イベント&お知らせ

2016年9月25日 (日)

9/25神奈川/川崎市立日本民家園見学【締め切りました】

9/25神奈川/民家の学校・オープンスクール2016(2)~川崎市立日本民家園見学~

民家は生活の実用に即して建てられるため、暮らしのあり方がそのまま形となって顕われます。また地域の気候条件に抗わず自然に負荷をかけぬよう、建てられ住まわれてきました。住み手と造り手の生き様が刻まれた日本の民家から、今一度暮らしの意義を見つめ直してみませんか。
今年も講師に、元川崎民家園嘱託職員でもある安田徹也氏(博士(工学)・一級建築士)を迎えます。安田氏の解説は、建物のハード面はもちろん「その理由」「移築・再生時の逸話」「民俗学的観点」など多岐にわたり、民家ベテラン・入門者問わず楽しめるツアーです。民家園をリピートされている方も、きっと新たな発見があるとでしょう。
見学後は懇親会も予定していますので、民家談義に花を咲かせましょう。
(主催:民家の学校 オープンスクール部会)

Photo

日時9月25日(日)受付は13:00~ 見学会は13:30~16:30 雨天決行
場所川崎市立日本民家園(小田急線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩13分)
集合川崎市立日本民家園正門内
※各自入園券を購入して入園し、正門内広場に集合してください。13:30に移動を開始します。
参加費1,500円 JMRA会員1,000円
※入園料は含みません。
※懇親会参加費は実費(3,500円程度を予定)。会場は小田急線「向ヶ丘遊園」駅前の店を予定しています。
募集人数40名 ※定員に達し次第締切
締切9月15日(木)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加する全員の氏名、住所、電話番号、FAX番号、携帯電話番号、メールアドレス、懇親会参加の有無をお知らせください。
当日連絡先090-5203-8948(瀬口)、090-3106-1614(三須)

2015年11月28日 (土)

11/28(土)神奈川/オープンスクール 2015 川崎市立日本民家園見学

今年の見学会は秋深い民家園を紅葉をめでながらの催行となります。一年おきに正順と逆順をくりかえし、今回は正門から遠い民家からスタートする逆順で回る予定です。解説は、建築史家で文化財保存の実務にも携わる安田徹也氏。安田氏の解説は詳し、く楽しく、リピーターの方にも大好評で、見識の深さに驚くばかりです。見学後は安田氏を囲んで懇親会を予定しています。
(主催:民家の学校 オープンスクール部会)

Photo

日時11月28日(土)受付13:00- 見学会13:30-17:00 雨天決行
場所川崎市立日本民家園(小田急線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩13分)
集合川崎市立日本民家園正門内
※各自入園券を購入して入園し、正門内広場に集合してください。13:30に移動を開始します。
参加費1,500円 JMRA会員1,000円 現地にて集金
※入園料は含みません。
※懇親会参加費は実費(3,500円程度を予定)
締切日11月20日(金)
定員40名 ※定員に達し次第締切
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、懇親会参加の有無をお知らせくださいをお知らせください。
当日連絡先090-5203-8948(瀬口)、090-3106-1614(三須)

2015年5月24日 (日)

5/24 神奈川/民家活用の先輩に学ぶ(第6回) アートと民家 回廊「瞬(とき)」見学と田園風景の散策

裂織(さきおり)作家の田村さんは、小田原市郊外に築100年以上の空き農家を借りて住居兼アトリエとして活用しています。(裂織とは古くなった布を細く裂き麻糸などと共に織り上げた再生衣料。)衣も住も再生している先輩の話を伺い、作品展を見学します。その後、田園地帯を散策、最近完成した木造伝統工法のお寺の客殿の見学や、アートの雰囲気を味わえる場所にご案内します。また、昨秋葺き替えたばかりの茅葺の古民家飯山邸も見学と盛りだくさんです。ゴールの巨欅の居では開催中の写真展をご覧いただいた後、庭で懇親会を計画しています。(希望者のみ、会費別途1,500円程度。)1時間程度の散策ですので、歩きやすい靴でお出かけください。
(主催:民家活用部会)

日時5月24日(日) 雨天決行
場所神奈川県小田原市
集合13:15 JR御殿場線下曽我駅 に集合
※JR東海道線国府津駅でJR御殿場線13:07発沼津行きに乗換一駅です。1時間に1本なので乗遅れにご注意ください。
※昼食は済ませてご参加ください。
参加費1,500円、JMRA会員1,000円 現地にて集金
募集人数20名 定員に達し次第締切
締切日5月15日(金)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-8108-5182(岩瀬)

