イベント&お知らせ

JMRAでは、どなたでも参加できるイベントを全国各地で企画、開催しています。
参加ご希望の方は各イベントの「申込先」に、イベント名、住所、氏名、参加人数、連絡先(電話、ファクス、メールアドレス、携帯電話番号など)を明記して、お申し込みください。
定員に達した場合は、締切日前でも募集打ち切りとなる場合がありますのでご了承ください。

※ お申込み受付後の確認メールの返信は行っておりません。
※ イベント注意事項等については、こちらをご覧ください。

2018年10月14日 (日)

10/13(土)~14(日)第21回「民家フォーラム2018」

Hptop

今年の民家フォーラムは初めて北海道で開催されます。会場は運河の街として知られる北海道の小樽を中心とした道央地域です。明治時代、小樽は北海道開拓の最も重要な港湾でした。埋め立てられた土地には石造りの倉庫が建てられ、市街地には銀行、教会、料亭などが次々と建てられました。当時の最先端でハイカラなデザインの建物を見て、今後のまちづくりについて一緒に考えませんか。

★10/13(土)シンポジウム

日時10月13日(土)13:30~17:30  (受付13:00~ 開会式13:20~)
参加費1,000円
場所運河プラザ三番庫(小樽市色内2丁目1-20)小樽市総合博物館 運河館となり


歴史的建造物の旧小樽倉庫を活用した空間「運河プラザ三番庫」にて、シンポジウムを開催します。基調講演は、北海道文化財団理事長の磯田憲一氏による「いのちことほぐ 君の椅子の13年」。生まれてきた子どもに北海道産の木で作った椅子を贈る「君の椅子プロジェクト」。生活の中で使い込まれていく椅子は子供の成長と共に「時」を刻みます。過去と未来を繋ぐ「今(とき)」を語っていただきます。そのほか、民家再生事例報告、パネルディスカッションを予定しています。

<基調講演>3:30~14:50
「いのちことほぐ 君の椅子の13年」
  磯田憲一氏(北海道文化財団 理事長、NPO北の民家の会 会長)

<事例報告>15:00~16:00
「小樽市の民家再生の立場から―石蔵の再生とともに」
  駒木定正氏(北海道職業能力開発大学校 特別顧問 )
「厚真町の民家再生の立場から―越中型民家と越前型民家の移築再生」
  大坪秀幸氏(厚真町産業経済課 参事)
「北海道における民家再生の立場から―断熱気密技術とともに」
  武部豊樹氏(NPO日本民家再生協会 理事、NPO北の民家の会常任理事、
  北海道ビルダーズ協会 代表理事、武部建設 代表取締役)
「多様な北海道の歴史的建造物―北海道におけるヘリテージマネージャーの立場から」
  関川修司氏(北海道建築士会 ヘリテージマネージャー特別委員会 委員長)

<パネルディスカッション>16:00~17:30
パネラー:磯田憲一氏、駒木定正氏、大坪秀幸氏、武部豊樹氏、関川修司氏
進行:羽深久夫氏(北海道建築審査会 会長、NPO北の民家の会理事長、札幌市立大学大学院デザイン研究科 教授)

★10/13(土)展示・民家再生相談会

日時10月13日(土)10:00~16:30
参加費無料
場所運河プラザ三番庫 中庭

Photo_7

民家再生奨励賞のパネルや、共催のNPO北の民家の会の紹介、君の椅子の展示、日本曳家協会による曳家技術の展示を行います。また、民家再生無料相談会も開催します。※写真は昨年の様子。

★10/13(土)懇親会

日時10月13日18:00~20:30
参加費4,500円
場所小樽ビール 小樽倉庫No.1(小樽市港町5-4)

Photo_2

地ビール醸造メーカーの直営店。醸造所内にある歴史あるレンガ造りのビアパブで、地元の食材を使った料理と旧き良きドイツから受け継がれたビールを楽しみながら、民家談義に花を咲かせましょう。



★10/14(日)オプショナルツアー

日時10月14日 時間未定
参加費各コース 1,000円 ※現地までの交通費と、入館料は各自ご負担をお願いします。
定員各コース 10名 ※最小催行人数各5名。催行人数に達しない場合は開催されない場合があります。


<美唄ツアー>

Photo_4

安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄の見学コースです。炭鉱都市として栄えた美唄市ですが、1973年に最後の炭鉱が閉鎖され、地域の小学校は閉鎖されました。ここは、廃校となった美唄市立栄小学校の跡地を中心に、同市出身の彫刻家である安田侃の作品を展示している野外美術館です。旧校舎には小品が置かれているほか、1階は美唄市立栄幼稚園として使用、2階の教室はギャラリー、旧体育館はアートホールに再生されています。

