事務局だより

2015年5月11日 (月)

5/11(月)民家再生相談受付中です

本日、民家再生相談受付中です。担当相談員は、杉浦相談員です。電話は、03-5216-3541までどうぞ。時間は17:00までです。 Phonto
※本日は、時間帯により相談予約が入っています。お電話をいただいた方には順番にご連絡させていただきます。

2015年4月13日 (月)

4/13(月)民家再生相談受付中です

本日、民家再生相談受付中です。担当相談員は、杉浦相談員です。電話は、03-5216-3541までどうぞ。時間は17:00までです。 Img_3178
今日は「民家を解体するので、古材を引き取って」というお電話が続けて2件も掛かってきました。お電話で「民家バンク」の仕組みをご紹介して、ご興味を持っていただけたのですが、もし、協会にお電話をいただけなかったら…壊されちゃってたのかな…。なんだか涙がでますね。グスグス。 当協会をご紹介してくれた方、ありがとうございます。

2014年2月18日 (火)

2/18(火)本日民家再生相談受付中です

本日、ボランティアによる民家再生相談受付中です。担当は、花粉症の芹田相談員(東京)です。

Phonto

時間は17:00まで。お電話は03-5216-3541までどうぞ。

2014年1月27日 (月)

連続講座<金属>を受講してきました。

先週金曜日、東京京橋のAGCstudio(旭硝子のショールーム)にて開催された連続講座<金属>「日本の建築・美の壺―飾金具の時代―」を受講してきました。講師は久保智康先生。

__

宝相華に見る時代の変遷とか、高台寺の蒔絵で有名な厨子の金具に注目したりとか…とてもマニアック…!非常に面白かったです。

一方で、飾金具の修復が、当時の素晴らしい技巧を殺してしまったものになっていることが多い現実も知りました。

今まで建物でも美術史でも、金工ってあまり注目していませんでした…。これからは飾金具や仏像の光背もよく観察したいと思います。(渡辺)

2013年11月25日 (月)

神保町めぐりをしました。

土曜日、会員さん達とイベントの下見をかねて神保町ツアーをしました。編集のHさんがこんなしおりも作ってくれました。

1

こちらはカトリック神田教会。結婚式が行われていたので、外から眺めるだけです。

2_5

看板の文字が木でできている商店とか。

3

こんなおしゃれな看板建築とかも。

___3

亀裂がかわいい、とか言ったり。

4

こちらはニコライ堂。建てられた当初は、小高い丘の上だったので、東京が一望できたそうですが、今はビルの谷間に…。ビザンチン様式の煉瓦造り。

___2

お昼はレトロな喫茶店で。

7

なにを食べようかなー。

6

こちらは旧万世橋駅につくられた商業施設。昔交通博物館があったところです。

8

こんなことをしてみたり。

___2_2

次回開催されることがあれば、ぜひみなさまもご参加くださーい。(渡辺)

2013年11月 7日 (木)

Wall Street Journalで会員さんのお家が紹介されました

アメリカの経済紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』で、滋賀県の会員さんとそのお家のことが紹介されました。

http://m.asia.wsj.com/articles/SB10001424052702303680404579143692393979108?mobile=y

Daruma英語に自信のある方は、ぜひ読んでみてください(渡辺)

2013年10月18日 (金)

民家フォーラム千葉2013~風土記の丘資料館であなたも千葉ツウ~

やっと気候が良くなってきて…何だか眠いですね…。

Photo千葉には、ほんと古墳が多いのですが、「民家フォーラム」会場の「房総のむら」の周りも古墳でいっぱいです。この「房総のむら」と同じ敷地に「風土記の丘 資料館」があります。「風土記の丘資料館」では、はにわやナウマンゾウの復元骨格など、県内各地の遺跡から出土した考古資料を収蔵・展示しています。現在 企画展「印旛沼周辺の漁と食」を開催中。通常入場料300円ですが、「民家フォーラム千葉2013」開催中の26日、27日はのフォーラムのパスポートを見せると入れちゃいます☆☆☆この2日間で、あなたも千葉のツウに。

「風土記の丘資料館」
http://www.chiba-muse.or.jp/MURA/profile/shiryoukan.html

「民家フォーラム千葉2013」10月26日(土)、27日(日)開催
http://www.minka.or.jp/news/2013/10/2013-37c8.html

2013年10月16日 (水)

民家フォーラム千葉2013~スタンプラリー~

民家フォーラム千葉2013」では、会場の「千葉県立房総のむら」全体を使って、大規模なスタンプラリーをします。ちびっこにも喜んでもらえるように、いろんな色のスタンプ台を買ってきました。

Photo_2
こんなにスタンプ押すとこがあるので、途中で泣きたくなっちゃった人は、近くのスタッフにヒントを聞いてくださいね。(渡辺)

2013年10月 1日 (火)

10/1本日は『民家』87号の発送日です。

今日は会報誌『民家』の発送日です。会員のみなさまには、近々お手元に届くかと思います。お楽しみに。(海外の方は、もうちょっとお待ちください。)

131001写真は、山積みの『民家』最新号と、会員のKさんから寄付をしていただいた『日本の瓦屋根』(理工学社)です。事務局でご覧になれます

2013年9月21日 (土)

9/21(土)千葉の蔵プロジェクト―4.瓦降ろし

9月21日(土)「千葉/蔵解体・再生プロジェクト」の解体作業がおこなわれました。今回は瓦を降ろす作業です。

4_002_2 みんなで土を落とした蔵…こんな感じになりました。

4_007 こちらの方は、持主さんのうちのネコさん。あの…日本民家再生協会と申します。今日はどうぞよろしくお願いします。

4_038 職人さん達による瓦はずし作業。瓦をダイナミックにパス!の途中。

4_012ボランティアさんは、瓦をトラックに積む作業をしています。

4_025降ろした瓦はトラック3台分。この瓦は、会員さんの事務所の瓦として再利用します。こうしてみるだけでも、この蔵にいろんな形の瓦が使われていることが分かります。

4_010 南総別製、宮崎製造、茂原本町…地元の瓦屋さんが作った瓦なんですね。

4_032_2 こちらは戦利品の鬼瓦。K教授は、別に取って置きたいなあ…。といっていました。でもトラックに一緒に積んじゃいます。

お家の方に案内されて裏山へ。

4_052 上から見ると、作業の様子が良く見える!カッコイイ。

結局眺めているがけで1日が終了。全然お手伝いしてない…。スミマセン。次回この蔵に会うのは「民家フォーラム千葉2013」の会場です。(渡辺)