イベント&お知らせ

« 2018年6月 | メイン

2018年7月

2018年7月29日 (日)

7/22(日)~29(日)東京/ミニ骨董市&乗兼広人版画展

明治初期に長野県飯山市に建てられた蔵を東京都世田谷区に移築したギャラリーで、ミニ骨董市を開催します。品物はJMRA会員が持ち寄り販売します。骨董や民具で、生活を豊かにしませんか。また、同じ会場でJMRA会員で版画家の乗兼広人(のりかねひろと)さんの銅版画展を開催します。民家のある風景は、私たちをノスタルジックな気分にさせてくれます。
(主催:文化企画部会)

乗兼さん作品 左:障子―17(紫陽花)/右:黒猫―15(桜)

【乗兼広人氏 プロフィール】
1949年広島県生まれ。創形美術学校研究科版画課修了。日本版画協会会員、日本美術家連盟会員、日本民家再生協会友の会会員。展覧会歴:2015年 第60回CWAJハンズ・オン・アート展(招待講義)、2016年 日本版画選択展(招待)、2017年 版画の地層 日動画廊版画グラン・プリ展の軌跡(招待)ほか。作品収蔵:サンフランシスコ美術館、ポーランド美術館、ホワイトハウス大統領府、尾道市立博物館、佐渡版画村美術館ほか。

会期7月22日(日)~29日(日)10:00-17:00
※ただし、初日は14:00から。最終日は16:00まで。
場所Gallery徳の蔵(東京都世田谷区三宿1-6-16)

2018年7月21日 (土)

7/21(土)東京中野の民家【民家バンク登録番号A-180401】現地見学会

民家バンクに登録中の「東京中野の民家」の見学会を開催します。
この民家は、かつての大工の丁寧な仕事によって品格ある建物になっているのが特徴で、無節の良材が多く使用され落ち着いた雰囲気を持っています。そのシンプルなデザインの天井や床の間、建具、欄間などは、きっと現代の生活にも合うでしょう。
古いお家での暮らしや開業をお考えの方はご参加ください。(主催:民家再生推進委員会)

A180401中野の民家見学会

日にち7月21日(土)雨天決行
集合14:00西武新宿線「沼袋」駅北口改札前
※今後の参加人数により第2回目を設定させていただく可能性があります。
 第2回目をご案内させていただく場合は集合時間が変更になりますので、ご了承ください。
参加費無料
締切日7月16日(月)
申込先JMRA本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-9150-0693(杉浦)

2018年7月 1日 (日)

6/30(土)~7/1(日)大阪・奈良/日本建築研鑽会 大阪・奈良講座2018

建築の実務者向け講座「日本建築研鑽会」。今回は大阪・奈良で3軒の民家を見学して研鑽を積むのと同時に、実務者同士の情報交換等の機会として開催します。1軒目は大阪市内で再生工事中の築135年の古民家を見学。既存土壁をすべて落とし、構造補強後に竹小舞を編み上げた状態での見学です。2軒目へ向かう途中、日本の古代史に登場する著名人の古墳群(聖徳太子・用明天皇・小野妹子等)や、遣隋使の当時からある日本最初の官道(国道)である竹ノ内街道などを見学。2軒目の再生民家は奈良県御所(ごせ)市内の築109年の古民家。現在は当協会登録事業者の事務所として使われています。
2日目は朝から奈良県の室生へ向かい、築後350年を経て、今なおお住まいとして使われている再生民家を見学します。見学先へ向かう途中で、奈良県各地に残っている古いまちなみもご案内します。
(主催:民家再生推進委員会)

180630研鑽会

日にち6月30日(土)、7月1日(日)の2日間 雨天決行
集合6月30日(土)13:30大阪メトロ 御堂筋線 長居駅 南改札
参加費7,000円、JMRA会員5,000円、JMRA登録事業者3,000円
現地にて集金 ※現地での交通費・宿泊費・食事費用は各自別途ご負担頂きます。
定員20名 ※定員に達し次第締め切り
締切日6月22日(金)
申込先JMRA本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-9545-5135(佐藤)

7/1(日)東京/火おこし講座 ―古代発火法に挑戦―

東京都東久留米市にある民家「野崎邸」にて、古代発火法の第一人者、岩城正夫先生の指導によるキリモミ式火おこしを体験します。また、「火おこし検定」も実施しますので、是非挑戦して下さい。(主催:民家の学校オープンスクール)

<岩城正夫先生のプロフィール>
1930年東京生まれ。大学卒業後、中学教師・雑誌編集者・学会事務局員・高校教師などを経て大学教師に。2001年和光大学名誉教授。古代発火法検定協会理事長主な著作に『ある発明のはなし』『やってみなければわからない』『原始時代の発明発見物語』『原始技術史入門』『原始時代の火』『原始技術論』『セルフメイドの世界-私の歩んできた道』等多数

日時7月1日(日)13:00~16:30 雨天決行
場所野崎邸(東京都東久留米市柳窪集落)
集合12:30西武新宿線 小平駅 改札前 ※会場まではスタッフが誘導します。徒歩20分程。
参加費1,500円、JMRA会員1,000円
※別途道具代1,000円 現地にて集金 ※参加費には保険費が含まれます。
持ち物木工用カッターナイフかクラフトナイフ(お持ちの方は)、鉛筆など
定員30名
※定員に達し次第締め切り
※ご家族参加歓迎(小学校4年生以上)、中学生以上は一人でも可
締切日6月24日(日)
申込先JMRA本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-6497-2051、toshi.suzuki@gmail.com(鈴木)

7/1(日)栃木/古民家で能を学ぶ

現存する世界最古の舞台芸術「能(能楽)」。再生済み古民家で土間の漆喰壁に映像を投影しながら能の基礎知識を学び、能の魅力に迫ります。
また、会場となる再生古民家についても、工事の苦労話を交えてオーナーより紹介します。   (主催:国際交流部会)

※対象は小学校高学年~大人になります。

鳥山直也氏 中村昌弘氏

日時7月1日(日)13:00~15:30 雨天決行
講師鳥山直也(とりやまなおや)氏 小鼓方観世流/中村昌弘(なかむらまさひろ)氏 シテ方金春流
場所栃木県那須郡那須町(JMRA正会員自宅)
集合12:45現地集合 ※お申し込みの方へ個別に交通手段をお知らせいたします。
参加費2,800円、JMRA会員1,800円、学生1,800円 現地にて集金
定員35名 ※定員に達し次第締め切り
締切日6月20日(水)
申込先JMRA本部事務局(お申込みフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。※学生の方はお書き添えください。
当日連絡先080-4865-1302(佐野)、090-5203-8948(瀬口)