<小樽ツアー>

Photo_5

今回のシンポジウム会場周辺の小樽運河沿いの木骨石造倉庫を解説付きで巡るコース。5月に北前船の寄港地として日本遺産にも認定された小樽市の町家と石蔵を巡るコース。または、鰊御殿として知られる祝津の番屋を巡るコースの3つのうち、いずれかを予定しています。(祝津のコースのみ路線バスを使用します。)※詳細未定のため写真はイメージです。

<札幌ツアー>

Photo_6

かつての開拓使が建てた洋造ホテル「豊平館」。安達喜幸を中心とした開拓使工業局営繕課の設計、大岡助右衛門の請負で明治12年に着工し、翌13年に完成。続いて附属施設、敷地周囲の鉄柵や門などの工事が行われ、明治14年に全工事を完了しました。工事完了直後に明治天皇行幸の際の行在所となったのをはじめ、大正、昭和天皇が皇太子の時に行啓された由緒ある建物であり、国の重要文化財に指定されています。そのほか、札幌の歴史的建造物をめぐるコースです。地元の方の案内で、あなたの知らない札幌を見学しませんか。

★お申込みについて

参加者一名ごとに、氏名、会員番号、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、参加希望の項目「シンポジウム」「懇親会」「オプショナルツアー」(※オプショナルツアーは「美唄」「小樽」「札幌」のいずれかよりお選びください)をお知らせください。お申込みは、JMRA事務局(FAX:03-5216-3542またはこちらのフォーム)までお願いいたします。
参加費は、10月8日(月)までに郵便振替でご送金ください。ご入金をいただいた方には、9月中旬以降にチケットおよびご案内をお送りします。

お振込先 郵便振替:00190-0-396443 特定非営利活動法人 日本民家再生協会

※通信欄等に「民家フォーラム」または「F2018」とご記入ください。
※締切日までにご入金が無い場合にはキャンセルとみなし、キャンセル待ちの方へご連絡をさせていただきます。
締め切り10月8日(月)
※中庭での販売・実演・体験コーナーは、お申込みなしでご参加いただけます。
キャンセル
について
キャンセルは、10月8日(月)までにご連絡ください。
10月8日(月)以降にキャンセルした場合は、キャンセル料をいただきます。

2018年7月29日 (日)

7/22(日)~29(日)東京/ミニ骨董市&乗兼広人版画展

明治初期に長野県飯山市に建てられた蔵を東京都世田谷区に移築したギャラリーで、ミニ骨董市を開催します。品物はJMRA会員が持ち寄り販売します。骨董や民具で、生活を豊かにしませんか。

Dsc08469


また、同じ会場でJMRA会員で版画家の乗兼広人(のりかねひろと)さんの銅版画展を開催します。民家のある風景は、私たちをノスタルジックな気分にさせてくれます。
(主催:文化企画部会)

乗兼さん作品 左:障子―17(紫陽花)/右:黒猫―15(桜)

【乗兼広人氏 プロフィール】
1949年広島県生まれ。創形美術学校研究科版画課修了。日本版画協会会員、日本美術家連盟会員、日本民家再生協会友の会会員。展覧会歴:2015年 第60回CWAJハンズ・オン・アート展(招待講義)、2016年 日本版画選択展(招待)、2017年 版画の地層 日動画廊版画グラン・プリ展の軌跡(招待)ほか。作品収蔵:サンフランシスコ美術館、ポーランド美術館、ホワイトハウス大統領府、尾道市立博物館、佐渡版画村美術館ほか。

会期7月22日(日)~29日(日)10:00-17:00
※ただし、初日は14:00から。最終日は16:00まで。
場所Gallery徳の蔵(東京都世田谷区三宿1-6-16)

2018年7月22日 (日)

7/22(日)、29(日)東京/和の暮らし「金継ぎ入門」

好評をいただいている和の暮らしシリーズの金継ぎ講座を再び開催します。会場は明治初期に長野県飯山市に建てられた蔵を東京都世田谷区に移築したギャラリーです。
金継ぎは、割れたり欠けたりした陶磁器を漆で接着し、金粉で仕上げる修復技術です。初心者の方からご参加いただけるよう材料もそろえています。
陶磁器を持っていない、という方も同時開催のミニ骨董市で、お気に入りの器を見つけてみては?
(企画:文化企画部会)

