イベント&お知らせ

2017年5月 7日 (日)

5/7(日)千葉/さとやまエコライフと民家の見学会

房総半島鴨川の築150年超のさとやま古民家を現地再生した加藤邸(憬月荘)と、神向寺邸の見学会です。
加藤邸では、井戸水の自然浄化システム、コンポストトイレなどの水回り処理法について解説とデモ、(時間に余裕があれば)現在再生中の障子張り、その他小作業のお手伝いを予定しています。神向寺邸は更地から現代風の小屋をセルフビルドで設計建築、ご自分が栽培収穫した小麦からフランスパンを焼くなど、自然と共存した田舎暮らしを満喫されています。
お二人の自然と共生したライフスタイルを体感して一緒に楽しんでみませんか。
(主催:民家お助け隊)

開催日5月7日(日)
集合11:00道の駅「みんなみの里」(千葉県鴨川市宮山1696)
http://minnami.com/about/access/
日程11:00「みんなみの里」集合。/13:00加藤邸にて昼食/15:30さとやま生活再現への水回り処理説明デモ。井戸水浄化システム、自然浄化槽トイレシステム。時間の余裕があれば、焚火料理、薪焚き付け作り、障子紙張り実習/16:00神向寺さん宅見学。自然共生型ライフスタイルの説明。/17:00現地解散
参加費1,500円、JMRA会員1,000円 現地にて集金
申込締切日5月4日(木)
申込先JMRA民家お助け隊(jmra.otasuketai@gmail.com)に、氏名、携帯番号、メールアドレス、交通手段(車・電車)をご連絡ください。
※電車の方には追って、駅から集合場所までの移動についてご連絡いたします。
持ち物昼食を持参。(「みんなみの里」でお弁当販売があります)
連絡先090-6477-4810(西本)、080-5426-4980(松前)

2017年1月22日 (日)

1/22(日)千葉/古民家改修完成お披露目見学会(菜食の昼食付き)【定員に達しました】

約一年半にわたり改修を行ってきた築150年の房総民家のお披露目見学会を行います。古民家改修の経緯をスライドを使って説明し、オーナーが実地で皆様のご質問に答えます。地域の野菜を使った菜食の昼食付きです。外国の方には英語による解説も行います。
(主催:国際交流部会)

千葉の民家

日時1月22日(日)11:30~15:30 
場所千葉県長生郡長南町の古民家
集合高速バス利用の方は市原鶴舞バスターミナル下車(東京駅八重洲口京成バス2番乗り場より10:00発勝浦安房小湊駅行きに乗車)
自家用車利用の方は現地集合11:20
※ 申し込みの際に交通手段をお知らせ下さい。現地までの行き方・地図をお送りします。
募集人数15名 ※定員に達し次第締め切り
参加費3,500円 、JMRA 会員 3,000円(昼食代込)現地にて集金 
締切日1月13日(金)
申込先本部事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレス、当日の交通手段をお知らせください。
当日連絡先080-5042-6509(高橋)、090-5203-8948(瀬口)

2016年12月 1日 (木)

12/1(木)千葉/民家再生現場見学-連続講座第3回【締め切りました】

今年度の技術部会は民家再生工事中の現場に出て設計者・施工者から直接話を伺う連続講座を企画しました。第3回は千葉市内の築143年の現地再生現場です。第1回目の見学会では工事中の様子をご覧いただきました。今回はどのような形で完成したかを見学します。設計・施工で工夫したこと、苦労したこと等、話を伺いながら実例をご覧ください。
(設計:西本建築事務所、施工:保川建設、主催:民家再生技術部会)

現場見学会

日時12月1日(木)13:30~15:30
集合13:00 JR外房線快速「誉田駅」改札口
<交通案内>12:02東京駅(京葉線ホーム)JR外房線快速>12:57誉田
日程受付13:00/駅前出発13:10/現地終了15:30予定
※13:10出発後の到着は参加できない可能性がありますのでご注意ください。
参加費3,000円、JMRA会員2,000円(資料代込)現地にて集金
募集人数15名 ※定員に達し次第締切
締切11月24日(木)
申込先本部事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、当日連絡可能な電話番号、FAXで申込みの場合はFAX番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-1422-0169(西本)

2016年6月16日 (木)

