イベント&お知らせ

JMRAでは、どなたでも参加できるイベントを全国各地で企画、開催しています。
参加ご希望の方は各イベントの「申込先」に、イベント名、住所、氏名、参加人数、連絡先(電話、ファクス、メールアドレス、携帯電話番号など)を明記して、お申し込みください。
定員に達した場合は、締切日前でも募集打ち切りとなる場合がありますのでご了承ください。

※ お申込み受付後の確認メールの返信は行っておりません。
※ イベント注意事項等については、こちらをご覧ください。

2017年11月12日 (日)

11/11(土)設立20周年「民家フォーラム2017」
~民家の暮らしと文化を未来につなぐ~

黒漆喰の蔵造りが建ち並び、雰囲気のある川越(埼玉県)。今は無き江戸の町並みの面影を残し、関東では「小江戸」として親しまれています。現在は、日本だけでなく海外から訪れる人も多い、人気観光スポットです。

川越のまちなみ(時の鐘)

JMRA設立20周年「民家フォーラム2017」では、この20年間のJMRA活動を振り返るとともに、街づくりの成功例と言われている、川越を通じて、これからの10年、20年に、民家のためにできることを考えます。 今回のシンポジウムの目玉は、何と言っても大林宣彦JMRA会長の基調講演です。また、トークセッションでは、コーディネーターと民家に関わる方々の掛け合いにご期待ください。

★シンポジウム

茶陶苑

【プログラム】※予定。変更になる場合があります。
<第1部>
13:00~川越の木遣り(市指定文化財の作業歌)の公演
13:10~ 基調講演「人が自然の中で、人らしく生きるためには」
    大林宣彦JMRA会長(映画作家)

<第2部>
14:30~トークセッション
◇なぜ空家は貸し出されないのか―家を受け継ぐ仕組みづくり
  豊田善幸氏(NPO中之作プロジェクト主宰、一級建築士)
  なぜ空き家は不動産情報に出てこないのか。地方都市近郊の空き家活用と家を受け継ぐ仕組み。

◇浪漫だけじゃ暮らせない!築160年の民家で快適に暮らす
  高橋信博氏(JMRA会員)、高橋裕子氏
  千葉県の民家を再生・移住。暮らしながら学び、地域との関わりを深め見えてきたこと。

◇蔵の町・川越の光と影―伝建地区が抱える課題
  荒牧澄多氏(元川越市教育委員会 文化財担当、一級建築士)
  川越の町並み保存のキーパーソンが語る、これまでとこれから。

日時 11月11日(土)13:00~17:00
会場 茶陶苑(埼玉県川越市仲町2-6)
参加費 2,000円 ※事前申し込み、事前振り込みが必要です。
定員 130名 150名(このうち優待席35席。詳しくは→こちらをご覧ください。
締切日 10月31日(火)※締切日以降にキャンセルの場合は、キャンセル料が発生します。

★展示・体験コーナー(予定)

展示・体験

◇日本曳家協会展示
  民家を建っているまま曳いて移動させる曳家技術の展示。 
◇鬼瓦づくり体験
  ミニ鬼瓦の製作体験。 
◇組子体験
  組子コースターづくりや組子パズルに挑戦。(予定) 
◇民家再生無料相談会
  専門家ボランティアによる民家再生相談コーナー。 
◇民家再生事例のパネル展示

日にち 11月11日(土)10:00~16:00
会場 茶陶苑 前庭(埼玉県川越市仲町2-6)
参加費 実費
参加方法 お申込み不要です。当日直接会場までお越しください。体験コーナーなど参加者が多い場合には、お並びいただくことがあります。

★懇親会

蔵里

明治8年(1875年)に創業した旧鏡山酒造を再生した施設。明治・大正・昭和の時代に立てられた酒蔵の、おみやげ処(明治蔵)、まかない処(大正蔵)、くら市場(昭和蔵)の3つの蔵からなっています。(※おみやげ処は18:00まで。くら市場は19:00まで)
懇親会は大正蔵にて行われ、「第12回 民家再生奨励賞」の表彰式が予定されています。