Photo_2

日時7月22日(日)13:00~16:00(パテ塗り)/7月29日(日)13:00~16:00(仕上げ)
※2日間セットで開催。1日目は、作業内容・道具等の説明と下準備(欠けのパテ塗り)をします。2日目で完成させます。
場所Gallery徳の蔵(東京都世田谷区三宿1-6-16)
募集人数10名 ※定員に達し次第締め切り
参加費3,500円、JMRA会員3,000円 現地にて集金
締切日7月15日(日)
申込先JMRA本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、道具をお申込みの場合はお申込みの道具セットをお知らせください。
当日連絡先090-8088-7999(安井)
特記●道具類をご希望の場合は事前にご注文ください。
金粉1g 7,500円/銀粉1g 950円/道具セット(筆3種類)1,400円/材料セット1(漆、薄め液)900円/材料セット2(パテ、やすり)600円
※ご希望の道具を上記から選びお申込み時にお知らせください。
※締め切り後にキャンセルされた場合は実費をご請求させていただきます。
●金継ぎしたい候補2、3点を用意し、キッチン用漂白剤などにつけて汚れをよく落としておいてください。
●完成時に持ち帰るための箱をご用意ください。

2018年7月21日 (土)

7/21(土)~「九州民家大学」開校

シリーズ第1回目の今年度は、日本の「住まい」」の成り立ちを6回に分けて学びます。詳しくはチラシをご覧ください。

チラシの画像をクリックするとダウンロードいただけます↓
九州民家大学チラシ

【講師】安藤邦廣(建築家・筑波大学名誉教授)
【受講料】30,000円、会員15,000円(JMRA会員・NPO伝統木構造の会会員)、見習い15,000円(会員の工務店に所属する人で30歳までの方、学生)※全6回(12日分)通しの受講料
【募集人数】40人

7/21(土)東京中野の民家【民家バンク登録番号A-180401】現地見学会

民家バンクに登録中の「東京中野の民家」の見学会を開催します。
この民家は、かつての大工の丁寧な仕事によって品格ある建物になっているのが特徴で、無節の良材が多く使用され落ち着いた雰囲気を持っています。そのシンプルなデザインの天井や床の間、建具、欄間などは、きっと現代の生活にも合うでしょう。
古いお家での暮らしや開業をお考えの方はご参加ください。(主催:民家再生推進委員会)

A180401中野の民家見学会

日にち7月21日(土)雨天決行
集合14:00西武新宿線「沼袋」駅北口改札前
※今後の参加人数により第2回目を設定させていただく可能性があります。
 第2回目をご案内させていただく場合は集合時間が変更になりますので、ご了承ください。
参加費無料
締切日7月16日(月)
申込先JMRA本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-9150-0693(杉浦)

2018年7月 1日 (日)

6/30(土)~7/1(日)大阪・奈良/日本建築研鑽会 大阪・奈良講座2018

建築の実務者向け講座「日本建築研鑽会」。今回は大阪・奈良で3軒の民家を見学して研鑽を積むのと同時に、実務者同士の情報交換等の機会として開催します。1軒目は大阪市内で再生工事中の築135年の古民家を見学。既存土壁をすべて落とし、構造補強後に竹小舞を編み上げた状態での見学です。2軒目へ向かう途中、日本の古代史に登場する著名人の古墳群(聖徳太子・用明天皇・小野妹子等)や、遣隋使の当時からある日本最初の官道(国道)である竹ノ内街道などを見学。2軒目の再生民家は奈良県御所(ごせ)市内の築109年の古民家。現在は当協会登録事業者の事務所として使われています。
2日目は朝から奈良県の室生へ向かい、築後350年を経て、今なおお住まいとして使われている再生民家を見学します。見学先へ向かう途中で、奈良県各地に残っている古いまちなみもご案内します。
(主催:民家再生推進委員会)

180630研鑽会

日にち6月30日(土)、7月1日(日)の2日間 雨天決行
集合6月30日(土)13:30大阪メトロ 御堂筋線 長居駅 南改札
参加費7,000円、JMRA会員5,000円、JMRA登録事業者3,000円
現地にて集金 ※現地での交通費・宿泊費・食事費用は各自別途ご負担頂きます。
定員20名 ※定員に達し次第締め切り
締切日6月22日(金)
申込先JMRA本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-9545-5135(佐藤)

7/1(日)東京/火おこし講座 ―古代発火法に挑戦―

東京都東久留米市にある民家「野崎邸」にて、古代発火法の第一人者、岩城正夫先生の指導によるキリモミ式火おこしを体験します。また、「火おこし検定」も実施しますので、是非挑戦して下さい。(主催:民家の学校オープンスクール)

<岩城正夫先生のプロフィール>
1930年東京生まれ。大学卒業後、中学教師・雑誌編集者・学会事務局員・高校教師などを経て大学教師に。2001年和光大学名誉教授。古代発火法検定協会理事長主な著作に『ある発明のはなし』『やってみなければわからない』『原始時代の発明発見物語』『原始技術史入門』『原始時代の火』『原始技術論』『セルフメイドの世界-私の歩んできた道』等多数


