イベント&お知らせ

JMRAでは、どなたでも参加できるイベントを全国各地で企画、開催しています。
参加ご希望の方は各イベントの「申込先」に、イベント名、住所、氏名、参加人数、連絡先(電話、ファクス、メールアドレス、携帯電話番号など)を明記して、お申し込みください。
定員に達した場合は、締切日前でも募集打ち切りとなる場合がありますのでご了承ください。

※ お申込み受付後の確認メールの返信は行っておりません。
※ イベント注意事項等については、こちらをご覧ください。

2017年3月 4日 (土)

3/4、5高知/日本建築研鑽会 ―重文民家修復現場見学と民家再生による町おこし

2012年の四国地区イベントでも訪問した重要文化財「安岡家住宅」の修復現場工事を見学します。実際に現場で携わっている文化財建造物保存技術協会の方から文化財ならではの修復技法を聞ける貴重な機会です。また、かつて日本で2番目に小さい町であった赤岡町では地域の有志が地域活動拠点にするために再生している民家をご覧いただきます。終了後は土佐名物「おきゃく」の懇親会。翌日は有志にて「土佐のひなまつり」を開催している町なみをぶらぶらと見学する予定。登録事業者以外、四国地区外の方も歓迎です!一足早い土佐路の春をお楽しみください。

日時3月4日(土)、5日(日)
集合3月4日(土)10:15 赤岡町赤レンガ商家(香南市赤岡町773)
日程午前 赤岡町赤レンガ商家/午後 重要文化財 安岡家住宅(香南市香 我美町山北979番地1)/懇親会(高知市内、別途実費)
交通手段・宿泊現地移動手段とも、各自でご手配をお願いします。
募集人数30名 ※定員に達し次第締め切り
参加費6,500円、友の会会員5,500円、正会員4,500円、登録事業者、JMRA四国地区会員3,500円 ※懇親会費別
締切日2月13日(月)
申込先本部事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、現地までの交通手段、懇親会参加の有無、5日(日)の見学の有無をお知らせください。
当日連絡先090-1126-6028(公文)

2017年2月25日 (土)

2/25(土)奈良/近畿地区全体集会と御所(ごせ)まちなみ散策

奈良県御所(ごせ)市内には、御所まちと呼ばれる古民家が面的にたくさん残っている地域と、名柄(ながら)街道という昔の宿場町があった街道筋に、それぞれ古いまちなみが残っています。
今回は、2016年度末に行うJMRA近畿地区全体集会開催に合わせて、御所市内2ヶ所のまちなみ散策イベントを行います。同日午前中に御所まちの散策、午後から名柄街道のまちなみ散策を行い、最後に再生古民家(木造建築 東風(こち)新社屋/JMRA会員登録事業者)で全体集会を行います。
会員ではない方も、この機会にぜひご参加ください。(主催:近畿地区事務局)

御所市

イベントA 御所まち まちなみ散策
日時2月25日(土)10:00~12:30(予定)
場所奈良県御所(ごせ)市 御所まち
集合10:00近鉄御所駅改札前 ※受付は9:40から
募集人数20名 ※定員に達し次第締め切り
参加費2,500円、JMRA会員1,500円 現地にて集金

イベントB 御所市名柄街道まちなみ散策/再生古民家での近畿地区全体集会
日時2月25日(土)13:30~17:00(予定)
場所奈良県御所市名柄(ながら)地域
〔全体集会会場〕奈良県御所市東名柄22 木造建築 東風(こち)
集合13:30近鉄御所駅改札前 ※受付は13:20から ※車でお越しの方は別途集合場所をお知らせします
参加費2,500円、JMRA会員1,500円 現地にて集金 ※ただしJMRA近畿地区全体集会のみの参加は無料
ささやかな懇親会全体集会の後、そのまま会場にて懇親会をいたします。参加費は参加者で割り勘です(3,000円から4,000円を予定)。ぜひ、ご参加いただき、情報交換、交流を深めましょう。

各イベント共通
締切日2月18日(土)
申込先近畿地区事務局(kinki@minka.jpまたはファクス077-511-2501)に、イベント名(イベントA・B・全体集会・懇親会)、氏名、会員番号、当日連絡可能な電話番号、当日の交通手段(電車・車)、ファクスで申込みの場合は、ファクス番号もご連絡ください。申込後、返信いたしませんので当日集合場所にお越し下さい。
当日連絡先090-9545-5135(佐藤)

