事務局だより

« 週末お出かけ情報…みんかオータムフェア(大阪) | メイン | お出かけ情報…表装展(東京) »

2012年10月31日 (水)

フランスへ行ってきました(その5)…牛とともに暮らす編

フランス報告のつづきです。
Imgp0793 バスで移動中…。
Imgp0786 車窓からのアヌシー湖。
アヌシー湖は世界屈指の透明度で知られる湖です。アルプスとの景色がとっても美しい!
Imgp0798 こんどは車窓からお城が…。
こちらはマントン城。映画「白雪姫」の撮影にも使われたそうです。いまでもマントン伯爵家の末裔の方が住んでいる現役のお城です。次はグラン・ボルナンへ。車窓から見える民家の形も山小屋風になってきました。

Imgp0825 Imgp0951

こちらはグラン・ボルナンの町。

Imgp0817 Imgp0826 

こんな感じで牛さんのキャラクタ―があらゆるところに。ここから近郊の畜産農家を訪ね、チーズの製造工程を見学しました。

Imgp0829 Imgp0835_3

こちらの民家、上部に干し草をためておく部屋があります。これが冬の間、牛たちのご飯になります。

Imgp0852 Imgp0841

右の写真は、火事などにあったときのために大事なものをしまっておく倉庫です。お家と離れた場所に建っています。で、何かに似ているなあ…と思ったら、2年前に飛騨でみた種蔵でした。(→飛騨の種蔵
Imgp0862 おいしいチーズも試食したし・・・。

次は「夏の家」を見学します。夏の間は標高の高い「夏の家」で過ごし、牛たちに栄養の高い草を食べさせます。冬の間は牛とともに、先ほど見学したような「冬の家」で暮らすのです。

Imgp0900 途中こんな看板がありました。

平和なこの場所を荒らすもの…それはオオカミだけではなく、人間のポイ捨てするゴミ。ちなみにオオカミは、いまだに出没するそうです。

Imgp0909 Imgp0943

Imgp0912 Imgp0917

ル・シナイヨン村の古い山小屋(「夏の家」)に着きました。こちらの山小屋の屋根の上にも、プロヴァンスの家と同じように石が乗っています。でも、こちらは風で飛ばされないように…ではなく、雪止めのためだそうです。屋根の瓦は木製で、数十年でひっくり返して裏側も使います。

Imgp0944 トレックさんが瓦の説明中。

再びグラン・ボルナンに戻りまして、実際に「冬の家」の中に入って見学です。今は郷土資料博物館となっているこのお家も25年前までは実際に使われていました。

Imgp0955 Imgp0963

内部は撮影禁止なので写真はありませんが、いまだに牛の香りがしました!係の方の説明がとっても解りやすかった。内部は3層に分かれていて、1階が羊など小さな家畜のスペース、2階は牛と人間のスペース、3階は干し草などをいっぱいに詰め込んでおく倉庫です。外では、瓦造りの実演もしていただきました。感覚だけで板をすべて同じ厚さに割っています。

さて次は、本日泊まるラ・クリュサの宿へ。

Imgp0989 Imgp0988_2

窓からの景色は抜群…と思っていたら、

Imgp0980 虹が。

みなさん大感激!ああフランスに来てよかったよかった。明日はさらにアルプスに近づきます。(渡辺)