YouTube: 火おこし検定

日時7月1日(日)13:00~16:30 雨天決行
場所野崎邸(東京都東久留米市柳窪集落)
集合12:30西武新宿線 小平駅 改札前 ※会場まではスタッフが誘導します。徒歩20分程。
参加費1,500円、JMRA会員1,000円
※別途道具代1,000円 現地にて集金 ※参加費には保険費が含まれます。
持ち物木工用カッターナイフかクラフトナイフ(お持ちの方は)、鉛筆など
定員30名
※定員に達し次第締め切り
※ご家族参加歓迎(小学校4年生以上)、中学生以上は一人でも可
締切日6月24日(日)
申込先JMRA本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-6497-2051、toshi.suzuki@gmail.com(鈴木)

7/1(日)栃木/古民家で能を学ぶ

現存する世界最古の舞台芸術「能(能楽)」。再生済み古民家で土間の漆喰壁に映像を投影しながら能の基礎知識を学び、能の魅力に迫ります。
また、会場となる再生古民家についても、工事の苦労話を交えてオーナーより紹介します。   (主催:国際交流部会)

※対象は小学校高学年~大人になります。

鳥山直也氏 中村昌弘氏

日時7月1日(日)13:00~15:30 雨天決行
講師鳥山直也(とりやまなおや)氏 小鼓方観世流/中村昌弘(なかむらまさひろ)氏 シテ方金春流
場所栃木県那須郡那須町(JMRA正会員自宅)
集合12:45現地集合 ※お申し込みの方へ個別に交通手段をお知らせいたします。
参加費2,800円、JMRA会員1,800円、学生1,800円 現地にて集金
定員35名 ※定員に達し次第締め切り
締切日6月20日(水)
申込先JMRA本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。※学生の方はお書き添えください。
当日連絡先080-4865-1302(佐野)、090-5203-8948(瀬口)

2018年6月17日 (日)

6/17(日)福岡/九州民家塾 in 宗像 ―みんなでやってみよう!畳の手縫いワークショップ

明治期に建てられた古民家の再生工事中の現場で、畳の手縫いワークショップを開催します。若手の畳職人さんの指導の下、畳の寸法の採り方から裁断・縫い付けまで一通り体験することが出来ます。今回はなんと!お土産に「ミニ畳&ござランチョンマット」作りもできます。
(主催:JMRA九州沖縄地区)

Facebook:https://www.facebook.com/minkakyuusyuu/

日時6月17日(日)10:00~17:00
場所福岡県宗像市山田
申込先JMRA九州・沖縄地区事務局 E-mail:minka2012_jmraqr@yahoo.co.jp

2018年6月10日 (日)

6/10(日)千葉/豊かに広がる語りの世界@古民家(かまど炊きご飯の昼食付き)

ストーリーテラーの末吉正子さんは語りを通して人の心と心をつなぐ双方向の語りを実践し、日本の民話をはじめ世界中のお話や現代の物語まで、幅広い分野のお話を届けて世界を巡っています。
千葉県長生郡長南町の築160年の古民家を再生したJMRA会員の自宅で、心を豊かにしてくれるお話の数々と、運命の出会いをしてみませんか。楽しい参加型のお話も待っています。朗読とは違う語りの世界をお楽しみください。対象は小学校高学年以上になります。(主催:国際交流部会)

当日は、会場の民家がある長南町でホタル観賞会が行われています。夏の夜にたくさんのホタルが舞う、幻想的な体験が出来ますよ。帰り道に寄ってみてはいかがでしょうか?→こちら

古民家生活体験

日時6月10日(日)11:30~16:00 雨天決行
場所千葉県長生郡長南町
集合<高速バスご利用の方>市原鶴舞バスターミナル(東京駅八重洲口京成バス2番乗り場より10:00発「勝浦安房小湊」駅行きに乗車、市原鶴舞バスターミナル下車。)
<自家用車でお越しの方>11:20現地(※申し込みの際に交通手段をお知らせください。後程担当者から現地までの行き方・地図をお送りします。)
内容11:30 イベント開始・民家の紹介・見学/12:00 昼食(下屋に築いたかまどで炊いたご飯、自家製味噌で味付けした具沢山のお味噌汁、土地の食材を活かしたおかずなどをご用意します。)/13:00~15:00お話会(演目は候補。変更になる可能性があります。)
<第1部>日本の昔話「ふるやのもり」/「親はうま酒 子は清水」/「飯食わぬ嫁」(参加型)/「宝の原」(参加型)/<休憩>/<第2部>アメリカ先住民の話「やけただれ娘」/「クモばあちゃん」(参加型。民族楽器を鳴らしてみんなで)
参加費3,500円、JMRA会員3,000円(昼食代込み)現地にて集金
募集人数25名 ※定員に達し次第締め切り
締切日6月1日(金) 6月5日(火)※お問い合わせが多かったため、延長しました。
申込先JMRA本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段(高速バスまたは自家用車)をお知らせください。
当日連絡先090-5203-8948(瀬口)、080-5042-6509(高橋)