2017年2月15日 (水)

民家の学校18期生 募集

「民家の学校」は生活体験・大工仕事・森林作業などの体験講座を通して、生身の民家を肌で感じる「体感学校」です。毎年4月に開講し、12月までほぼ月に1回、全部で8回の連続講座です。講座では、文化財・再生民家を含めて、たくさんの民家が見られます。伝統的な景観を残す集落の訪問、いろりの宿の宿泊といった民家体験の他、左官や大工作業の体験、林業の現場訪問など、多様な内容です。受講生は民家を持つ人・持たない人・民家好き、建築関係者、一般の社会人・主婦などさまざま。年齢も幅広く、学生からリタイア世代の方まで参加しています。
日本には各地方で特有の特徴を持つ、多様な伝統的民家があります。それらは日本の木造建築技術の粋が詰まったもので、日本人の太古からの生き様の結晶ともいえます。民家を学びながら、日本の暮らしと技術の原点に触れてみませんか。

Photo

※講座内容と日程、募集要項は→こちらのページをご覧ください。

2017年1月22日 (日)

1/22(日)千葉/古民家改修完成お披露目見学会(菜食の昼食付き)【定員に達しました】

約一年半にわたり改修を行ってきた築150年の房総民家のお披露目見学会を行います。古民家改修の経緯をスライドを使って説明し、オーナーが実地で皆様のご質問に答えます。地域の野菜を使った菜食の昼食付きです。外国の方には英語による解説も行います。
(主催:国際交流部会)

千葉の民家

日時1月22日(日)11:30~15:30 
場所千葉県長生郡長南町の古民家
集合高速バス利用の方は市原鶴舞バスターミナル下車(東京駅八重洲口京成バス2番乗り場より10:00発勝浦安房小湊駅行きに乗車)
自家用車利用の方は現地集合11:20
※ 申し込みの際に交通手段をお知らせ下さい。現地までの行き方・地図をお送りします。
募集人数15名 ※定員に達し次第締め切り
参加費3,500円 、JMRA 会員 3,000円(昼食代込)現地にて集金 
締切日1月13日(金)
申込先本部事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレス、当日の交通手段をお知らせください。
当日連絡先080-5042-6509(高橋)、090-5203-8948(瀬口)

2016年12月17日 (土)

12/17(土)東京/和のくらし 第5回「注連(しめ)飾りを稲の藁からつくろう」【締め切りました】

毎年恒例のイベントにはリピータの方も多く、皆さん個性的なしめ縄を真剣に作っていただいています。本当の稲わらや稲穂を使ったしめ飾りを、お正月の玄関に飾って年神様を迎えませんか。ワラは今年収穫したものをいただき、湿らせて木づちでたたいて編むので、よごれても良い服装でおいでください。
場所は昭和8年に建てられ廃校になっていた福島県の木造校舎を目黒の祐天寺に移築再生した幼稚園。都心でありながら自然あふれる園庭で作業します。(雨天時は教室で作業します。)ぜひお子様とご一緒においでください。
(主催:文化企画部会)

しめかざり

日時12月17日(土)13:30〜15:30  雨天決行
場所平塚幼稚園(東京都目黒区祐天寺1-23-11)
集合各日13:20現地(東急東横線「祐天寺」駅徒歩4分)
募集人数50名 ※定員に達し次第締め切り
参加費2,000円、JMRA会員1,500円 現地にて集金
※家族の場合は上記参加費1名分と材料代500円を人数分いただきます。(ただし中学生以下は無料)
締切日12月11日(日)
申込先本部事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-7171-3284 (佐々木)、080-5039-4483 (相子)
特記雑巾、はさみ、軍手をご持参ください。

2016年12月11日 (日)

12/11(日)埼玉/民家再生現場見学-連続講座第4回【終了しました】

今年度の技術部会は民家再生工事中の現場に出て設計者・施工者から直接話を伺う連続講座を企画しました。
第4回は蓮田市内の築130年の現地再生現場です。第2回目の見学会では工事中の様子をご覧いただきました。今回はどのような形で完成したかを見学します。設計・施工で工夫したこと、苦労したこと等、話を伺いながら実例をご覧ください。第3回の千葉市と蓮田市の現場、ぜひ両方の現場へお越しいただき、違いを確認していただければと思います。
(設計:西本建築事務所、主催:民家再生技術部会)

