イベント&お知らせ

« 3/3(日)神奈川/甲州民家移築再生工事竣工見学会【締め切りました】 | メイン | 3/30(土)福岡/九州民家塾「新築&再生物件見学会」 »

2019年3月 9日 (土)

3/9(土)滋賀/大庄屋諏訪家屋敷見学&近畿地区集会【締め切りました】

滋賀県守山市の市指定文化財「大庄屋諏訪家屋敷」の見学会とJMRA近畿地区会員集会を開催します。
江戸時代後期に建てられたこの建物は、2016年9月から解体修復工事が行われ、昨年7月に地域活性化の拠点として開館しました。母屋、客殿、茶室、蔵など見どころが多くあります。計画から関わったJMRA会員の話も聞くことができる絶好の機会をお見逃しなく。
また、今年から京都に移転した文化庁地域文化総計本部事務局から文化財調査官の岡本公秀氏をお迎えし、文化財保護法改正の話しやJMRAができること、期待することなど、お話しいただきます。他地区や会員以外の方のご参加もお待ちしております。(企画:近畿地区運営委員会)

大庄屋諏訪家屋敷1 大庄屋諏訪家屋敷2

<日程>

12:30 赤野井集落オプショナルミニツアー ※ご希望があれば開催!
赤野井集落は、真宗本願寺派赤野井別院(西)と真宗大谷派赤野井別院(東)、東西の別院が通りを挟んで向かい合う希有な集落で、歴史と文化を感じることができます。ちょこっと、ミニツアーをいたします。

13:30 大庄屋諏訪家屋敷見学(守山市指定文化財史跡)
赤野井集落にある諏訪家は大庄屋をつとめた家で、1000坪の敷地に、江戸後期に建てられた雄大な茅葺き農家住宅主屋と品格のある書院が立ち並びます。その書院からは琵琶湖の形をした池を持つ地泉回遊式の庭園(伝小堀遠州作)と三井寺円満院から明治初期に移築された茶室が見え、守山の迎賓館として活用がはかられています。

14:30 岡本公秀氏講演「これからの文化財の保存と活用の在り方について」
今年4月、文化財保護法が改正され、文化財保護行政は新たな局面を迎えます。法改正の背景や方向性、全国各地の先進的な取り組みを交え、次代に民家を残そうと活動してきたJMRAへの示唆をいただきます。

16:00 近畿地区集会
16:30 終了

17:00~19:00ごろ 懇親会
市指定文化財史跡の建物で食します。岡本調査官を交えて、JMRAの活動を語り合いましょう。

日時3月9日(土)13:00~17:00 イベント後、会場にて懇親会
場所大庄屋諏訪家屋敷(滋賀県守山市赤野井町171-1)
[JR守山駅からバスでお越しの場合]
12:00発 守山駅から「あやめ浜行き」に乗車、12:11着「赤の井別院」下車
参加費500円、JMRA会員は無料 ※懇親会費別途
締切日3月4日(月)
申込先JMRA本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-7097-5409(柴山)