが…民家フォーラムの会場で、千葉県PRマスコットキャラクター「チーバくん」と写真撮ってもらっちゃいました。見える?

Chiba それと、みなさまよりお問合せをいただいている、スタンプラリー景品として掴み取りされた落花生は、成田山参道の「豆のふくだ屋」さんで仕入れました。とれたて、煎りたての美味しい豆です。(渡辺)

2013年7月22日 (月)

のこぎり山をさんぽしてきました。

7月20日(土)イベント「魅力再発見!!千葉さんぽin鋸山(のこぎりやま)採石場」に参加してきました。当日は曇りで、絶好のノコギリ日和です。まずは、500年前から続く現地の鈴木家を見学。鋸山から切り出した房州石がいたる所に使われています

4_4こちらは、房州石の中でも特に「桜目」という部分を使ってあるそうです。房州石によくみる刷毛で掃いたような手掘りのあとがきれいに磨かれています。こちらは一枚の房州石でできている井戸。

5_4

6_2では、そろそろ鋸山へ!山へ向かう途中にこのような建物がありました。ザ・房州石。

7_3鋸山へはロープウェーを使って登ります。
8_2
山頂に着くと、こんなものが…ハガキ入れてみたかった。

10_2

11_3有名な「地獄のぞき」も覗きました。さて、お昼も食べたし、気分は「鋸山を堪能したなあ…」だったのですが、ここからが本番でした。

12_2今私たちが歩いているところは、以前岩の中だったところです。採石をしたので、このようになったようですが、以前の地面は、上の方の木が生えているラインだったとか。

14_2こちらは百尺観音です。

昭和に掘られたものだそうですが、既にすごい風格です。写真だと大きさが伝わらないのが残念。ここからは、じわじわ降りながら、採石場を巡ります。時刻は、13:30。

15_2

16_2

17_2こちらは樋(とい)道の跡だそうです。石切り場から、麓まで石を下すために使われたそうです。結構急です。ボンヤリしていたら、このままゴロゴロ転がっていきそう。

18_2…こんなハードなイベントですが、家族で小さな女の子も何人か参加しています。ガンバレ、ガンバレ。

19_2ちょっとこちらで休憩です。もう一段上がると、先ほど鈴木家でみた「桜目」の石を採った跡がありました。「桜目」の石は貴重なので、ギリギリまで掘った跡があります。

20_2うすーくなるまで削られています。近くには置き去りのカッターや、重機があって映画の世界のようです。不思議な空間…。

21_2 

22_3こちらも迫力満点。良く見ると石切り場ごとに石屋さんのマークが掘られています。

23_2こちらは車力道。石屋さんの奥さんが、リヤカーで切り出した石を運んだ道だそうです。80キロの石を3本、1日3回も運んだそうです…。考えただけで辛い。

24_3ああ、なんとか麓までつきました。みなさん、汗だくお疲れ様!帰りは海を見ながら帰りましょう。時刻は16:50。

25_2この後ビールも忘れませんでした!(渡辺)

2013年7月 6日 (土)

千葉の蔵プロジェクト―1.調査

7月6日(土)「千葉/蔵解体・再生プロジェクト」の事前調査が行われました。

Kura1おはようございます。実行委員長から、担当の割り振り。本日の調査は10名程度で行います。

Kura2図面を作る人、絵を描く人に分かれて作業。

Kura3蔵解体リーダー海岸屋さんの後ろ姿。

Kura4突然リーダーの講義が始まったり。

Kura5午後は、近くの会議室で「民家フォーラム千葉2013」の話し合いが行われました。会議テーブルの形にご注目。民家型です…。

Kura67月20日開催「千葉さんぽ in 鋸山採石場」の隊長が持ってきてくれた資料を見ているところ。

Kura79月23日(月・祝)開催、シンポジウム「房総民家の魅力再発見!!」をよろしくお願いいたします。(渡辺)