6/16千葉/民家再生現場見学 連続講座第1回【定員に達しました】

今年度の技術部会は、民家再生工事中の現場に出て、設計者・施工者から直接話を伺う連続講座を企画しました。
第1回は千葉市内の築143年の現地再生現場です。軸組状況、および、茅葺から瓦への葺き替え工事の様子を見学します。小屋組の組み替え方法や、壁量計算について等、話を伺いながら実例をご覧ください。
(設計:西本建築事務所、施工:保川建設、主催:民家再生技術部会)

日時6月16日(木)13:30-15:30
集合13:00 JR外房線「誉田駅」改札口
日程受付13:00/駅前出発13:10/現地終了15:30予定
※13:10出発後に到着の場合はご参加いただけない場合があります。
参加費3,000円、JMRA会員2,000円(資料代込み)現地にて集金
募集人数15名 定員に達し次第締切
締切日6月13日(月)
交通案内12:02東京駅(京葉線ホーム)JR外房線快速>12:57誉田
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、当日連絡可能な電話番号、FAXで申込みの場合はFAX番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-1422-0169(西本)

2016年4月23日 (土)

4/23(土)千葉/再生蔵見学会【終了しました】

長野県にあった建て主さんのご実家の蔵を移築再生しました。
明治時代に創建された蔵本体に玄関と和室を増築し、延床面積約24坪の建物です。創建当時の雰囲気をなるべく残すよう、蔵戸、障子、電気配線のガイシ等を再 使用しました。
(設計:一級建築士事務所WHAT、施工:保川建設、主催:民家再生推進委員会)

Photo

日時4月23日(土)14:00~
集合14:00 JR総武線「都賀駅」改札口
※都賀駅はJR千葉駅より各駅停車で二つ目、快速線で一つ目です。現場は駅より徒歩約10分です。
参加費1,500円、JMRA会員500円 現地にて集金
締切日4月21日(木)※好評の場合は早めに締め切ることがあります。
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
特記工事の進捗状況により日程を変更する場合があります。その際はご連絡いたしますので、申し込み時に連絡先(電話番号等)をお教えください。担当者より連絡がない場合は予定通り4月23日(土)に開催いたします。

2015年9月19日 (土)

9/19 千葉/民家改修見学会「三和土と竹小舞&荒壁」

幕末より150年の間、人々の暮らしを見守り続けた民家が只今改修の最中にあり、民家の三和土と土壁はこうして造られたという本来の手法を実践しています。つきましては改修途中の見学会を開催しますので、奮ってお申し込みください。外国の方には英語による解説も行います。
(主催:国際交流部会)

8f7a7557


日時9月19日(土)11:30-16:00
場所千葉県長生郡長南町の民家
集合集合場所は交通手段により異なります。お申し込みの際に交通手段をお知らせ下さい。自家用車でお越しの方には地図をお送りします。
<高速バス利用の場合>11:15 市原鶴舞バスターミナル集合(東京駅八重洲口京成バス2番乗り場より10:00発勝浦安房小湊駅行きに乗車)
<自家用車利用の場合>11:30 現地
参加費2,500円 JMRA 会員 2,000円 現地にて集金
持ち物昼食、軍手 ※汚れても良い服装でおこしください。
募集人数15名 定員に達し次第締切
締切日9月14日(月)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください。
当日連絡先080-5042-6509(高橋)、090-5203-8948(瀬口)

2015年4月 5日 (日)

よみうりカルチャー「訪ねて楽しむ古民家の魅力」

 今年も日本民家再生協会(JMRA)が、よみうりカルチャーの講座「訪ねて楽しむ古民家の魅力」を担当します。
 日本古来の古民家や再生された住宅を実際に訪ねて、空き家問題からリノベーションまで、日本の家と住まいについて幅広く考えます。
 古民家での暮らしに興味を感じている方、住んでみたい方、また実家の活用法を考えている方々などに、数多くの民家の再生に携わっている講師陣ならではの切り口で、普段なかなか入ることのできない建物内部の入場や再生民家を訪ね、歴史や伝統技術を体感していただきながら日本の住まいの魅力をご紹介します。
 知識があると、旅先での古民家ウオッチングもぐんと楽しくなります。体験を踏まえた古民家暮らしのためのノウハウなど具体的なお話もたっぷり聞けるクラスです。
 今回は移築再生した蔵での「民具を使ったものづくり体験」を予定しています。