蓮田市現場

日時12月11日(日)13:30-15:30
集合13:00 JR宇都宮線「東大宮駅」改札口
日程受付13:00/駅前出発13:10/現地終了15:30予定
※13:10出発後の到着は参加できない可能性がありますのでご注意ください
参加費3,000円、JMRA会員2,000円(資料代込)現地にて集金
募集人数15名 ※定員に達し次第締切
締切日12月8日(木)
交通案内12:19東京駅JR上野東京ライン・宇都宮行>12:57東大宮駅
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、当日連絡可能な電話番号、FAXで申込みの場合はFAX番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-1422-0169(西本)

2016年12月10日 (土)

12/10(土)福岡/年忘れ座談会
『熊本地震を経て、みんなで考えよう!これからの民家再生』【終了しました】

熊本県立大学環境共生学部教授の北原昭男先生をお招きして、講演会と座談会を企画しました。当日は交流会も兼ねたJMRA九州の忘年会も合わせて開催いたします。たくさんのご参加をお待ちしております。(主催:JMRA九州沖縄地区事務局)

年忘れ座談会チラシ

日時12月10日(土)15:00開場
場所エイムアティン会議室(福岡市博多区博多駅前3丁目25-24八百治ビル)https://goo.gl/maps/LEagexEgj8K2
交流会:「いきつき」(福岡市博多区博多駅前2-16-4)
日程15:20-16:00 基調講演(講師:北原昭男先生)『熊本地震を受けて、木造住宅の被害状況と対策について』
16:10-18:00座談会
18:30-交流会
定員先着50名
参加費1,500円、JMRA会員1,000円/交流会4,500円
申込先JMRA九州沖縄地区事務局( minka2012_jmraqr@yahoo.co.jp または、ファクス0946-21-5077)に、イベント名、氏名、参加人数、参加内容(座談会、交流会)電話番号、ファクス番号、メールアドレスをご連絡ください。
※事務局からの返信で申込完了となります。返信がない場合は、再度ご連絡ください。
連絡先080-3952-0646(JMRA九州沖縄地区事務局)

2016年12月 1日 (木)

12/1(木)千葉/民家再生現場見学-連続講座第3回【締め切りました】

今年度の技術部会は民家再生工事中の現場に出て設計者・施工者から直接話を伺う連続講座を企画しました。第3回は千葉市内の築143年の現地再生現場です。第1回目の見学会では工事中の様子をご覧いただきました。今回はどのような形で完成したかを見学します。設計・施工で工夫したこと、苦労したこと等、話を伺いながら実例をご覧ください。
(設計:西本建築事務所、施工:保川建設、主催:民家再生技術部会)

現場見学会

日時12月1日(木)13:30~15:30
集合13:00 JR外房線快速「誉田駅」改札口
<交通案内>12:02東京駅(京葉線ホーム)JR外房線快速>12:57誉田
日程受付13:00/駅前出発13:10/現地終了15:30予定
※13:10出発後の到着は参加できない可能性がありますのでご注意ください。
参加費3,000円、JMRA会員2,000円(資料代込)現地にて集金
募集人数15名 ※定員に達し次第締切
締切11月24日(木)
申込先本部事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、当日連絡可能な電話番号、FAXで申込みの場合はFAX番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-1422-0169(西本)

2016年11月26日 (土)

11/26(土)群馬/安中市 空き家活用 現地再生用物件見学会【定員に達しました】

第二幕、好評となった「田舎暮らし見学会」に引き続き、「空き家活用 現地再生用物件見学会」を行います。安中市は、軽井沢、高崎、富岡に隣接した、市内に4つの源泉を持つ温泉の町です。東京から約1時間、国道18号線、北陸新幹線、上信越自動車道が通り、交通網も豊か。別荘・災害時の予備家としてもお勧めです。これぞ群馬の家といえる養蚕農家造りの住宅や、森に囲まれ庭先に渓流が流れる家…。週末移住・季節移住・隠れ家移住、勿論完全移住もお勧めします。
物件見学後は、古民家を現地再生し安中市に移住したイギリス人ブランディングコンサルタントのサイモン・ブラウニングさんのお宅を訪ね、体験談をお聞きする座談会をします。サイモンさんは、奥様と娘さんの3人暮らし。近年、安中市は外国人にも人気の町となってきています。
(主催:民家再生推進委員会)

