イベント&お知らせ

2015年7月25日 (土)

7/25 長野/須坂市「近代化産業遺産の町並み見学
~商家、蔵の再生と活用、まちづくり」

明治から昭和にかけて製糸の町として栄えた長野県須坂町。須坂市は長野県北東部に位置しリンゴや巨峰の果物名産地でもあります。町には名前のついた小路や産業の主要な通りに多くの蔵や商家が残っています。移築再生された3階建て繭蔵やゲストハウスとして活用されている蔵、醸造元である塩谷醸造(文化財)や創業元治元年(1864年)の遠藤酒造など歴史と食文化を交えて町並みを巡ります。近代化産業遺産として現在も活用されて残っている蔵の町並み見学です。梅雨明け頃、清々しい信州長野の町歩きを楽しみませんか。
(主催:民家まちづくり部会)

Smachi007

 
日時7月25日(土)雨天決行
場所長野県須坂市
集合10:50 長野電鉄長野線 須坂駅 改札
参加費2,500円、JMRA会員2,000円 現地にて集金(昼食代別途)
募集人数20名 定員に達し次第締切
締切日7月15日(水)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先080-9352-6647(山田)、090-1126-6028(公文)
特記昼食会場はそば屋を予定しておりますが、丼物等多数ありますので当日現地にて自由に注文できます。また、15:00にタクシー乗り場で一旦解散いたします。その後、田中本家博物館へ見学される方は案内の対応をいたします(徒歩でも行けます)。なお、田中本家博物館は入館料として大人750円が別途必要です。

2012年11月24日 (土)

長野/晩秋の小谷村散策とセルフビルド体験【終了しました】

小川村と長野市のセルフビルドでスローライフを楽しむ仲間を訪ねます。宿泊は白馬村の茅葺民宿「マル七」さんに宿泊し交流を深めます。翌日は冬も近い晩秋の小谷村を散策します。

日時11月24日(土)10:00-25日(日)15:30
集合24日10:00 上水内郡小川村役場庁舎駐車場 25日9:45 白馬駅
参加費1,000円×2日 会員500円×2日 現地で集金 宿泊代6,500円(2食)
内容1日目 小川村河辺邸建設地へ車で移動、セルフビルド見学と応援/昼食は村内郷土料理(実費)/長野市七二会のセルフビルダー大塚邸へ。セルフビルドで改修中の民家と蔵を見学と応援-16:00/宿泊先の民宿マル七さんへ17:00着
2日目 小谷村へ車で移動、案内人による村内散策。民家バンク登録建物(登録番号A-120901)見学、ゲストハウス「梢の雪」他訪問。村内で昼食(実費)/白馬駅にて解散15:30 ※天候等により内容変更有
募集定員10名 締切11月17日(土)定員に達し次第締切
問合せ・申込先信州民家の会 sekkei@takagi-kk.co.jp 電話090-8329-2890
当日連絡先090-8329-2890(峯村)
特記1日目、汚れてもよい服装、靴をお持ちください。案内図をご希望の方にはお送りします。

2012年11月17日 (土)

長野/栄村「あんぼの家」お披露目会【終了しました】

長野県北部地震にて被災した民家「あんぼの家」。信州民家の会で修復支援をしてきましたが、このたび完成となり、お披露目会を開催することになりました。あんぼをはじめ、むらの郷土食を召し上がっていただけます。

日時11月17日(土)12:00-14:00
集合11:30 栄村青倉公民館
参加費無料
募集定員12名
問合せ・申込先sekkei@takagi-kk.co.jp 電話090-8329-2890
当日連絡先090-8329-2890(峯村)

2012年11月 3日 (土)

長野/安曇野あきいろさんぽ【終了しました】

安曇野スタイルと安曇野の秋の景色を味わいながら、ゆったり楽しい時間を過ごしましょう。
古民家ギャラリーを中心に、クラフト作家の作品を鑑賞したり、自分も作家になったつもりでものつくりを楽しんだり、古民家大好きな仲間たちと時にはじっくり語り合う。
日帰り参加、宿泊参加、どちらでもOK!自由に秋の安曇野を楽しんでください。