2015年5月20日 (水)

5/20~ 24 神奈川/第7回 日本民家の美術展&実演




■第7回 日本民家の美術展

民家、そして民家のある風景は、日本人のこころをときめかします。そこには、長い時を経て創られてきた民家の美と文化があります。本イベントはそうした民家への想いを形にして表現します。質、量ともに見ごたえある作品は毎回好評を得ており、日本古来の住文化に対する関心を深める場となっています。また、花や新緑に囲まれた建物はすばらしく、中庭からの柔らかな光が降り注ぐ回廊式のギャラリーは、作品を引き立て、観る人の心も穏やかにします。緑まぶしい休日のお散歩がてら、気軽にお越しください。
(主催:日本民家再生協会・横浜市大倉山記念館、企画:日本民家再生協会 文化企画部会)

2

会期5月20日(水)- 24日(日) 11:00-17:00
会場横浜市大倉山記念館(横浜市指定有形文化財)ギャラリー&ホール
(神奈川県横浜市港北区大倉山2-10-1)http://o-kurayama.com/
※東急東横線大倉山駅(各駅停車) 徒歩7 分
入場料無料



■緊急!!「民家の美」美術展・イベントのお知らせ

5月20日(水)「民家の美」美術展がオープンしました。 会場には絵、写真、古民具、オブジェ、ドールハウス、竹細工、鬼瓦、模型など多彩な力作が並び、初日から多くの方々に楽しくご覧いただいています。 なお、今週末23日(土)24日(日)の両日には、伝統工芸師による左官・鏝絵、鬼瓦の制作のイベントが開催されます。

5月23日(土)
13:30~16:00
「左官・鏝絵の実演とお話」小松左官工業 小松七郎氏による実演
5月24日(日)
13:30~16:00
「鬼瓦制作の実演とお話」富岡鬼瓦工房 富岡唯史氏による実演
参加費無料
募集人数先着80名
申込み先当日直接会場におこしください。
当日連絡先080-6510-3510(長谷川)

第7回 日本民家の美術展 作品募集【締め切りました】

民家、そして民家のある風景は、日本人のこころをときめかします。そこには、長い時を経て創られてきた民家の美と文化があります。そうした民家への想いを形で表現してみませんか?絵画、写真、映像、古材で作った家具やオブジェ、模型など形式は問いません。また、本美術展では古民具や建具、古家具、古布なども展示します。お手持ちの自慢の逸品を是非出品してみて下さい。市指定有形文化財である横浜市大倉山記念館と共催で開催します。ふるってご応募ください。
(主催:文化企画部会)

Bijututen_2

会期 2015 年5月20 日(水) ~ 24日(日) ※搬入:5月19 日(火)、搬出:5月25 日(月)
会場 横浜市大倉山記念館(横浜市指定有形文化財)ギャラリー&ホール
この建物は、昭和7 年に「大倉精神文化研究所」の本館として建てられた後、横浜市に寄贈され、大改修して保存を図り、記念館として生まれ変わりました。古代ギリシャ以前の様式と東洋の意匠を取り入れた独特の様式美を持つ建物で、特に展示会場となるギャラリーは、広い石畳を囲んだ56 mもある回廊となっています。
神奈川県横浜市港北区大倉山2-10-1(東急東横線大倉山駅( 各駅停車) 徒歩7 分)
募集要項 【募集作品】 絵画、写真、映像、オブジェ、古民具、建具、古家具、模型、古布
【大きさ】 1点がF10(53.0 × 45.5cm:組み絵画、組写真可)程度
【出展料】 1~3点まで2.000 円 コーナー貸し(5,000 円、10,000 円)
【申込期間】 3月1日(日)~ 4月20日(月)
【申込方法】 申込用紙(「第7回日本民家の美術展チラシ&お申込み用紙」をダウンロード)に必要事項を記入し、下記の問い合せ先にFAX または郵送でお申し込みください。
お申込み先 日本民家再生協会(JMRA)文化企画部会「日本民家の美術展」係
〒102-0085 東京都千代田区六番町1-1 FAX:03-5216-3542
締切日 4月20日(月)

2014年11月29日 (土)

11/29(土)神奈川/英語で日本民家園 THE NIHON MINKA-EN in English【終了しました】

JMRA International Subcommittee welcomes you to the tour of THE NIHON MINKA-EN, Japan Open-Air Folk House Museum, which features 25 Japanese traditional houses between 1615 and 1868. Our visit this time will be accompanied by an English-speaking guide and offer you better chance to understand the details of each house. Let’s enjoy walking through these historically interesting houses withthe background of beautiful autumn leaves.

