イベント&お知らせ

« 2019年12月 | メイン | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月16日 (日)

2/16(日)千葉/冬の古民家生活体験~火のある暮らし~(かまど炊きご飯の昼食付き)【中止となりました】

こちらのイベントは、都合により中止させていただくこととなりました。
ご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません。

じんわりとした温かさ、ぱちぱちとはぜる音、煙の匂い、竈かまど炊きご飯の美味しさ。千葉県長生郡の築160年の民家で、囲炉裏や竈、火鉢、薪ストーブなど、火のある暮らしを五感で感じてみませんか。おやつには囲炉裏の灰の中で焼いた焼き芋や、囲炉裏で炭火で焼く御幣餅などを、楽しく体験し、召し上がっていただきます。希望者には、藁の鍋敷きワークショップで実際に使える鍋敷きを作り、お持ち帰りいただけます。(企画:国際交流部会)

民家生活体験

日時2月16日(日)11:30-16:10
場所千葉県長生郡長南町
集合
<高速バス利用の場合>東京駅八重洲口京成バス2番乗り場より10:00発勝浦安房小湊駅行きに乗車、市原鶴舞バスターミナル下車
<自家用車利用の場合> 11:20 現地
※申し込みの際に交通手段をお知らせ下さい。現地までの行き方・地図をお送りします。
日程土間では炭を熾おこした囲炉裏が、母屋では薪ストーブが、暖かくお迎えします。実際に炭をくべたり、薪を足したりして、火の面倒を見ていただけます。
昼食は竈で炊いたご飯、自家製味噌で味付けした具沢山のお味噌汁、長南町特産のレンコンを使ったおかずなど。おやつは御幣餅を準備します。希望の方は、ご飯を搗つ いて餅にしたり、竹串につけて炭火で焼いたりして、楽しく作ることも体験していただきます。
自家用車利用の場合は、16:00頃、現地解散予定。高速バス利用の場合は、市原鶴舞バスターミナルから17:00 発東京駅行きのバスに乗車予定。
募集人数15名 ※定員に達し次第締め切り
参加費3,500円 、JMRA会員 3,000円 現地にて集金
※昼食代込。藁の鍋敷きワークショップ別途500 円。
締切日2月9日(日)
申込先本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段(バスor自家用車)をお知らせください。
当日連絡先080-5042-6509(高橋)、090-5203-8948(瀬口)
特記汚れてもよい服装、歩きやすい靴でお越しください。軍手をご持参ください。

2020年2月15日 (土)

2/15(土)山梨/再生民家でペチカ体験【定員に達しました】

2004年から段階的に改修している工事が一段落しました。直近の工事でペチカを設置する等、建築主の個性が色濃く出た家に仕上がっています。ペチカで焼いたピザをいただける オプション付きです。また、江戸時代創建のお寺の庫裡の耐震改修工事を見学します。大広間には約1.6 尺の大黒柱と太鼓梁が表しとなった大迫力の小屋組みを見ることができます。
(企画:民家再生推進委員会 /設計:アルケドアティス

再生民家とお寺の庫裡

日時2月15日(土)13:00-16:10(予定)
場所山梨県甲州市
集合13:00 JR中央本線「塩山駅」南口
日程庫裡工事現場見学再生民家見学/再生民家見学・ペチカ体験(オプション:ピザ・お茶付き)
募集人数10名 ※定員に達し次第締め切り ※定員に達したため、キャンセル待ちにて受付しております。
参加費2,000 円、JMRA 会員1,500 円 現地にて集金
締切日2月10日(月)※定員に達したため、キャンセル待ちにて受付しております。
申込先本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-9130-3489(網野)
特記・公共交通機関でのご来場にご協力ください。
 ※お車でお越しの場合は事前にお知らせください。駐車スペースが限られています。
・集合場所にて空き時間ができる場合は、塩山駅北口に甘草屋敷等あります。よろしければご覧ください。
・ご希望の場合は地図をお送りいたします。

2020年2月 8日 (土)

2/8(土)東京/和紙WS「民家の素材づくり体験」【締め切りました】

和紙WS


和紙は何からできて、どんな工程を経て紙になるのか?和紙の原料である楮こうぞが紙になるまでの全工程を学ぶワークショップです。東京都あきる野市で和紙を伝え継ぐために、居職(工房勤務)である紙漉きを出職スタイルで伝える活動をされている「紙しごと双清」の中川幸子さんご指導のもと、楮が紙になるまでの全工程を学び体験します! また中川さんより、和紙の特性、使い方、歴史、などの和紙の魅力を存分にご教授頂きます。(企画:民家の学校オープンスクール)

日時2月8日(土)9:30~16:00(武蔵五日市駅解散予定)
場所戸倉しろやまテラス(東京都あきる野市戸倉325番地)
集合9:30 JR五日市線「武蔵五日市駅」
募集人数20 名 ※定員に達し次第締め切り
参加費2,500 円、JMRA 会員2,000 円 現地にて集金 ※昼食費別途500 円。
締切日2月2日(日)
申込先本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-6497-2051(鈴木)
特記・汚れてもいい服装、歩きやすい靴でお越しください。
 ※一部外での体験があります。防寒着でのご参加をお勧めします。
・軍手、エプロン、和紙に漉き込みたい素材(落ち葉、押し花、糸など)
 ※ワークショップの最後にハガキ2枚分の紙漉きをします。
・漉いた和紙は乾燥し後日郵送します。
・昼食はワークショップ会場にて用意します。昼食費別途500 円。
 ※アレルギー等ある方は事前にご連絡ください。