安中市イメージ

日時11月26日(土)10:00~ ※雨天決行
場所群馬県安中市
集合10:00 信越本線 安中駅
<往路参考>東京駅8:24発>北陸新幹線>高崎駅9:18着 9:32発>信越本線>安中駅9:44着
<復路参考>解散後安中榛名駅17:05発>JR北陸新幹線>東京駅18:12着
日程10:00安中駅集合>物件見学>昼食>物件見学>座談会>安中榛名駅解散17:00
       ※日程表示を訂正しました。(誤)10:00横川駅集合(正)10:00安中駅集合
参加費3,000円、JMRA会員2,000円 現地にて集金 ※昼食代別途
募集人数9名 ※定員に達し次第締切
締切11月21日(月)
申込先本部事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください。
当日連絡先090-3212-0513(新井)
特記締め切り前までのキャンセルで、資料費などかかった場合は実費をいただくことがあります。
締め切り以降のキャンセルは、できません。

2016年11月12日 (土)

11/12~13 民家フォーラム2016滋賀【締め切りました】

スタッフが準備している様子は、↓のフェイスブックから見ることが可能です。

Photo 19回目となる今年の「民家フォーラム」は滋賀県にて開催されます。「琵琶湖とその水辺景観―祈りと暮らしの水遺産」が2015 年に日本遺産として認定されました。シンポジウム会場は琵琶湖の湖上に浮かぶ船です。オプションでは、琵琶湖周辺各地を巡るツアーが計画されています。
受け継がれてきた民家とその町並み景観を、「民家フォーラム2016 滋賀」を通じて次代に伝えてゆきましょう。また、フォーラムに参加することによって、自身の住む地域や民家にも再生・保存のヒントを持ち帰りましょう。

Forum2016map

11月12日(土)湖上シンポジウム(13:30~17:00)

13:30~ 日本遺産『琵琶湖とその水辺景観―祈りと暮らしの水遺産』プロモーションビデオの上映
14:00~ 開会(出港)
14:05~ ◆基調講演
  ・「受け継がれてきた滋賀の民家と町並み景観」吉見靜子氏(岐阜女子大学名誉教授)

14:50~ 休憩
15:00~ ◆活動事例報告
  ・高島市新旭町「古いもの×地域交流 喫茶古良慕の取り組み」島村義典氏(JMRA会員)

  ・東近江市五個荘山本「文化財マネージャーとして向き合う」
   原田純子氏(NPO古材文化の会会員、JMRA会員)

  ・蒲生郡日野町「日野の町並みを守るための意識育成―日野まちなみ保全会の取り組み」
   モーア・オースティン氏(JMRA 会員)

  ・大津百町「大津町家と旧東海道まちなみ整備の取り組み」柴山直子氏(JMRA会員)

16:40~ 質疑応答・総括
17:00~ 閉会(入港、乗下船)※10分後懇親会会場に向けて出港

時間13:30~17:00(受付12:50~乗船13:20)
会場琵琶湖汽船「めぐみ」船上
※大津港(大津市浜大津5-1-1)より出港します。
※荒天時は旧大津公会堂3階ホールが会場となります。
参加費2,000 円
定員100人 ※要事前申し込み

11月12日(土)懇親会(18:00~21:00)

懇親会は、1934 年(昭和9 年)、県内初の国際観光ホテル「琵琶湖ホテル本館」として建築された建物で、現在、大津市の文化施設となっている「びわ湖大津館」にて開催します。
こちらでは、民家再生奨励賞の表彰式を行います。

会場びわ湖大津館 多目的ホール桃山(大津市柳が崎5-35)※有料駐車場あり
集合17:00 大津港(大津市浜大津5-1-1)観光船乗船口にて受付、乗船。
<湖上シンポジウムから参加の方>乗船したまま移動。17:20 びわ湖大津館到着予定。館内を自由見学いただけます。17:45 懇親会会場にて受付。
<懇親会から参加する方>大津港から乗船するか、直接、びわ湖大津館へ。
参加費6,000円 ※ビュッフェ形式(椅子テーブルあり)
定員定員80名 ※要事前申し込み。会員以外の方もご参加可能です。
お帰り21:00 会場の港(柳が崎湖畔公園)から大津港へ船でお送りします。

11 月13 日(日) オプショナルツアー

コース1 ぐるっとびわ湖島めぐり(9:30~18:00)

Photo

琵琶湖の魅力を一日かけてじっくり堪能できるクルーズ。沖島、竹生島、多景島に上陸し、島の暮らし、国宝建物などを見学します。(このコースは、琵琶湖汽船(株)のツアーとなります。)