【日時】4/5、5/10、6/7、7/5(4回) 13:00-15:00

詳しくは、よみうりカルチャー京葉のホームページをご覧ください。↓

よみうりカルチャー京葉
http://www.ync.ne.jp/keiyo/

訪ねて楽しむ古民家の魅力
http://www.ync.ne.jp/keiyo/kouza/201504-08811410.htm

2015年2月28日 (土)

2/28(土)千葉/食と古民家【定員に達しました】

千葉県の古民家で、季節の恵み「蕗の薹(ふきのとう)」を味わったり、摘みたてを蕗味噌にする調理体験をします。外国の方大歓迎です。
(主催:国際交流部会)

8f7a7557

日時2 月28 日(土)11:30~16:30
場所千葉県長生郡長南町の古民家
集合11:15 市原鶴舞バスターミナル(東京駅より高速バス有り)。
※申し込みの際に交通手段をお知らせ下さい。
日程12:00-13:30ランチ/13:30-15:00蕗の薹摘み、お土産用の蕗味噌調理体験/15:00-16:30 民家の説明と交流会
※内容は一部変更になる場合があります。
参加費5,500 円、 JMRA会員 4,500 円(予定)現地にて集金
※食事、お土産代を含みます。
募集人数15 名 定員に達し次第締切
締切日2 月12 日(木)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先080-5042-6509(高橋)、090-5203-8948(瀬口)

2013年10月26日 (土)

10/26-27開催「民家フォーラム 千葉 2013」

Photo_5 今年で16回目となる民家フォーラムは、「民家の魅力 再発見!!」をテーマに千葉県で開催します。房総の民家を集めた屋外型体験博物館「房総のむら」を会場にして、場内各所でイベントがおこなわれます。懇親会場は、門前町の成田、オプショナルツアーは、重伝建地区の佐原です。みなさまお誘いあわせのうえ、ぜひ千葉においで下さい!

■10月26日(土)~10月27日(日) 9:00~16:00
  会場:千葉県立房総のむら 参加パスポート1,000円 、子ども(小中学生)500円 *入場料込

※当日パスポートも販売します。

Photo_9
※曳家実演・模擬上棟は、台風のため中止となりました。

◆開会式 (26日(土)10:30~ おまつり広場) 千葉県のPRキャラクターチーバくんも参加予定!

◆「民家クイズ」スタンプラリー 会場全体で随時開催)
会場全体を使って民家クイズに挑戦!スタンプを全部集めたら景品がもらえます。

◆移築蔵の曳家実演、模擬上棟(11:30~ おまつり広場)
千葉県内から移築した本物の蔵を使って、曳家実演をします。 ※曳家実演につきましては、台風のため中止となりました。

★蔵の解体移築の様子は→こちらをご覧ください。
※会場内でフォーラムのパスポートを見せると、わたあめや風船がもらえる特典が受けられます。※わたあめ、風船の配布は台風のため中止となりました。

◆左官実演、左官体験(10:00~ おまつり広場)
千葉県左官業組合による実演。土壁塗りの体験もできます。 ※フォーラムのパスポートを見せた方は無料で体験可能です。

◆民家再生事例、第8回民家再生奨励賞受賞作品 パネル展示

◆民家再生無料相談(おまつり広場で随時開催)
千葉県内及び近県の「民家再生奨励賞」受賞者による、無料の民家再生相談を実施します。

※内容は一部変更の可能性があります。

■懇親会 10月26日(土)18:00~20:00 ※どなたでもご参加いただけます。

懇親会は、市川團十郎の屋号「成田屋」の由来となっている「成田山新勝寺」の参道にそびえる木造4階建ての元旅館「大野屋」で行われます。「登録文化財」となっているこの建物の3階には能舞台を備えた約100畳の大広間があり、こちらが懇親会場となります。懇親会の前にはお店の方の案内で通常見学できない内部を見学させて頂きます。

場所成田大野屋(千葉県成田市仲町371 TEL:0476-22-0007) URL: http://www.ryokan-oonoya.com
参加費8,000円(飲み放題) ※内部の見学は、会場の都合で時間を区切って行われます。詳細は、お申込みの方に9月下旬ごろからお知らせします。
定員200名 定員に達し次第締切
締め切り10月6日(日)※直前のキャンセルは、料金が発生する場合があります。