日時11月3日(土)10:00-4日(日)11:00 雨天決行
場所長野県安曇野市内
集合10:00安曇野IC出てすぐ、スワンガーデン内駐車場モンベルクラブ前
内容・参加費◆1日目 安曇野スタイル見学/そば打ち体験(1,000円)/和物アンティークめきき大会/すいとん鍋パーティ(500円) ◆2日目 ものつくり体験「おかもち」「クリスマスリース」(それぞれ1,000円)※格安宿泊所(3,000円)も用意があります(人数に限りあり)。
募集定員20名 締切10月26日(金)定員に達し次第締切
申込信州民家の会事務局(担当:内川 info@kobayashi-k.net 電話・ファクス0263-50-9502)に、氏名、電話、ファクス、メールアドレス、希望される内容(そば打ち体験等)をお知らせください。
当日連絡先090-9660-3682(内川)

2012年7月26日 (木)

長野/「渡辺桐子さんの生き方・ここだけの話」&八ヶ岳の民家を巡る旅【締め切りました】

都市から田舎の民家に移り住んでいる人のもとを訪ね、その楽しさや苦労、民家に住む秘訣など「ここだけの話」を聞く、文化企画部会の新企画です。記念すべき第1回は、愛犬のために横浜市から長野県南佐久郡川上村に移住した実業家かつ百姓という渡辺桐子さん(73才)を訪ねます。

川上村は四方に山々が連なる秩父多摩甲斐国立公園の一角を占め、標高1200mの高原に広がる自然豊かな村です。この村は川上犬(純粋日本原種・県天然記念物)と高原レタスの産地として全国的に有名です。縁あり川上村と川上犬とに出会った桐子さんは、1998年(平成10年)自ら探し求めて福島南会津にあった築120年の茅葺き曲り家をこの地に移築再生します。かつては馬との共同生活の場であった曲り屋を愛犬との生活の場としたのです。敷地は2000坪、後背地の岩肌を刀で削ぎ落としたような山脈と茅葺き古民家、そして庭とが一体となって素晴らしい雰囲気を醸し出しています。

一方、日本一のレタス産地である川上村に住み始めた桐子さんは、価格調整で大量に廃棄されるレタスを見て持ち前の「もったいない精神」をもたげ、レタス健康ジュースやレタス漬け物を開発・商品化するなど起業家としての手腕を発揮、地域との交流や村の発展にも尽力をそそいできました。現在は自ら出資・企画した宮澤賢治原作アニメーション映画「グスコーブドリの伝記」のプロモーションで全国を飛び回っています。また、瀬戸内寂聴さん等とも長年にわたり親交するなど実に多才でパワフルな魅力にあふれた女性です。

このような渡辺さんから民家に住む楽しさや秘訣、苦労話そして人生観など「桐子さんの生き方・ここだけの話」を、茅葺き古民家に身を置きながらじっくり聞かせていただきます。なお、ご自宅は一般見学できませんので、この機会に是非ご参加ください。

2日目は、八ヶ岳の古民家やJMRA会員の再生民家を見学、昼食は『民家』81号で紹介された「草至庵」を予定しています。

※アニメーション映画「グスコーブドリの伝記」は7月7日全国ロードショーされます。この映画は、自然と共に生き、人を想うことの素晴らしさをテーマにしたもので、自ら実践する渡辺桐子さんの人生感そのものを表現しているともいえる映画です。機会がありましたら是非ご覧ください。

※宿泊予定のせせらぎの里・町田市自然休暇村は、標高1500mの秩父多摩甲斐国立公園内に位置し、周囲を唐松・白樺などにおおわれ、千曲川源流・梓川が流れる広大な敷地内にあります。豊かな自然の中でゆったりとご滞在ください。

