イベント&お知らせ

« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月13日 (日)

12/13(日)東京/移築再生工事竣工見学会【終了しました】

山形県鶴岡市から都心の31坪の敷地に、蔵を移築し、それに新材による建て増しをすることで、延床面積29坪の住宅とした。
蔵の2階部分はワンルームのLDKとし、長さ4間・太さ310×530㎜の欅の牛梁の魅力を元の蔵と同じように堪能できるプラン。
欅の大梁・大黒柱のある1階部分は縁側付の畳敷きの寝室となった。
蔵の基礎であった切石は玄関回りの踏込・ポーチ・階段・擁壁とし、屋根の束石は外流し&踏石などに用い、元の蔵に在ったものは極力引き続き添わせてあげることとした。
蔵は歌舞伎『勧進帳』の富樫とその郎党が拓いた集落の、先祖が郎党のひとりであった小林家の所有であった。玄関とLDKのブラケットは近代の名建築といわれた上野池之端の宝丹ビルで使われていたもの。
(設計:現玄社建築設計事務所 野本、施工:合同会社古財工房株式会社渡部工業 主催:文化企画部会)

移築再生工事竣工見学会

日時12月13日(日)第1回14:10~ 第2回15:40~
場所東京都文京区千石
集合第1回14:00、第2回15:30 JR・都営地下鉄三田線 巣鴨駅 駅前広場 ※時間厳守。
参加費1,500円、JMRA 会員1,000 円 現地にて集金
募集人数各回30名 ※定員に達し次第締切
※申込時に第1回、第2回いずれかをお選びください。
※希望時間のご記入のない場合には、空いている時間帯に割り振りをさせていただきます。
締切日12月10日(木)
持ち物1.軍手又は清潔な手袋(※うっかり触る・手を付くなどで新築住宅を所有者よりも先に汚すことを防ぐため)
2.スリッパ又はそのまま床を歩いてよいソックス
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先080-4333-2369(佐々木・野本)

2015年12月12日 (土)

12/12(土)和のくらし 第4回「注連飾りを稲の藁からつくろう」【終了しました】

毎年恒例のイベントにはリピーターの方も多く、皆さん個性的な注連縄を真剣に作っていただいてます。日本の伝統である注連縄を手づくりで、新年の玄関に飾ってみませんか。今は、なかなか稲わらや稲穂が手に入らず、手作りの注連飾りは貴重です。一人につき2本ぐらい作れます。
場所は昭和8年に建てられ廃校になっていた福島県の木造校舎を目黒の祐天寺に移築再生した幼稚園です。晴れた日は都心でありながら自然あふれる園庭で、雨の日は教室で作業します。子どもどうし楽しく遊べますので、ぜひお子様とご一緒においでください。平日は大きなクスの木の下で園児が園内を走りまわってにぎわっています。お子様大歓迎です。(主催:文化企画部会)

Photo

日時12月12日(土)13:30~15:30
場所平塚幼稚園(東京都目黒区祐天寺1-23-11)<交通>東急東横線「祐天寺駅」徒歩4分
集合13:20現地
参加費2,000円 JMRA会員1,500円 材料代含む
※家族の場合は上記参加費1名分と材料代500円を人数分いただきます。(中学生以下は無料)
持ち物雑巾、はさみ、軍手
※ワラは今年収穫したものをいただき、湿らせて木づちでたたいて編むので、よごれても良い服装でおいでください。
募集人数50人 ※定員に達し次第締切
締切日12月10日(木)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-7171-3284 (佐々木)、080-5039-4483 (相子)

12/12(土)東京/研ぎ方教室【終了しました】

ものづくりに欠かせない道具である「刃物」は、我々が日常的に使用している身近な道具でもあります。日常的に刃物を使用しているが、研ぎ方が分からない方。また、自己流で刃物を研いでいるが、改めて正しい研ぎ方を学びたい方など大歓迎です。日本橋の有名刃物店にて、長年、包丁の実演・指導をご経験されていた吉野太一氏を講師に迎え、各自が「自分の手で刃物を研ぐ」という技術を取得することにより、より一層、刃物に興味を持ち、使う喜び・楽しさを感じていただくと同時に、深い愛着を持てる機会となるでしょう。
(主催:民家再生技術部会)

日時12月12日(土)13:00 開場受付 13:30~17:00 講座
場所平塚幼稚園(東京都目黒区祐天寺1-23-11)<交通>東急東横線「祐天寺駅」徒歩4分
集合13:00 現地
参加費3,500円、JMRA会員2,000円 現地にて集金
募集人数30名 ※定員に達し次第締切
締切日12月4日(金) 12月10日(木)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-8856-1437(木村)
持ち物研ぎたい刃物2-3点、砥石、作業用服装、タオル・雑巾。(詳細は追ってご連絡いたします。)
※お申し込みの際に、持参予定の刃物の種類をお教え下さい。(例:和包丁、三徳、鰹節削り器など)

2015年12月 6日 (日)

12/6(日)福岡/九州民家塾「再生民家見学会in豊前~豊前の民家を訪ねる~」【終了しました】

午前は天保10年(1839年)創建の大庄屋の家、国指定重要文化財民家「旧永沼家住宅」を見学。恒例の昼食は、豊前市の農家民宿「まんてん星」にてかまど炊きご飯をいただきます。「まんてん星」は、現役の五右衛門風呂やかまどなど見どころ満載の再生民家で、午後は再生を手がけた古民家蘇生工房の柳本氏(JMRA登録事業者)による講話があります。
終了後は築上町にある旧炭鉱主邸宅、国指定名勝「旧蔵内家住宅」を訪ねるのもおススメです。
(主催:JMRA九州沖縄地区)