日にち11月11日(土)18:30~20:30
会場小江戸 蔵里(産業観光館)(川越市新富町1丁目10−1)
参加費5,000円 ※事前申し込み、事前振り込みが必要です。
定員90名
締切日10月31日(火)※締切日以降にキャンセルの場合は、キャンセル料が発生します。

《NEW!》★オプショナルツアー ―川越蔵の会による「小江戸川越めぐり」―

川越めぐり イメージ

「今年は、オプショナルツアーやらないの?」というリクエストにお答えして、シンポジウムの翌日、11月12日(日)に開催決定!地元NPO「川越蔵の会」さんのナビゲートで、蔵の町川越の見どころを巡ります。

日にち11月12日(日)10:00~12:00
参加費1,000円 ※事前申し込み、事前振り込みが必要です。
定員30名(15名×2班 10名×3班に変更)
締切日10月31日(火)※締切日以降にキャンセルの場合は、キャンセル料が発生します。

★お申込みについて

参加者一名ごとに、参加希望の項目(「シンポジウム」「懇親会」「オプショナルツアー」)、氏名、会員番号、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、「民家フォーラムへ参加」と明記のうえ、JMRA事務局(FAX:03-5216-3542またはこちらのフォーム)へお申込みください。参加費は、締め切り日までに郵便振替でご送金ください。ご入金をいただいた方には、10月以降にチケットおよびご案内をお送りします。

お振込先 郵便振替:00190-0-396443 特定非営利活動法人 日本民家再生協会
  ※通信欄等に「民家フォーラム」とご記入ください。
  ※締切日までにご入金が無い場合には、キャンセル待ちの方へご連絡をさせていただきます。
締め切り 10月31日(火)
キャンセルの場合 キャンセルは、10月31日(火)までにご連絡ください。
10月31日(火)以降にキャンセルした場合は、キャンセル料をいただきます。
当日連絡先 090-9352-6647(事務局)

2017年11月11日 (土)

「民家フォーラム2017」シンポジウムを特別な席でご覧になりませんか?

11/11開催「JMRA設立20周年 民家フォーラム2017」応援金を募集
          ~シンポジウムを特別な席でご覧になりませんか?~

シンポジウム会場 認定NPO法人 日本民家再生協会(JMRA)は、今年9月で設立20周年を迎えます。
これを記念して、設立20周年「民家フォーラム2017」シンポジウムの基調講演はJMRA会長の大林宣彦氏にご登壇いただきます。
映画作家として全国を飛び回る多忙な大林会長の「民家への思い」を間近で聞くことができる数少ない機会でもあります。また、基調講演後のトークセッションも一番熱気が伝わってくる席です。ステージに近い席から35席分を優待席としてご用意し、設立20周年を応援していただけるよう「シンポジウム優待チケット付き応援金」を募集することとしました。
みなさまの応援、ご応募をぜひお願いいたします。
なお、優待チケットは、数に限りがあるため先着順とさせていただきます。ご了承ください。

★シンポジウム優待チケット付き応援金 一口 5,000円

会場イメージ 優待チケット席はステージ正面最前列より5列分(1列7席)の35席(座席指定はできません)。
※「シンポジウム優待チケット付き応援金」は、「寄付金」でなく「領収書」の発行となります。
※いただいた応援金は、シンポジウムの運営、ワークショップ(鬼瓦作成体験、組子体験など)の準備などに使わせていただきます。
「JMRA設立20周年 民家フォーラム」の成功に向けて、みなさまの応援をよろしくお願いいたします。

<申込先>
JMRA事務局(こちらのフォーム または、こちらのチラシ をご利用ください)まで、氏名、住所、電話番号、ファクス番号、メールアドレス、応援金申込数(5,000円/口)をお知らせください。受付け後、JMRA事務局より振り込み方法をご連絡いたします。

2017年9月23日 (土)

9/23(土)兵庫/建築史家と見学する竹中大工道具館【締め切りました】

竹中大工道具館は2014年秋、新神戸駅近くの竹中工務店ゆかりの地へと移転して、まもなく3年を迎えます。川崎市立日本民家園講座や情報誌『民家』にも寄稿いただいている建築史家 安田徹也さんが、木造建築の発達とともに歩んできた日本の大工道具の歴史を、実物・復元資料、迫力ある大型模型、うごく絵巻物等とともに、面白く、わかりやすく読み解きます。
(主催:民家の学校オープンスクール)

