イベント&お知らせ

« 9/23(土)兵庫/建築史家と見学する竹中大工道具館 | メイン

2017年11月12日 (日)

11/11(土)設立20周年「民家フォーラム2017」
~民家の暮らしと文化を未来につなぐ~

Photo_2

黒漆喰の蔵造りが建ち並び、雰囲気のある川越。今は無き江戸の町並みの面影を残し、関東では「小江戸」として親しまれています。現在は、日本だけでなく海外から訪れる人も多い、人気観光スポットです。
JMRA設立20周年「民家フォーラム2017」では、この20年間のJMRA活動を振り返るとともに、成功例と言われている、この川越を通じて、これからの10年、20年に、民家のためにできることを考えます。 今回のシンポジウムの目玉は、何と言っても大林宣彦会長の基調講演です。また、トークセッションでは、コーディネーターと民家に関わる方々の掛け合いにご期待ください。

シンポジウム

【プログラム】※予定。変更になる場合があります。
<第1部>
13:00~ 川越の木遣り(市指定文化財の作業歌)の公演
13:10~基調講演「人が自然の中で、人らしく生きるためには」大林宣彦JMRA会長(映画作家)
<第2部>
14:30~トークセッション
◇なぜ空家は貸し出されないのか―家を受け継ぐ仕組みづくり
◇浪漫だけじゃ暮らせない!築160年の民家で快適に暮らす
◇蔵の町・川越の光と影―伝建地区が抱える課題

日にち 11月11日(土)13:00~17:00
会場 茶陶苑(埼玉県川越市仲町2-6)
参加費 2,000円 ※事前申し込み、事前振り込みが必要です。
定員 130名(うち優待席35席。7月下旬ホームぺージにてご案内します)
締切日 10月31日(火)※締切日以降にキャンセルの場合は、キャンセル料が発生します。

展示・体験コーナー(予定)

■日本曳家協会展示
  民家を建っているまま曳いて移動させる曳家技術の展示。
■鬼瓦づくり体験
  ミニ鬼瓦の製作体験。
■組子体験
  組子コースターづくりや組子パズルに挑戦。(予定)
■民家再生無料相談会
  専門家ボランティアによる民家再生相談コーナー。
■民家再生事例のパネル展示

日にち 11月11日(土)10:00~16:00
会場 茶陶苑 前庭(埼玉県川越市仲町2-6)
参加費 実費
参加方法 お申込み不要です。当日直接会場までお越しください。体験コーナーなど参加者が多い場合には、お並びいただくことがあります。

懇親会

明治8年(1875年)に創業した旧鏡山酒造を再生した施設。明治・大正・昭和の時代に立てられた酒蔵の、おみやげ処(明治蔵)、まかない処(大正蔵)、くら市場(昭和蔵)の3つの蔵からなっています。(※おみやげ処は18:00まで。くら市場は19:00まで)
懇親会は大正蔵にて行われ、「第12回 民家再生奨励賞」の表彰式が予定されています。

日にち 11月11日(土)18:30~20:30
会場 小江戸 蔵里(産業観光館)(川越市新富町1丁目10−1)
参加費 5,000円 ※事前申し込み、事前振り込みが必要です。
定員 90名
締切日 10月31日(火)※締切日以降にキャンセルの場合は、キャンセル料が発生します。

お申込みについて

参加者一名ごとに、参加希望の項目(「シンポジウム」「懇親会」)、氏名、会員番号、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、「民家フォーラムへ参加」と明記のうえ、JMRA事務局(FAX:03-5216-3542またはこちらのフォーム)へお申込みください。参加費は、締め切り日までに郵便振替でご送金ください。ご入金をいただいた方には、10月以降にチケットおよびご案内をお送りします。

お振込先 郵便振替:00190-0-396443 特定非営利活動法人 日本民家再生協会
  ※通信欄等に「民家フォーラム」とご記入ください。
  ※締切日までにご入金が無い場合には、キャンセル待ちの方へご連絡をさせていただきます。
締め切り 10月31日(月)
キャンセルの場合 懇親会のキャンセルは、11月9日(水)までにご連絡ください。
11月9日(水)以降にキャンセルした場合は、キャンセル料をいただきます。
当日連絡先 090-9352-6647(事務局)