日時7月26日(木)-27日(金)雨天決行
場所長野県南佐久郡川上村、八ヶ岳周辺
集合・日程26日12:00森の交流館(川上村林業総合センター)集合、川上犬鑑賞、昼食→渡辺邸→せせらぎの里 町田市自然休暇村 宿泊 27日9:30出発→八ヶ岳の民家見学
参加費14,000円 会員12,000円 ※イベント参加費、宿泊代(1泊2食)。飲み物代・昼食は別途実費。
※申し込みと同時に下記へ参加費をお振り込みください。
郵便振替00190-0-396443日本民家再生協会 振込用紙に「ここだけの話」と記入。
7月19日以降はキャンセル料が発生します。
都内からレンタカー乗合を希望される方は、参加費に6,000円を追加して(会員外20,000円、会員18,000円)お振り込みください。
募集定員35名 締切7月17日(火)定員に達し次第締切
問合せ・申込先本部事務局(info@minka.jpまたはファクス03-5216-3542に、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先080-6510-3510(長谷川)、090-7171-3284(佐々木)
特記人数に余裕がある場合は、渡辺邸見学のみの参加を受け入れます(締切日以降に決定)。参加費3,000円 会員2,000円 現地にて集金

2011年11月 5日 (土)

長野/民家フォーラム2011 in 信州

Dsc_0110_edited_4 豊かな自然と文化が息づく信州安曇野が、今年の民家フォーラム開催地です。信州から全国へ、「人々の暮らし」を発信したいと思います。皆さんにお会いできることを楽しみにしております(JMRA信州民家の会より)。
「民家フォーラム」は、今年で14回目を迎えます。南北に長い長野県の中央部からやや北西よりに位置する安曇野市は、北アルプスから流れる清流でわさびが育ちます。のどかな田園風景の中に道祖神が佇む風光明媚なこの地域では、特徴的な「本棟造り」の家々が、人々の暮らしを支えています。
民家フォーラムでは、民家の上棟、曳家の実演や民家再生相談、美術・写真展を はじめとして、さまざまな催しがあり、書道ガールズ、子ども木工教室など地元 との交流も行います。
ぜひ、「民家フォーラム2011 in 信州」にご参加ください。

【日時】11月5日(土)10:00-6日(日)15:00
【場所】安曇野スイス村サンモリッツ ほか
    長野県安曇野市豊科南穂高3800-1 電話0263-72-0650
【お申込み】こちら↓から参加申込書をダウンロードのうえ、FAXまたは郵送にてお申込み下さい。
        F2011moushikomi.jpgをダウンロード



■シンポジウム「民家を生かした快適な暮らし」

11月5日(土)12:45-16:00 サンモリッツ中ホール 参加費1,000円

講演

「今なぜ民家か」降幡廣信氏(建築家、JMRA特別会員)

「信州の民家と景観」土本俊和氏(信州大学教授)

「民家再生の考え方」川上恵一氏(建築家)

2011年度民家再生奨励賞表彰



■懇親会(交流会)

11月5日(土)17:00-1900 サンモリッツ中ホール 参加費6,000円



■安曇野市の本棟民家見学会

11月6日(日)9:30-11:30 参加費1,000円 定員50名 定員に達したため〆切となりました



Dsc_0179_2
■オプショナルツアー「蔵のまち松本を歩く」

11月6日(日)12:00-16:00 参加費3,000円(昼食代含) 定員30名 定員に達したため〆切となりました



■実演・展示・催し

11月5日(土)10:00-17:00、6日(日)9:00-15:00 サンモリッツ大ホール

民家再生相談/「書道ガールズ」実演(5日11:00-、時間は予定)/民家の建方、曳家(5日16:00-17:00、時間は予定。実物の民家を組み立てて上棟を行い、曳家の実演も行います)/子ども木工教室/削ろう会信州鉋楽会/パネル展示 ほか




2011年9月10日 (土)

長野/田舎の小道を歩く安曇野道祖神めぐり 信州スタイル第六弾

道祖神、それは外から入ってくる疫病や悪霊を村境や辻、橋のたもとで防ぐ神です。毎年小正月の1月15日に行われるドンド焼きや中南信地方の三九朗などの火祭りは、この道祖神のお祭りです。野沢温泉の火祭り道祖神祭りは有名です。私たちはこの祭りを通して「集落の悪霊を払い、子孫繁栄や豊作を祈る」先人の思いを引き継いでいます。
「道祖神には、地元の人々の祈り、感謝の気持ちと愛情があり、そこから色々な文化・信仰・祭りが育まれ、長い歳月を経て今に伝えられている。だからこそ、名も無き職人が彫った道祖神に魅せられ、郷愁を感じ、時には物言わぬ双体像が語りかけてくるかのような錯覚さえ覚える」(カメラマンで『信濃路の双体道祖神』の著者でもある小出久和さんのお話より)
日本アルプスを背景にした田園風景、稲穂の波を感じながら信濃路の四季を楽しみます。