■オプショナルツアー「佐原の町並みめぐり」 10月27日(日)10:30~16:30

1_4関東で初めて重伝建地区に選定された佐原は、かつて水運を利用して「江戸優り(えどまさり)」といわれるほど栄えていた町です。現在もその面影を残し、昔からの家業を今も受け継いで営業を続けている商家が多く、地元の方々の努力も実り「生きている町並み」として評価を受けています。このツアーでは、普段公開されていない与倉屋大土蔵(250坪)も見学させていただき、一昨年の震災から復興しつつある町並みをガイドツアーでめぐります。

場所千葉県香取市佐原
集合10:10 JR佐原駅南口改札(参考)JR成田9:39~JR佐原10:09(JR成田線・銚子行)
参加費1,000円 ※昼食代は含みません。各自お好きなお店で食事をお願いします。(当日パンフレットでお店をご紹介します。)
定員100名 定員に達し次第締切

■「民家フォーラム千葉2013」お申込みについて

本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、氏名、住所、電話、ファクス、メールアドレスをお知らせください。その際必ず「フォーラム」または「フォーラム オプショナルツアー」、「懇親会」に参加、等とご記入ください。各種参加費は、申込と同時に郵便振替でご送金ください(郵便振替:「00190-0-396443日本民家再生協会」振込用紙に「フォーラム」と記入。また、振込人欄には、必ず氏名、連絡先をご記入ください)。9月下旬からチケットおよびご案内をお送りします。

■「民家フォーラム千葉2013」チラシ(申込用紙つき)
こちらからダウンロードできます。→20130822.pdfをダウンロード

■プレイベント「魅力発見!!千葉さんぽ」を開催中!


第1回 久留里の町並み&酒蔵探訪(終了しました) →詳細はこちら
第2回 「魅力再発見!!千葉さんぽ」in 長生(終了しました) →詳細はこちら
第3回 「魅力再発見!!千葉さんぽ」in館山(終了しました) →詳細はこちら
第4回 「魅力再発見!!千葉さんぽ」in鋸山採石場(終了しました)→当日の様子は、こちら
第5回 シンポジウム「房総民家の魅力 再発見!!」 →詳細はこちら

■民家フォーラム 千葉 2013 実行委員会


1/26 実行委員会の様子は →こちら
2/16 実行委員会の様子は →こちら
4/20 実行委員会の様子は →こちら
5/18 実行委員会の様子は →こちら
7/6 実行委員会の様子は →こちら

2013年10月25日 (金)

7月-9月千葉/蔵移築・再生プロジェクトへ募金をお願いします

築100年の蔵をボランティアの手で解体・再生するプロジェクト「蔵解体・再生プロジェクト」。このプロジェクトは、たくさんのボランティアによって支えられる予定ですが、いくつかの工程で多くの機材やプロの力が必要となります。これらの費用のために、みなさまの寄付をお願いいたします。
目標金額は、蔵解体に掛かる150万円です。3,000円からの寄付を募集いたしますので、どうぞご協力をよろしくお願いいたします。
★150万円以上集まった場合には、民家フォーラムの、その他の企画のために使用させていただきます。
★ご寄附いただいた金額は、協会ホームページで随時ご報告いたします。
Kurahirano_3
蔵解体・再生イメージ図(『民家』編集担当平野さん作)

蔵解体作業の様子

【第1回】7/6調査→こちらをご覧ください。
【第2回】7/15解体作業→こちらをご覧ください。
【第4回】9/21瓦おろし→こちらをご覧ください。
※ 10/26、27のフォーラム会場でのお披露目と曳家は、台風の接近により中止となりました。

寄付の振込先など

150万円内訳現場監督費用、プロ解体人工代、足場代(解体時、会場での組立時)、組立のための加工代、土台再建代、運賃。(廃材処分費等は含んでいません。今回はボランティアに多く頼るため、実際の解体費とは大きく異なります。
振込先 郵便振替:00190-0-396443 日本民家再生協会
銀行振込:みずほ銀行 麹町支店 普通預金№1783193
※お振込の際、通信欄などに「フォーラムへの寄付」とご記入ください。