イベント&お知らせ

« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月24日 (土)

6/17(土)、6/24(土)東京/限界耐力構造計算講座【締め切りました】

構造金物の「アンデン東京」による限界耐力構造計算講座を開催します。一般的には筋交いや構造用合板で耐力壁を作りますが、民家においてはそれができない場合が多々あります。一方、地震が多い昨今では耐震補強が急務です。民家に関わる多くの皆様にまず限界耐力計算の概念をご理解いただき、2日目には各自のノートパソコンで実習をし、理解を深めます。
(主催:民家再生技術部会)

日時1回目:6月17日(土)、2回目:6月24日(土)
両日とも、12:45受付開始、13:10より開始します。
場所(株)クリナップのショウルーム内、レクチャールーム(東京都新宿区西新宿3-2-11
参加費4,000円 、JMRA 会員 3,000 現地にて集金
※資料代を含みます。テキストは各自購入してください。
募集人数30名 ※定員に達し次第締め切り
締切日6月14日(水)
申込先JMRA事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-3318-5262(柏崎)
テキストについて受講にはテキストが必要です。事前にご購入ください。会場で買い求めの方は申し込み時にお知らせください。
『木造住宅の耐震設計 リカレントな建築をめざして』樫原健一・河村廣著
技報堂出版 3,200円(税別)
特記2日目はノートPCを使用します。フル充電されたものをご用意ください。

2017年6月10日 (土)

6/10(土)東京/民家再生現場見学-連続講座第5回【定員に達しました】

昨年度より開催している民家再生現場見学会の第5回目です。実際に民家再生の現場に出て、設計者・施工者から直接話を伺う連続講座となります。
今回は東京都内の築90年の現地再生民家の竣工見学会です。蔵を家族4人が生活する住居として再生しました。古い瓦を葺き直し、落とした土壁の土を再利用して三和土や左官下地としたり、見どころの多い再生事例となりました。設計・施工で工夫したこと、苦労したこと等、話を伺いながら実例をご覧ください。
現場見学会後は、希望者を対象に書院造に西洋建築を取り入れた和洋折衷の建物「山本亭」を見学します(見学料100円)。こちらも、ぜひご参加ください。
(設計:西本建築事務所、施工:古財工房、主催:民家再生技術部会)

現場見学会 工事中の様子

日時6月10日(土)13:30-15:30
集合13:10 北総線「新柴又駅」改札口
<交通案内>東京駅(JR山手線)12:29>12:33秋葉原(JR総武線)12:37>12:39浅草橋(都営浅草線)12:46>13:07新柴又
日程受付13:10/駅前出発13:20/現地終了15:30予定
※13:20出発後の到着は参加できない可能性がありますのでご注意ください。
参加費3,000円、JMRA会員2,000円(資料代込)現地にて集金
募集人数15名 ※定員に達し次第締切 20名 ※好評につき、人数を増やしました。 定員に達しました。
締切日6月5日(月)
申込先JMRA事務局(こちらのフォーム またはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-1422-0169(西本)