日時9月23日(土)解説付見学13:20~15:30(15:30~自由見学、閉館16:30)
場所竹中大工道具館(兵庫県神戸市中央区熊内町7丁目5)
集合13:00 JR山陽新幹線新神戸駅改札
参加費2,000円 、JMRA会員1,500円(入場料込)現地にて集金
募集人数20名 ※定員に達し次第締め切り
締切日9月13日(水)
申込先JMRA事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、をお知らせください。
当日連絡先090-5203-8948(瀬口)、090-3106-1614(三須)、080-9352-6647(飯沢)

2017年9月16日 (土)

9/16(土)栃木/足利市 空き家活用 田舎暮らし物件見学

意外だと思われるかも知れませんが、足利市は葡萄で頑張っている町なんです。世界的に有名となったCOCOワイン・葡萄を飼料に混ぜて育てたマール牛・昼間からほろ酔いのワイン祭りなどなど、大人の楽しみが満載。 足利銘仙糸商の家を見学、国宝鑁阿寺を横目に足利の裏路地見学、マール牛・足利ワインを食し、足利の田舎暮らし物件を見学します。 週末移住・季節移住・完全移住・引退後の人生の楽園。美味しい町「足利」を体験してください。
(主催:民家再生推進委員会)

日時9月16日(土)10:30~ ※雨天決行
集合10:30足利市営駐車場「たかうじくん広場」(足利市通2丁目2650隣)
日程10:30たかうじ君広場、集合説明10:40>10:55足利銘仙糸商の家見学・裏路地鑁阿寺周辺散策12:15>12:35ファーマーズカフェつちのか(昼食)13:35>13:55ココファームワイナリー見学14:35>14:55田舎暮らし物件見学・座談会16:25>16:35たかうじ君広場、16:40解散
参加費2,500 円、JMRA 会員1,500 円 ※現地移動費、昼食代別
募集人数12名 ※定員に達し次第締め切り
締切日9月11日(月)
申込先JMRA事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-3212-0513(新井)
特記・締め切り後のキャンセルは1,000円、当日キャンセルは全額をいただきます。
・現地での移動は各自で行っていただきます。電車で来場の方は事前にお知らせください。タクシーまたはレンタカーのご案内をいたします。
・運転をされる方には、ノンアルコールワインをご用意します。

2017年9月 9日 (土)

9/9(土)東京/日本橋川・神田川クルーズと 日本橋の歴史的建造物巡り【定員に達しました】

普段は見ることのできない、橋梁の裏側、分水路、川沿いの建物などをJMRAチャーター便で船上から見学します。日本橋船着場から出発し、日本橋川~隅田川~神田川~日本橋川~日本橋船着場に戻る90分のクルーズです。
歴史ある多くの名橋をくぐりながら観る建物の裏の顔、江戸城の石垣、お茶の水渓谷、隅田川から観る絶景のスカイツリーなど見どころ満載のコース。専門のガイドさんによる案内があります。 下船後は、ぶらぶらと近くの日本橋金融街に残る歴史的建造物を巡りながら、懇親会場の神田へと向かい、ここで解散となります。 
(主催:文化企画部会)

日本橋風景

日時9月9日(土)14:30〜 ※雨天中止
集合14:30 日本橋船着場(日本橋のたもと)中央区日本橋1丁目9番地先
<参考>東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」B6出口徒歩3分/東西線・都営浅草線「日本橋」B12出口徒歩5分
日程14:30集合~15:00出発~16:30着、その後建物巡り17:45解散、18:00懇親会
参加費5,000 円、JMRA 会員3,500 円
※当日現地にて集金、9月1日以降のキャンセルは、全額請求させていただきます。
※懇親会費は別途、5,000円程度予定(懇親会参加の方は同時にお申し込みください)
定員35 名 ※定員に達したため、催行決定しました!
※最小催行人数は30名。人数に達しない場合は中止とさせていただきますのでご了承ください。
締切日8月20日(日)
申込先JMRA事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、懇親会の参加希望をお知らせください。
当日連絡先090-8082-8167(新居)、090-8088-7999(安井)
特記・船には屋根がありませんので、雨天中止です。その際は、電話またはSMSでご連絡します。
・安全上、日傘は使えませんので帽子等をご用意ください。
・また、水辺は冷えますので、念のため防寒着のご用意もお願いたします。
・飲食持ち込み可。トイレ完備。

