イベント&お知らせ

2016年6月 4日 (土)

6/4(土)静岡/重要文化財の茅葺き民家「友田家住宅」を訪ね、かまどで昼食をつくり楽しむ【締め切りました】

友田家住宅は江戸中期築の古い農家です。掛川市の北、森に囲まれた森町の、その山間部にあり、周囲の景色も素晴らしい場所です。当日は、友田家住宅の歴史や保存維持の苦労などについてお話を伺います。重要文化財としては珍しくかまどを使えるので、「同じかまどの飯」を楽しみましょう。引く手あまたの森町産トウモロコシも食卓に。
森町は「遠州の小京都」とも呼ばれ、「雨宮神社」など社寺が多く、またかつての塩の道の街道沿いには町屋や蔵が散見されます。時間があれば行き帰りに立ち寄りましょう。
(民家まちづくり部会)

Photo 友田家住宅

日時6月4日(土)10:30~13:00 雨天決行
場所静岡県周智郡森町亀久保336番地 重要文化財 友田家住宅
集合JR静岡駅南口9:10集合
参加費4,500円 JMRA会員4,000円(見学・利用料、昼食費を含む) 現地にて集金
募集人数15名 定員に達し次第締切
締切日5月23日(月)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください。
当日連絡先090-3235-1446(清沢)、090-3155-6441(松永)

2013年4月20日 (土)

静岡/天然林の中を歩いてみよう【終了しました】

天然林とは、人の手を借りずにできあがった森林のことです(天然林に対し、人間が杉や桧を育てている森林のことを人工林と言います)。地元の林業家に案内して頂きながら、標高1000mあたりから1700mあたりまでを歩き、天然林のなかでもほとんど人の手が入っていない奥山を目指します。樹齢数百年のブナをはじめとする様々な広葉樹を観て、林業家の解説を聞きながら新緑の山を1日かけて歩き、天然林の中に満ちているエネルギーを感じてみてください。

Photo_2
↑クリックすると動画に飛びます。

日時4月20日(土)8:00~19:00(予定)雨天中止(小雨なら決行)
場所静岡市葵区梅ヶ島
集合 8:00 JR 静岡駅(集合場所から登山口まで車で約1時間半移動します)
参加費4,000円 会員3,500円 現地にて集金 ※ 静岡駅から登山口までの移動費用や保険代も含みます
募集定員25名 締切3月29日(金)定員に達し次第締切
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、電話、ファクス、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-9545-5135(佐藤)
連絡事項山道を歩きますが、安全なコースを選んでいますので、専門的な装備は不要です。昼食と飲み物は各自持参して下さい。小さなお子様はご遠慮下さい。中学生以上の方に限定させて頂きます。当日は、念のために携帯用トイレなども準備する予定ですが、経験者のお話によると、山を歩いている最中は発汗するためかトイレに行きたくなることは少ないようです。道中に梅ヶ島温泉という温泉街もあります。ツアーとしては日帰りの計画ですが、そこで1泊して頂くことも可能です。

2011年3月 5日 (土)

静岡/鏝絵の長八となまこ壁の町・伊豆松崎を訪ねる(終了)

松崎町は、鏝絵の創始者とも言われる「伊豆の長八」の生まれ故郷であり、なまこ壁の町並みでも知られています。長八は江戸から明治にかけて活躍しましたが、東京にあった作品の多くは関東大震災で失われ、伊豆に残るものが今、その偉業を伝えています。 1日目は、長八の作品をたっぷりご覧いただきます。長八美術館(設計・石山修武)は左官技術の粋を結集した評価の高い建築で、長八の代表作品約50点を展示しています。岩科(いわしな)学校は明治の擬洋風建築で、千羽鶴の漆喰壁などが見られます。長八記念館には、有名な龍の天井画などがあります。また、宿泊する山光荘(温泉あり)には、長八が手がけた座敷蔵があります。 2日目は、地元の案内でなまこ壁の町並みを巡ります。解散後は、各自、堂ヶ島、黄金崎、恋人岬など早春の西伊豆を楽しんでください。

_edited_2
浄感寺の長八の彫り物
Photo_4
岩科学校
Photo_6
なまこ通り
Photo_7
恋人岬からの眺め
日時3月5日(土)・6日(日)
場所静岡県賀茂郡松崎町
場所長八の宿 山光荘(宿泊の旅館)12:30
〈参考〉JR東京発8:56(こだま641号)→三島着9:54 乗換 三島駅発10:15(西伊豆特急バス)→長八美術館着12:25→山光荘(徒歩3分)
内容1日目、山光荘にて昼食後、長八美術館、岩科学校、長八記念館(浄感寺)を見学。山光荘にて夕食懇親会。
2日目、まちづくりの勉強会の後、なまこ壁の町並みを見学。11:00解散後、自由行動。
参加費宿泊参加16,000円(会員15,000円。宿泊費、1日目の昼夕食・2日目の朝食代、入館料を含む) 1日目のみ参加4,500円(会員4,000円。1日目の昼食代、入館料を含む)
*宿泊参加者は、申込と同時に下記へ参加費をお振込ください。通信欄には「松崎イベント」とご記入ください。なお、3月1日以降のキャンセルは返金できません。
[郵便振込]口座番号:00190-0-396443 加入者:特定非営利活動法人 日本民家再生協会
1日目のみ参加者は、当日現地にて集金。
*1日目の現地での路線バス代(長八美術館→岩科学校の往復バス代400円)は各自ご負担ください。
募集人員・締切日宿泊参加20名、1日目のみ参加10名。2月15日(火)締切 *定員に達し次第締切
問合せ・申込先JMRA事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先090-1126-6028(公文),090-3235-1446(清沢)
特記車での移動となりますので、車で参加される方は同乗をお願いする場合があります。申込時には必ず交通手段をご記入ください。宿泊は、男女別の相部屋となります。
企画民家まちづくり部会