JMRAとしてはこの秋2回目の川崎市立日本民家園見学になります。今回は民家園の英語ガイドによるツアーです。あなたの周りに、英語を理解する方がいらっしゃいましたら、どうぞお誘い下さい。外国の方でなくても、民家と英語に少しでも興味のあるあなた自身でOKです。色彩豊かな紅葉の民家園で国際色豊かな交流を楽しみましょう。(主催:国際交流部会)

Minkaen

DateSat. 29 November 2014 (rain or shine)
Time13:00-16:30 (guided tour 13:00-15:00)
PlaceTHE NIHON MINKA-EN, 12 minutes walk from the South Exit of Mukougaoka Yuen on Odakyu Line
Fee\1,500 or \1,000(JMRA member) + \500 for admission
GuideRegistered English-speaking guide for THE NIHON MINKA-EN
Number of participants20
To enrollemail info@minka.jp or fax to 03-5216-3542 with your full name,address, telephone number(s) and email address. Inform us if you are a JMRA member, Let us also know if you would like to attend the optional drink party near Mukougaoka Yuen station after the tour (around \3,500).
Deadlineby 20 November
On the day, directly go to the museum. Purchase the ticket at the entrance (Bring your ID for a chance of possible discount.) and meet us inside the gate at 13:00.The walk will start at 13:30.
Please understand you will not hear from us unless some plans have changed.If you have any questions or concerns, contact Ms. Seguchi (090-5203-8948).We look forward to seeing you then.

日時11月29日(土)雨天決行 受付12:30より開始 見学会13:00-16:30(ツアーガイドは13:00-15:00)
場所川崎市立日本民家園(小田急線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩12分)
集合川崎市立日本民家園正門内※入園券を各自購入して入園し、正門脇広場に集合してください。13:00に移動を開始します。
参加費1,500円 会員1,000円 入園料は含みません(懇親会参加費は実費。3,500円程度を予定)
募集定員20名 締切11月20日(木)
申込本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、懇親会参加の有無をお知らせください。申込受付後の確認連絡はいたしません。当日直接現地へお越しください。
当日連絡先090-5203-8948(瀬口)

2014年9月27日 (土)

9/27神奈川/民家の学校オープンスクール2014(2)川崎市立日本民家園見学【終了しました】

日本各地の民家が一同に会する野外博物館、川崎市立日本民家園を、建築史家で文化財保存の実務にも携わる安田徹也氏が解説します。今年は、正門から近い民家からスタートする正順で回る予定です。例年大好評の詳しすぎる楽しい解説は、何度聞いても新鮮で、リピーターの方にもお勧めです。見学後は懇親会も予定していますので、民家談義に花を咲かせましょう。
(主催:民家の学校オープンスクール部会)

Minkaen

日時9月27日(土)受付は13:00より開始 見学会は13:30-17:00
場所川崎市立日本民家園(小田急線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩12分)
集合川崎市立日本民家園正門内※入園券を各自購入して入園し、正門脇広場に集合してください。13:30に移動を開始します。
参加費1,500円 会員1,000円 入園料は含みません(懇親会参加費は実費。3,500円程度を予定)
募集定員40名 締切9月18日(木)定員に達し次第締切
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、懇親会参加の有無をお知らせください)申込受付後の確認連絡はいたしません。当日直接現地へお越しください。
当日連絡先090-5203-8948(瀬口)、090-3106-1614(三須)

2014年9月20日 (土)

9/20神奈川/横浜綱島「民家の活用セミナーと交流会」【終了しました】

民家は今、あらためて日本人の心の拠り所として見直されています。心休まる建屋としてだけでなく日本人の暮らしの原点(住まい)としての民家をもう一度考え直すために、これらの民家をいろいろな形で活用する方法を学ぶセミナーを横浜市綱島台にある茅葺民家で行います。講師は東京都大田区の登録文化財「昭和のくらし博物館」館長及び島根県石見銀山の重要文化財「熊谷家住宅」館長を務め、いきいきと民家を活用、実践している小泉和子氏です。セミナー会場の「飯田邸」は、築100年以上の伝統的民家で、茅葺の母屋と長屋門を有する古い民家(横浜市指定有形文化財)です。オーナーの飯田助知氏から民家の由来と保全・活用状況についても説明していただきます。その後、一般参加者とJMRA会員及び専門部会との親睦を図る交流会を行います。生ビールやワインの乾杯で残暑を吹き飛ばすと共に、専門部会紹介やビンゴゲームを楽しみながら、民家の再生、保存、活用の今後について大いに意見交換をしましょう。なお、JMRA新入会員の歓迎会も兼ねますので新入会員(※2012年3月から入会の方が対象となります)は奮ってご参加ください。(主催:民家活用部会)