2017年8月27日 (日)

8/26(土)-27(日)栃木/再生中の古民家で漆喰塗りを体験しよう【締め切りました】

那須町高久乙で再生中の古民家で漆喰塗りのワークショップを開催します。専門家の指導のもと、1日目は下地処理、2日目は仕上塗りを行います。
(主催:国際交流部会)

Photo

日にち8月26日(土)~8月27日(日)
場所栃木県那須郡那須町高久乙
集合11:45 一軒茶屋セブンイレブン前駐車場
<交通手段参考>
1.バスタ新宿 那須温泉行き8:20発>一軒茶屋11:37着
2.東京駅 JR新幹線なすの255号9:16発>那須塩原駅10:26着/那須塩原駅 東野交通バス那須ロープウェイ行10:45発>一軒茶屋11:23着
日程26日>一軒茶屋周辺にて昼食/その後高久乙の家に移動/夕方まで 下地処理のワークショップ/終了後宿泊先に移動して温泉、夕食、宿泊
27日>朝食後高久乙の家に戻り 仕上塗りのワークショップ/15:00終了後解散
参加費3,500円 、JMRA 会員 2,500 現地にて集金
※現地までの交通費と食事代・宿泊代は各自でご負担お願いします。
※参加費にはイベント保険費が含まれます。
募集人数15名 ※定員に達し次第締め切り
締切日8月20日(日)
申込先JMRA事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください。
※保険加入のため氏名、住所、電話番号は参加者全員分お知らせください。
当日連絡先080-5039-4483(相子)、080-4865-1302(佐野)
宿泊について参加者には追ってご案内します。3、4人相部屋、夕食朝食付、5,750円程度。
持ち物汚れても良い服装

2017年8月23日 (水)

無印良品の募金券<対談記事が掲載されました>

2月24日(金)~8月23日(水)の期間、無印良品のネットストアにある「無印良品の募金券」のページより日本民家再生協会に寄附をいただけます。
「無印良品の募金券」は、「何かしたい」と思った時に、お買い物をするように気軽にネットストア上で寄附ができる仕組みです。
5月24日(水)からは、JMRA理事と良品計画社員さんとの対談記事が掲載されています。
ぜひ期間中「無印良品の募金券」のページを覗いてください!

「無印良品の募金券」
https://www.muji.net/store/cmdty/donation/0299657000000

募金券でつくれる未来
「第61回 日本民家再生協会×良品計画 民家と技術を次代に継承し、日本の住文化を守る。」
http://ryohin-keikaku.jp/csr/donation/dialog_061-01.html

2017年7月30日 (日)

7/30(日)東京/府中民家 結の家(岳陽洞) ―古民家でサマー・ミニコンサート

むさし民家の会は、府中市の民家を活用して「結の家(岳陽洞)学習塾」を発足させ、一昨年、昨年と「武蔵国歴史風土研究」講座を実施してしきましたが、今年度は、第1回目として、若干、趣向を変え、「ミニ・コンサート」を開催します。
「ミニ・コンサート」は、ギターとケーナの競演で、演歌、フォークソング、童謡、歌謡曲を即興で皆さまに聴いていただきます。とくに注目は、明治期に興った演歌の「ルーツのお話と演奏」です。非常に貴重なものですので、この機会をお見逃しなく、お気軽にご参加ください。
なお、武蔵国の歴史風土に興味のある方には、一昨年、昨年の「武蔵国歴史風土研究(その1、その2)」で纏めた「新編武蔵国歴史風土記(副題:むさし国人の物語)」の一部を、当日、希望者に配布しますので、申し出ください。
(主催:むさし民家の会)

