イベント&お知らせ

2015年9月16日 (水)

【募集】第3回 情報誌『民家』表紙写真コンテスト作品募集

今年も情報誌『民家』の表紙写真コンテストを開催します。ふるってご参加くだ さい。

昨年の受賞作品は、民家92号(2015年1月1日発行号)の表紙になりました。
http://www.minka.or.jp/minka/2015/01/92151-a390.html

応募方法プリントした写真(A4または六切)の裏に氏名、住所、電話番号、メールアドレス、タイトル+説明、撮影地市町村まで)を記入し、JMRA事務局(〒102-0085東京都千代田区六番町1-1)までご郵送ください。
著作権作品の著作権は撮影者に帰属します。JMRAが2年間の優先使用権を保有します。
締め切り9月16日(水) 10月31日(土)延長しました
展示11月14日(土)開催「民家フォーラム2015 東京」で展示され、投票によって大賞が決まります。
特典大賞受賞者は『民家』1月1日発行号の表紙写真に掲載されます、その他の特典として、賞状、掲載誌10冊、『民家』への写真説明文の掲載などがあります。
注意事項撮影の際、許可が必要な場合はとってください。未発表、合成加工していないものに限ります。応募書類は返却しません。使用にあたって、補正補作する場合があります(トリミングなど)。

2014年8月 7日 (木)

8/7宮城/名取・水沢の古民家見学と仙台七夕まつり【終了しました】

宮城県名取市の古民家が介護施設建設のため取壊しが決定し、すでに敷地内の工事が開始されています。茅葺に鉄板が被されている明治時代の平屋の古民家ですが、内部は見事な欅の大黒柱や、重厚な梁組と土間の三和土がそのままで残されており、建具もほとんど原型を保っていて痛みの少ない貴重な民家です。母屋、納屋、土蔵の計三棟の解体が間もなく始まるため、至急移築再生の引き取り手を探しています。
また岩手県水沢の古民家は山林地主であった建主が材木をふんだんに使用した豪壮な母屋のほか、納屋と土蔵や門がありますが、土蔵は一部屋根と壁が落ちており移築再生は不可です。母屋は明治中期の建築で120年程度たっており、小屋梁は7段、大きさは6.5間X10間で土地付きの売却も可能です。 今回見学する民家は、解体が目前に迫っているため、移築再生のほか部材としても活用が可能な物件です。
ぜひこの民家を救うためご参加ください。
(主催:民家お助け隊、北海道・東北地区) )

140807miyagi
名取の母屋/水沢の母屋

 
日時8月7日(木)
集合10:45 東北本線館腰駅(仙台より5駅目)
<参考>東京からの参加の場合次の列車が便利です。
8:40東京発 はやぶさ7号 10:15仙台着、10:24仙台発 東北本線立石行 10:40館腰着
日程11:00名取民家見学/昼食後水沢へ移動(車に分乗)/15:00水沢民家見 学終了後仙台へ移動/仙台で解散、希望者は七夕まつり会場へご案内します。
参加費1,500円 JMRA会員1,000円(交通費は別途精算)
申込・問い合せ先090-7218-4888(民家お助け隊 田中)、090-7667-2771(北海道・東北 佐々木)

2012年2月22日 (水)

宮城/東日本大震災の現地・石巻と「みやぎの明治村」(登米)を訪ねるツアー【定員に達しました】

被災地はまだまだ厳しい状況が続いていますが、復興に向けて地元のみなさんはスタートを切っています。今回は、実際にご自宅を津波で流されるという被害にあわれた石巻のJMRA会員佐々木文彦さんのご協力で、被災地の石巻を訪ねます。私たちがこの災害を忘れないという意味で見学をしておきたいし、観光を含め現地を訪ねることは現地の人たちの励ましになると考え、企画しました

Dsc_0229_edited Dsc_0199_3

大室漁港                                  白浜復興住宅

日程は2日間。初日は仙台駅に集合し、貸切バスにて石巻市街地と同市北上町沿岸部の状況を見学します。工学院大学が募金事業で建設した木造の復興住宅も見学し、現地の方々からお話をうかがいます。その後は、地元の追分温泉へ。ひなびた温泉に浸り、評判の海鮮料理をいただきながらの懇親会。翌日は「みやぎの明治村」といわれる登米市に移動し、蔵造りの町並みや擬洋風建築の旧登米小学校などを見学します。

日時4月14日(土)-15日(日)雨天決行
場所宮城県石巻市、登米市
集合JR仙台駅新幹線改札口 9:50
〈参考)東京発7:36やまびこ125号→仙台着9:41 東京発7:56はやて103号→仙台着9:37
内容14日:JR仙台駅→石巻市街地→道の駅上品の郷(昼食)→大川小学校周辺→ 
白浜復興住宅(被災体験、復興計画など)→大室漁港→相川漁港→相川運動公園仮設住宅(仮設の暮らしなど)→佐々木文彦さんの住宅跡→追分温泉(懇親会、泊まり、TEL 0225-67-3209)
15日:登米市内見学(蔵造りの商家の町並み、旧登米高等尋常小学校など)→うなぎの東海亭(昼食)→JR仙台駅(15:30到着予定、解散
参加費18,000円 会員17,000円(1泊2食料金、バス代を含む。2回の昼食代は各自負担)
申し込みと同時に参加費を下記に振り込んでください。なお、4月6日以降のキャンセルは返金できません。
[郵便振込]口座番号:00190-0-396443 加入者:特定非営利活動法人 日本民家再生協
募集人員・締切24名 4月6日(金) 定員に達し次第締切定員に達しました。
問合せ・申込先本部事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段、)
当日連絡先090-1126-6028(公文)、090-3235-1446(清沢)
特記事項現地では貸切バスの移動となります。宿泊は男女別の相部屋となります。