イベント&お知らせ

« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月23日 (土)

4/23(土)栃木/田舎暮らし見学会「栃木県足利市」【定員に達しました】

第一弾:石畳とワインの街「足利市」を紹介します。
足利市のほぼ中央に位置する鑁阿寺。2013年、本堂が国宝に指定されました。その鑁阿寺を取り巻くように整えられた石畳の道は 昔ながらの商店が並んでいます。そこをほどよく歩くと足利学校に行き着きます。日本最古の学校として国指定史跡となっています。往時の空気を残したまま静かに時が流れるような場所です。過去と現在がうまく共存する街を見学します。昼食はココファームワイナリーのレストラン「ココスプーン」。指定障害者支援施設こころみ学園の在園者とスタッフとで育てた葡萄で作るワイン。2000年夏、九州・沖縄サミットの晩餐会で出されました。そんなワインを口に含みながらのランチを予定します。不使用民家の再活用や、地方都市の人口減少対策を観点に地方都市の今後の街づくりを学びます。生活に便利な田舎「足利市」。週末移住・季節移住・別荘・移住。田舎暮らしを考えながら足利市を散策しましょう。
(主催:民家再生推進委員会)

0423足利

日時4月23日(土)10:00~ 雨天決行
集合10:00 東武伊勢崎線「足利市」駅北口に集合
日程10:00足利市駅10:10/10:20鑁阿寺・石畳の街並み・足利学校12:00/12:10ココスプーン(昼食)13:10/13:30ココファームワイナリー14:15/空き家物件見学/16:00足利市駅(解散)
募集人数9名 ※定員に達し次第締切
参加費3,000円、JMRA会員2,000円 現地にて集金 ※昼食代は各自でお支払いただきます。
締切日4月18日(月)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-3212-0513(新井)

4/23(土)千葉/再生蔵見学会【終了しました】

長野県にあった建て主さんのご実家の蔵を移築再生しました。
明治時代に創建された蔵本体に玄関と和室を増築し、延床面積約24坪の建物です。創建当時の雰囲気をなるべく残すよう、蔵戸、障子、電気配線のガイシ等を再 使用しました。
(設計:一級建築士事務所WHAT、施工:保川建設、主催:民家再生推進委員会)

Photo

日時4月23日(土)14:00~
集合14:00 JR総武線「都賀駅」改札口
※都賀駅はJR千葉駅より各駅停車で二つ目、快速線で一つ目です。現場は駅より徒歩約10分です。
参加費1,500円、JMRA会員500円 現地にて集金
締切日4月21日(木)※好評の場合は早めに締め切ることがあります。
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
特記工事の進捗状況により日程を変更する場合があります。その際はご連絡いたしますので、申し込み時に連絡先(電話番号等)をお教えください。担当者より連絡がない場合は予定通り4月23日(土)に開催いたします。

2016年4月 5日 (火)

4/17(日)佐賀/九州民家塾 in 唐津~唐津歴史遺産 民家の活用事例を探る旅~

唐津市には、いくつもの時代の風情を色濃く映す建築物や土木構造物が多く残っています。
それら「唐津歴史遺産」の保存・利活用、景観の再生の活動をされている「NPOからつヘリテージ機構」の理事長であり、JMRA会員でもある菊池さんのご案内で、 唐津の町を巡ります。
(主催:JMRA九州沖縄地区)

『唐津草伝社』…脚本家井手俊郎(映画「青い山脈」等)の生家を陶磁器関連スペースとして活用。
『町屋カフェぜん』…質屋と住居だった建物がカフェ&コワーキングスペースに変身。
『東の木屋』…「松浦佐世姫」の蔵元として知られる東木屋酒造場の旧酒蔵。
『ぎゃらりー魚や町』…砂糖や煙草などを販売していた「旧岸川商店」をギャラリーに。

Photo_2

日時4月17日(日)10:00~15:00
場所佐賀県唐津市
日程10:00集合・受付/10:30「唐津草伝社」見学/12:00「町屋カフェぜん」見学・昼食/13:30「東の木屋」「ぎゃらりー魚や町」見学 /15:00解散
参加費会員2000円 一般2500円 学生1500円 現地にて集金 昼食代含む
募集人数30名 先着順
募集締切4月10日(日)※キャンセルは4月15日(金)までにお願いします。
申込先JMRA九州沖縄地区事務局( minka2012_jmraqr@yahoo.co.jp またはFAX 0946-21-5077)に、イベント名、氏名、参加人数、参加費、お車でお越しの方は乗車可能人数、当日つながる電話番号、FAX、E-mailをご連絡ください。
※事務局からの返信で申込完了となります。返信がない場合は、再度ご連絡ください。
※「迷惑メール」へ振り分けられている可能性もあります、併せてご確認ください。

連絡先080-3952-0646

2016年4月 2日 (土)

4/2東京/発酵食を学んで味わう@古民家【締め切りました】

最近、健康食として見直されている発酵食品。テレビ・雑誌等のメディアでも「発酵・酵素・菌活」の話題をよく目にするようになりましたね。発酵食の歴史は長く、種類も数えきれないほど豊富です。日本には古来より納豆・味噌・醤油・酒…といった伝統食材が受け継がれており発酵食品の宝庫といえます。今回のイベントでは、「日本各地の発酵食文化」と「新たなトレンド・取組み」を簡単なワークショップを通して学んでいきます。
場所は、東京都北区志茂の古民家「心療庵」での開催となります。外国の方も歓迎です。ぜひ日本の食文化の素晴らしさに触れて体感し、学ぶ機会をご一緒しましょう。
(主催:国際交流部会)

味噌玉・心療庵
トリュフチョコのような見ても美しい味噌玉を作ります。

<講師プロフィール>
山田雅恵(旅する発酵料理家、フードディレクター)
自然と食と心を結ぶフードディレクターとして日本各地に赴いて、地域活性化を応援。発酵を通して、日本の伝統文化、伝統食を後世に伝える活動をしている。古民家再生プロジェクト千葉の神崎・椿ハウスにて里山文化発信・交流基地づくり等活動を展開中。天然酵母パンから始まる、発酵生活、「山田ベーカリーライフスタイル」主宰。 http://izabel0622.wix.com/yamadabakery

酒井美保子(ローフードインストラクター、菌美女会代表)
幼少期から身体が弱い上、社会人になり体調を崩したのをきっかけに食事による健康管理を学び、実践。アメリカにてローフードインストラクターの資格を取得。健康の要は腸にあると腸トリートメントも取り入れ、一人ひとりが健康の自己管理ができるようセミナー等、活動中。ローフードを中心に、身体と心にやさしく美味しい食事の提案、商品開発、健康管理のアドバイザー。<菌>に関心のある女子の集まり「菌美女会」主宰。 http://youandsoil.com/

日時4月2日(土)13:30~16:30 
場所『心療庵』(東京都北区志茂4丁目32-2  http://shinryouan.com//
アクセスhttp://shinryouan.com/8-2/
集合13:15 現地
日程開場受付 13:15/講座開始 13:30/第1部 発酵食について学ぶ/第2部―日本各地ご当地味噌や発酵食品の食べ比べ―綺麗なトリュフのような味噌玉、かんたん発酵食作り/講座終了 16:30
参加費3,500円、JMRA会員3,000円 材料費込み、当日支払い
※材料準備のため締切日以降のキャンセルは参加費をいただきます。
募集人数30名 ※定員に達し次第締切
締切日3月25日(金)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-5203-8948(瀬口)、080-4865-1302(佐野)