Photo
左:まんてん星  右:旧長沼家住宅

日時12月6日(日)10:00-15:00
場所福岡県豊前市
日程10:00「旧永沼家住宅」集合/10:15「旧永沼家住宅」見学、説明/12:30「まんてん星」にて昼食/13:30「まんてん星」見学、古民家蘇生工房 柳本氏講話/15:00解散
参加費2,500円、会員2,000円、学生1500円 現地にて集金
募集人数30名 ※先着順
締切日11月27日(金)
申込先JMRA九州沖縄地区事務局(minka2012_jmraqr@yahoo.co.jpまたはFAX:0946-21-5077)に、イベント名、氏名、参加人数、参加費、当日つながる電話番号、FAX、E-mailをご連絡ください。
※事務局からの返信で申込完了となります。返信がない場合は再度ご連絡ください。
※「迷惑メール」へ振り分けられている可能性もあります。併せてご確認ください。
当日連絡先080-3952-0646

2015年12月 5日 (土)

12/5(土)東京/民家バンク見学会のおしらせ【締め切りました】

民家バンクでは希少な洋館(民家バンク登録 A150601) の見学会を開催します。大正末~昭和初めに建てられた洋館でハーフティンバーの外観と1、2階に設けられた大きなサンルームが特徴。当時外国から輸入されたであろうステンドグラスや金物が使われた本格的な建物です。都内でも少なくなりつつある貴重な洋館。住宅への再生はもちろん、レストランやショップに再生してみたいという方も歓迎です。
A150601民家バンク見学会

日時2015年12月5日(土)10:40~1時間程度 
集合東京都国分寺市内 現地集合(詳細はお申込み時にお知らせします)
参加費一組につき1,000円 現地にて集金
締切2015年11月30日(月)
申込先日本民家再生協会事務局(こちらのフォーム、ファクス03-5216-3542)まで、参加者1名ごとに氏名、住所、職業(勤務先名と住所)、会員番号、電話番号、メールアドレス、現地までの交通手段を明記の上、お申込みください。
当日連絡先090-1126-6028(公文)

12/4(金)東京/能楽師・大倉源次郎さんのお話と小鼓の集い【定員に達しました】

大倉源次郎さん(能楽小鼓方大倉流16 世宗家)にはこの春、JMRA の特別会員にご就任いただきました。これを機会に、能の世界のお話と小鼓の1 曲をお聞かせいただき、その後、懇親の小パーティーを開きます。ご参加いただき、大倉さんと直接ことばを交わしてください。 (主催:広報委員会)

Image1

日時12 月4 日(金)18:30~20:30
会場徳の蔵(東京都世田谷区三宿1-6-16)
〈バス〉JR 渋谷駅南口乗り場から三軒茶屋方面行バスにて三宿下車、徒歩7 分 
〈電車〉東急田園都市線池尻大橋下車、徒歩10 分
参加費JMRA 会員3,000 円、会員同伴者3,500 円 ※現地にて集金 パーティー費を含む
募集人数35名 定員に達し次第締切
締切日11 月27 日(金)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、会員番号、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-3235-1446(清沢) 090-8450-2503(小林)

埼玉/4回連続講座 木に学ぶ【定員に達しました】

日本の建築文化の根幹となっている「木」を、原木から製材、建築での使い方から、民家における木材の価値まで包括的に知るための連続講座を企画しました。今回の主な開催場所は、東京から一番近くにある林業地、飯能市。江戸時代から300年以上の歴史が残るエリアです。地元の岡部材木店にご協力いただき、「木」の生産・活用の実態をリアルに体感できる盛りだくさんな内容となっています。
最終回は銘木博物館のような大邸宅「遠山邸」を訪ねます。
4回連続だけでなく、興味のある回のみでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお申し込みください。(主催:民家お助け隊)

【講座内容】

〔第1回〕
 9月5日(土)
テーマ:原木を知る 開催場所:飯能市 原木市場
11:00東吾野駅集合>原木市場見学 競り見学 14:00頃岡部材木店へ -15:00講義 林業の現状について
〔第2回〕
 10月3日(土)
テーマ:製材の現場を知る 開催場所:岡部材木店
10:30 製材工場見学 13:00-14:00丸太から板・柱を取る方法 節埋めワークショップ 14:00-15:00講義 適材適所の木の使い方
〔第3回〕
 11月7日(土)
テーマ:木組みの家の建築方法 開催場所:飯能駅周辺 岡部材木店
10:30飯能駅周辺を散策し古い建築群見学(材木商の店「絹甚」など) 13:00-15:00講義 現場の大工さんの話を聞く ※タイミングが良ければ住宅軸組のきざみ作業見学もあり。
〔第4回〕
 12月5日(土)
テーマ:古民家での木の活かし方 開催場所:川越市 遠山記念館
13:00 川越駅集合 遠山邸見学(学芸員による案内付) -16:00建材としての木の見方を知る 17:00-19:00 懇親会 ※古民家レストランを予定

参加費各回 2,500円、JMRA会員2,000円 現地にて集金(現地交通費・懇親会費別途)
募集人数20名 定員に達し次第締切
締切日8月31日(月)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-6477-4810(西本)
お問い合わせjmra.otasuketai@gmail.com(民家お助け隊)
特記詳しい内容のご案内は、お申込みいただいた方へメールでお届けします。