集合9:10 大津港観光船乗り場(9:25 乗船)※駐車場あり。
乗船料 ※長浜港コースは多景島はありません。
[往復コース] 大人8,950円、学生7,780円、小人6,020円
[長浜港コース] 大人7,820円、学生6,730円、小人5,100円
乗船料は、当日大津港窓口でお支払い。
※乗船料に昼食弁当代、拝観料、入島料を含みます。
※学生は中高大生、学生証提示要。小人は小学生です。大人1名につき未就学児1名無料(弁当代1,500円要)。
※予約後のキャンセルは11月11日まで。それ以降、キャンセルの場合は弁当代のみ負担。
定員30名 ※要事前申し込み。一般客相乗りの可能性あり。
特記悪天候中止、強風時予定変更があります。その場合、他の4つコースに変更可。

コース2 高島市新旭町針江の水辺景観と酒蔵見学【定員に達しました】10:00~14:00)

Photo_2

江集落ではコンコンと自噴する清らかな湧き水を飲料や炊事に利用してきました。古来より続く「かばた(川端)」とこの地域の暮らしを地元のボランティアガイドが案内、町並み散策の後、造り酒屋の酒蔵見学などを、お楽しみ下さい。〈徒歩距離 約4.5㎞〉

集合9:50 JR新旭駅(JR湖西線)※駅前に市営有料駐車場あり
参加費2,000円 ※昼食代は別途、約1,000円(現地にてお支払い
定員15名程度 ※要事前申し込み 定員に達しました

コース3 東近江市五個荘金堂の町並みと近江商人本宅見学(9:30~15:00)

Photo_3

国の重伝建地区に選定されている五個荘金堂集落は水路が張り巡らされた農村集落で、近江商人屋敷、舟板塀や土蔵の白壁で知られた町並みです。近江商人本宅を改修した住まいの見学もします。〈徒歩距離約2.5㎞〉

集合9:15 JR能登川駅東口バス乗り場 ※電車の方
9:25 ぷらざ三方よし ※車の方。無料駐車場あり。
参加費2,000円 ※昼食代は別途、2,000円。バス代別途。(現地にてお支払い
定員15名程度 ※要事前申し込み

コース4 日野のまちなか散策と町家見学(10:00~15:00)

Photo_4

野城主、蒲生家の城下町で近江商人のふるさとのひとつ、滋賀県日野町を、日野の町家に住むJMRA会員が案内します。昼食は、日野町とお料理が大好きな地元のお母さんたち「日野の伝統料理を継承する会」が作る季節のお膳をお楽しみいただきます。民家フォーラムならではのおもてなしをお楽しみ下さい。〈徒歩距離 約4.5㎞〉

集合9:40 近江鉄道日野駅 ※電車の方
10:00 日野公民館の駐車場 ※車の方、無料駐車場
参加費2,000円 ※昼食代は別途、2,000円。バス代別途。
定員15名程度 ※要事前申し込み

コース5 三井寺国宝建物見学と大津百町まち歩き(9:00~15:00)

Photo_4

天台寺門宗の総本山である三井寺(正式名「長等山園城寺」)は、日本遺産の構成文化財のひとつでもあります。国宝建造物4件のうち、ふだん非公開である光浄院客殿と勧学院客殿を福家敏彦執事長のご案内で見学します。〈徒歩距離 約4.5㎞/石段あり〉

集合9:00 JR大津駅前広場
参加費2,000円 ※昼食代は別途、約1,000円
定員15名程度 ※要事前申し込み

お申込みについて

参加者一名ごとに、参加希望の項目(「シンポジウム」「懇親会」「オプショナルツアー」※オプショナルツアーはコースも)氏名、会員番号、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをご記入のうえ、JMRA事務局(FAX:03-5216-3542またはこちらのフォーム)へお申込みください。参加費は、お申し込みと同時に郵便振替でご送金ください。ご入金をいただいた方には、10月以降にチケットおよびご案内をお送りします。

【お振込先】郵便振替:00190-0-396443 特定非営利活動法人 日本民家再生協会
      ※通信欄等に「F2016」とご記入ください。
【締め切り】10月31日(月)
【キャンセルについて】
      懇親会のキャンセルは、11月9日(水)までにご連絡ください。
      11月9日(水)以降にキャンセルした場合は、キャンセル料をいただきます。