イベント&お知らせ

« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

熊本地震で被害にあった川尻復興のため支援金を(第1期)

熊本地震で被害にあった、醸造のまち・蔵のあるまち川尻の復旧・復興のため、支援金をお願いします。

熊本市南区の川尻は、国指定史跡や歴史的建造物が多く残り、漆喰壁の商家や土蔵が商工業の栄えた往時の様子を偲ばせる町です。
この町で長年県民に親しまれてきた「赤酒」等を醸造する蔵元「瑞鷹(ずいよう)」をはじめ、歴史的建造物が今回の地震で大きな被害を受けました。
JMRA九州沖縄地区では、他団体と協力して、民家と伝統構法を守るという趣旨のもと、川尻のまち並み復興に乗り出しました。
寄附金受け付けの第1期の締切日は、5月31日(火)です。
川尻の復旧・復興のため、JMRA九州沖縄地区の活動を支えるために、ご理解・ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
Photo

振込先■郵便振替:郵便振替:00190-0-396443 日本民家再生協会
  ※通信欄に「熊本地震支援金」と明記してください。
■銀行振込:みずほ銀行 麹町支店 普通預金 1239336 「JMRA震災救援募金」口座
  ※みずほ銀行の窓口、みずほキャッシュカードを使用した本支店ATMからお振り込みの場合は、振込手数料は無料です。
締め切り第1期:5月31日(火)
寄付金受領証明書の発行について支援金は「認定NPO法人等寄附金」となりますので、寄附金控除(所得控除)が受けられます(2,000円以上)。寄付金受領証を送付いたしますので、JMRA会員以外の方の場合はご入金の際に、住所、氏名(漢字)をメールまたはファクスにて別途お知らせくださいますようお願いいたします。(Email:info@minka.jp/ファクス03-5216-3542)

平成28年熊本地震に関しまして

熊本県から大分県にかけてを震源とする地震の影響で、九州一帯に甚大な被害が発生し、現在も予断を許さない状況が続いています。
被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

九州・沖縄地区運営委員会からの報告で、熊本県の会員の皆さまの無事を確認いたしました。
引き続き、大分県の会員の皆さまの安否を確認をしております。

なお、現地では 街並みを形成している土蔵の壁が崩れたり、柱が破損したりしています。
修復には皆さまのお力添えが必要になると考えられますので、今後のご協力をお願いいたします。
現地の状況は、引き続きホームページに掲載いたします。

2016年5月2日掲載 「熊本地震で被害にあった川尻の復興のため支援金を」 →こちら

Photo

2016年5月22日 (日)

5/22(日)山梨/甲州市近代化産業遺産宮光園見学会【締め切りました】

山梨県甲州市勝沼にある「宮光園」(明治27年頃-)は、近代化産業遺産に認定された日本に於けるワイン醸造の黎明期醸造施設です。近年こちらの主屋、白蔵、離座敷が相次いで修復されました。修復を担当した当協会会員の網野隆明氏に歴史的建造物修復のお話を聞きながら内部を見学します。また見学後はぶどう畑の見えるレストランでランチを楽しみます(別途負担)。周辺にはワイン資料館、ワインセラー、テイスティングもできるシャトーメルシャンのワインギャラリーをはじめ、コンクリートアーチ橋の文化遺産祝橋などの見どころもあります。5月の爽やかな季節を勝沼で楽しみませんか。
(主催:民家再生技術部会)

Photo_2

日時5月22日(日)11:20-14:30 雨天決行
集合11:20 宮光園(甲州市勝沼町下岩崎1741番地)
日程受付11:20/見学会11:30-13:15/ランチ13:20/終了14:30予定
交通往路:JR中央本線勝沼ぶどう郷駅より甲州市民バス乗車10:55発>11:13阿部医院前下車徒歩2分。車の場合は勝沼ぶどうの国文化館の駐車場をご利用ください。
帰路:ワイン村河川公園前15:27発>勝沼ぶどう郷駅15:52着、または、ワイン村河川公園前15:37発>勝沼ぶどう郷駅15:56着
募集人数10名 ※定員に達し次第締切
参加費3,000円、JMRA会員2,000円 入場料込。現地にて集金。
※昼食代は各自でお支払いただきます。(2,500円程度)
締切日5月19日(木)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、当日連絡可能な電話番号、FAXで申込みの場合はFAX番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先080-9352-6647(小野)

2016年5月14日 (土)

5/14(土)東京/民家バンク「東京国分寺の洋館」見学会(第3回)【締め切りました】

民家バンクでは希少な洋館の見学会です。大正末から昭和初期の洋館でハーフティンバーの外観と1、2階の大きなサンルームが特徴。舶来のステンドグラスや金物が使われた、雰囲気ある洋館です。住宅への再生はもちろん、レストランやショップに再生してみたいという方も歓迎です。
(主催:民家再生推進委員会)

東京国分寺の洋館

日時5月14日(土)10:40-(1時間程度)
集合場所現地集合(東京都国分寺市内)
参加費一組につき1,000円 現地にて集金
締切5月6日(金)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)まで、参加者1名ごとに氏名、住所、職業(勤務先名と住所)、会員番号、電話番号、メールアドレス、現地までの交通手段を下記までお知らせください。受付後、集合場所をお知らせいたします。
当日連絡先090-3348-4348(久保)
特記今回は引取ご検討の方に限定ですので見学のみの参加はご遠慮ください