塾長滝田淳一(JMRA友の会会員)
講座名武蔵国歴史風土研究(その3)
日時7月30日(日)14:30~16:30 
場所東京都府中市本宿町 結の家(岳陽洞)滝田邸
集合14:30 南武線西府駅改札口 ※時間厳守
日程14:30 南武線西府駅改札口に集合/14:45 結いの家(岳陽洞)着/15:00 結いの家(岳陽洞)にてミニ・コンサート(演奏者:<ギター>長尾敏博氏、<ケーナ>久保田真理子氏)/16:30 終了
参加費1,500円 、JMRA 会員 1,000円 現地にて集金
募集人数15名 ※定員に達し次第締め切り
締切日7月20日(木)
申込先むさし民家の会(FAX:042-207-5220)まで、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、JMRA会員の場合は会員番号を明記の上、お申し込み下さい。
当日連絡先042-207-5220(滝田)

7/30(日)福岡/九州民家塾「再生蔵見学会 in 志免
~江戸時代の技術と最新技術の融合~」

江戸末期の蔵を福井県から移築した建物の見学会を行います。遠赤外線を使って温度をコントロールする「光冷暖システム」を開発した会社のモデルルームとして建てられました。見学後、設計施工を担当した古民家蘇生工房の柳本隆彦氏(JMRA 登録事業者)が、建物について説明します。民家再生と最新の技術との組み合わせにも注目です。
終了後は、同町にある日本に現存する最大規模の竪坑櫓「旧志免鉱業所竪坑櫓」を訪ねるのもオススメです。
(主催:九州・沖縄地区運営委員会)

再生蔵モデルルーム

日時7月30日(日)10:30~12:00
場所福岡県糟屋郡志免町東公園台2丁目
集合現地集合 ※参加申込み者に地図送付
日程10:15~受付/10:30~見学.説明/12:00終了予定
参加費500円 ※学生無料
定員30名
締切日7月20日(木)
申込先JMRA九州沖縄地区事務局( minka2012_jmraqr@yahoo.co.jp またはFAX 0946-21-5077)に、イベント名、氏名、参加人数、参加費、当日つながる電話番号、FAX、E-mailをご連絡ください。
※事務局からの返信で申込完了となります。返信がない場合は、再度ご連絡ください。
連絡先080-3952-0646

2017年7月 2日 (日)

7/2(日)東京/火おこし講座〜古代発火法に挑戦〜【締め切りました】

東京都東久留米市にある民家「野崎邸」にて、古代発火法実践の第一人者、岩城正夫先生の指導によるキリモミ式火おこしを体験します。また、「火おこし検定」も実施しますので、是非挑戦して下さい。

★古代発火法を習得すると…
ユニークな特技として人に披露できる/原始人の気持ちが少しわかる/電気がこなくてもあわてなくてすむ/どこでも生きられる自信がつく/なによりも楽しい

Photo岩城正夫先生

~岩城正夫先生のプロフィール~
1930年東京生まれ。大学卒業後、中学教師、雑誌編集者、学会事務局員、高校教師などを経て大学教師に。2001年 和光大学名誉教授。古代発火法検定協会理事長

主な著作
「ある発明のはなし」「やってみなければわからない」「原始時代の発明発見物語」「原始技術史入門」「原始時代の火」「原始技術論」「セルフメイドの世界-私の歩んできた道」等多数。
(主催:民家の学校オープンスクール)


YouTube: 火おこし検定

日時7月2日(日)13:00~16:30頃 雨天決行
場所東京都東久留米市柳窪集落 野崎邸 *会場が個人邸の為、住所表示は控えさせていただきます
集合13:00 西武新宿線小平駅(改札前) *会場まではスタッフが誘導します。(徒歩約15分)
参加費1,500円、JMRA会員1,000円(別途道具代として2,000円)現地にて集金
※参加費にはイベント保険費が含まれます
持ち物木工用カッターナイフかクラフトナイフ、エンピツ、道具持帰り用袋(30cmのベニヤ板が入る)、飲み物(熱中症予防のため) 帽子、日焼け止め、虫除けスプレーなど適宜
募集人数30名 定員に達し次第締切
※ご家族参加歓迎ですが乳幼児を連れての参加はできません。小学4年生からご家族で参加できます。1人で参加できるのは中学生以上です。火を扱う講座のため危険を伴いますので充分気をつけてください。
締切日6月26日(月)
申込先JMRA事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加する全員の氏名、住所、電話番号、FAX番号、携帯電話番号、メールアドレスを記載願います。
当日連絡先渡久地(とぐち)090-1259-8617、三須(みす)090-3106-1614