日時9月10日(土)10:00-16:00 雨天決行
場所長野県安曇野市
集合安曇野スイス村サンモリッツ
〈参考〉新宿発7:00スーパーあずさ1号→松本着9:39大糸線信濃大町行に乗換松本発9:56→豊科駅着10:14 JR利用の方は申込の際お申し出ください。
内容サンモリッツ10:30→池田町と穂高神社、八坂村の双体道祖神→13:00蕎麦処「常念」で昼食→14:00安曇野散歩(屋敷林のある風景、本棟造り、NHK「おひさま」ロケ地などを見学)→15:00豊科町神代文字道祖神、延命道祖神→16:00サンモリッツ 解散
参加費4,000円 JMRA会員は3,500円(昼食代含む) 現地にて集金
募集人員・締切25名 9月7日(水)*定員に達し次第締切
問合せ・申込先本部事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先090-1543-2667(小林)

2011年8月27日 (土)

長野/南信州・神の里をたずねて 信州スタイル第五弾

「日本のチロル・下栗の里」を訪ね、里山の暮らしをその目で確かめ、絶景を堪能しましょう。「千と千尋の神隠し」のモデルとなったと言われる「霜月まつり」の地、和田宿を散策し「夏まつり」も体験してみましょう。日本人の生活の原風景をきっと感じ取っていただける「神の里・遠山郷」ではないかと思います。南信州は日本の秘境が豊富な地域です。折角の機会ですので、なかなか見られない南アルプスの眺望もお楽しみいただき自然の素晴らしさに感動の一時を。そして農家民宿を夢見て暮らす若い夫婦の民家再生中の現地も見学し、更に南信州地方独特の「本棟造り」を再生し、生活している家を訪ねてみようと思います。

日時8月27日(土)-28日(日)
集合JAみなみ信州「りんごの里」(中央自動車道飯田IC、伊賀良バス停)
飯田市育良町1丁目2番地1 電話0265-28-2770
*りんごの里よりマイクロバスで1泊2日移動します。車は同駐車場に駐車可。
内容27日 りんごの里出発11:00→13:00しらびそ高原(昼食含)14:00→15:00下栗の里16:30→17:00和田宿(御射山夏祭り見物)・宿泊
28日 和田宿散策9:00→農家民家見学10:00→本棟造り民家見学11:00→12:00りんごの里 解散
参加費17,000円 JMRA会員16,000円 申込と同時に下記へ参加費をお振り込みください。通信欄には「南信州イベント」と記入してください。なお8月19日以降のキャンセルは返金できません。郵便振替00190-0-396443日本民家再生協会 みずほ銀行麹町支店普通1783193日本民家再生協会 宿泊は男女別の相部屋となります。
募集人員・締切20名 8月19日(金)*定員に達し次第締切
問合せ・申込先本部事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先090-8940-0777(小畑)
特記27日夜に交流会があります。ぜひご参加ください。参加費用3,000円は現地にて集金します。

2011年6月18日 (土)

長野/日本建築研鑚会軽井沢講座・信州スタイル第四弾「軽井沢を路上観察」(終了)