Iidatei

場所神奈川県横浜市綱島台「飯田邸」
集合12:30 東横線綱島駅
日程13:00「民家の活用セミナー」(講師:小泉氏)/14:40「飯田邸」説明(オーナー:飯田氏)/14:50交流会(専門部会紹介、ビンゴゲーム他)/16:30終了
参加費3,000円 会員2,500円 新入会員1,500円 現地にて集金 ※会場使用料、講師謝礼、ビール、つまみ代などを含む
募集人数50名 ※定員に達し次第締切
締切日9月10日(水)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)まで参加する全員の氏名、住所、電話番号、FAX番号、携帯電話番号、Eメールアドレスをご明記のうえ、お申込みください。
当日連絡先090-6929-1603(仙石)

2014年5月10日 (土)

5/10神奈川/本牧間門の家「手回し蓄音機で聞くSPレコード鑑賞会」 ~スチールギターとハマの歌声~民家の見どころ解説付き~【終了しました】

昭和10年に建てられた間門の家は、六畳の寄付・衝立のある玄関、三間続きの客間や雁行する縁側などを持つ古き佳き和風住宅です。
今年も、当家に伝わる蓄音機(米国ビクター製VV-80)を使用して、SPレコードに耳を傾けたり、この家を題材にJMRA認定民家再生技士 大沢匠さんによるお話しを聞いたり、昔の家の良さを、ひとときご一緒する催しを開催します。この家が芸術文化活動の拠点として、町に親しまれる建物になることを、地元の皆さまと共に目指してゆきます。

Makado

日時5月10日(土)13:30~15:30
場所 間門の家(澁谷邸 横浜市中区本牧間門48-11)
集合13:00 JR根岸駅改札(係員が居ります)。バス乗車5分→バス停「間門」→現地に13:15集合 ※車での来場はできません
日程13:30~ 解説「横浜港と当家の歴史」~SPレコード鑑賞~ティータイム(休憩)~大沢匠氏解説「民家の見どころ」~SPレコード鑑賞
募集人数30名 定員に達し次第締切
参加費地元中区・磯子区住民の方/会員1,000円、左記以外の方1,500円(SPレコード鑑賞会費用、茶菓代を含む)現地にて集金 ※釣銭のないよう、ご用意ください。
締切日5月2日(金)※キャンセルの場合は、5月8日(木)までに事務局へ必ずご連絡ください。
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、ファクス、メールアドレスをお知らせください。
※地元(中区/磯子区)の方、JMRA会員またはそれ以外(一般)の別を添えてお申込みください。
当日連絡先080-6773-3222 (矢野)

2014年3月 9日 (日)

3/9神奈川/小田原元醤油醸造業「内野邸」の屋敷と工場、蔵の活用を考える【終了しました】

「内野邸」は明治36年に建てられた母屋と昭和50年代まで営業していた醤油醸造工場、穀倉がそのままの姿で残っている小田原では珍しい場所です。すでにご当主を中心に地元のボランティアや小田原市の協力を得て、数々のイベントや一般公開を実施しています。JMRAとしてもこの動きをぜひ応援したいと思いイベントを企画しました。ご当主から直接、これまでの活動についてお話を伺った後、地元ボランィアの方々に建物をご案内いただきます。また、石造りの穀倉では地元の方々との交流会と地元ミュージシャンによるライブも予定しています。JMRAの地元会員とともに企画したイベント。ぜひ、多くの地元の方のご参加をお待ちしております。
(主催:民家活用部会、「湘南民家の会」設立準備会 協力:小田原市・板橋まちなみファクトリー)

日時2014年3月9日(日)13:00-17:00 雨天決行
場所神奈川県小田原市板橋
集合13:00現地(参加者の方には地図をお送りします)
日程13:00内野洋一郎氏(内野家当主)・古矢智子氏(小田原市)の講演。活用事例紹介。/14:40建物見学/15:20穀倉での交流会(軽い飲食)、地元ミュージシャンのライブ。/17:00閉会
参加費2,000円 現地にて集金 ※会場費、講師代、出演料、交流会飲食代を含む。
募集人数40名
締切日3月3日 ただし、定員に達し次第締切
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、ファクス、メールアドレス、をお知らせください。
当日連絡先090-8108-5182(岩瀬)