昨年4月に開講して5回開催され、好評を博した日本建築研鑚会。今年も4月の東京講座を皮切りに準備を進めていましたが、大震災の影響を考慮して延期していました。第1回となる軽井沢講座を6月に開催します。
この講座は、「軽井沢を路上観察 信州スタイル第四弾」とのタイアップイベントです。
軽井沢は浅間山麓に広がる標高1,000メートルの自然ゆたかで清涼な高原です。明治21年からは別荘地としての歴史を歩み、外国人宣教師をはじめ日本の各界の人々によって親しまれてきました。今日はKARUIZAWAを軽井沢で見る。
「…われわれの目玉が路上にはみ出してきてしまった理由は、〈意図されたもの〉が嫌になったからだ。美を意図する芸術も、その芸術の解体を意図する前衛芸術も、ウケを意図するパロディも、むろん買われることしか意図にない商品も、その意図された部分がアウトだった。見回すとこの世の物体はほとんど意図だらけで、疲れてしまう。もちろん、この世に存在する物体はすべて意図して作られているわけだが、しかし、われわれとしては、観察によって、その意図の線上からズレてしまった部分を発見しようとするのである。」(藤森照信「路上観察の旗の下に」『路上観察学入門』より)
そして、軽井沢にはゆたかな自然遺産、歴史から派生した珍しい建築などの文化遺産が数多く点在しています。今回は、軽井沢ナショナルトラスト中島松樹さんのご案内で移り変わる時の中で変わらぬ軽井沢を路上観察します。皆さん、「今日のあなたの軽井沢」を発見し、写真に納め発表しましょう。

日時6月18日(土)13:00-17:00 *雨天決行
場所長野県軽井沢町
集合JR軽井沢駅ロータリー 13:00
*車で参加の方は、各自有料駐車場等に車を置いた後、集合してください。
〈参考〉東京発11:24あさま519号→軽井沢着12:26
内容(予定)JR軽井沢駅13:00→ユニオンチャーチ13:20-14:30→路上観察会(徒歩)旧室生別荘、ショーハウス、吉村順三邸、聖パウロカトリック教会、八田別荘など14:30-15:30ユニオンチャーチにてディスカッション15:30-17:00→軽井沢駅にて解散
参加費4,500円 JMRA会員3,500円 登録事業者2,500円 現地にて集金
(参加費のうち500円を東日本大震災救援募金として寄付します)
募集人員・締切25名 6月15日(水)*定員に達し次第締切 JMRA会員優先
問合せ・申込先本部事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先090-2759-1674(本城)
特記希望者にはオプションとして、中央工学校軽井沢研修施設に宿泊して翌19日(日)のプログラムにご参加いただけます。翌日は、施設敷地内の登録文化財「三五荘」および茶室を見学、中島松樹さん案内により塩沢湖周辺(軽井沢夏 の家、明治四十四年館など)を散策、11:30の解散を予定しています。お申込時に「オプション希望」と添えてください。2日目の参加費は2,000円、宿泊費は8,500円(1泊2食、懇親会費含む)です。

2011年5月28日 (土)

長野/ガーデニングと民家を楽しむ 信州スタイル第三弾(終了)

信州の庭ってなんだろう……。都市もある、農村もある、高原もあって、別荘地もある……。それら全部ひっくるめたものが「信州の庭」ではないでしょうか。ガーデニングはその土地の気候、風土から制約を受けますが、一方でそれが個性を生み、その土地ならではの景観を生み出しもします。また日本の庭には昔から借景(自然の風景を庭に取り込む)という素晴らしい技法があります。残念ながら近頃私達の住む周りから懐かしい里山風景が急速に失われつつありますが、取り込みたくなるような美しい信州の景観をいつまでも残したい。民家に暮らす方のガーデニングを散策しながらいっしょに考えてみませんか。

日時5月28日(土)*雨天決行
場所長野県小諸市
集合JR・しなの鉄道小諸駅ロータリー 9:10
〈参考〉東京発6:52あさま503号→軽井沢着8:11しなの鉄道快速に乗換軽井沢発8:39→小諸駅着9:01
内容小諸駅9:10→停車場ガーデン見学→9:50和久井ガーデン見学・講習→10:30ローラ邸(イギリス)・パトリシア邸(アメリカ)見学→12:00海野宿福嶋屋昼食→13:30「夢の庭画廊 ローズガーデン」鑑賞会→15:00 O邸見学→16:00JR上田駅解散
参加費4,000円 JMRA会員3,500円 現地にて集金 昼食代およびお茶代含む
募集人員・締切25名 5月25日(水)*定員に達し次第締切
問合せ・申込先本部事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先090-2759-1674(本城)