イベント&お知らせ

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

【お知らせ】解体した蔵の引取り手を探しています

「民家フォーラム千葉2013」の企画として解体された蔵を引き取っていただける方を探しています。
多くのボランティアの協力で解体された蔵ですが、その後何度も引き合いがあったにも関わらず、いまだ、引取りがかなっていません。蔵を探している、というそこのあなた。ぜひご検討を!
蔵の引取りについてご興味のある方は、JMRA事務局(info@minka.jpまたはTEL:03-5216-3541)までご連絡ください。

Photo_4

「千葉/蔵移築・再生プロジェクト」解体前の写真などはこちら↓もご覧ください。
http://www.minka.or.jp/news/2013/09/post-c1d0.html

<蔵の概要>
Photo_3

2015年9月27日 (日)

9/27 東京/能舞台体験

日本を代表する伝統芸能である能(日本での世界無形文化遺産の第1号)、その能舞台に実際に立ち、演者の立ち位置から能舞台を体験していただく貴重なイベントです。梅若女流能楽師であり、「声の道場」の著者でもある山村庸子氏のお話を伺いながら、本格的な能面もお借りして、豆粒のような目の穴から実際どの程度見れるのかも体験できます。このイベントをきっかけに能楽をもっと身直に感じ取っていただけたらと企画しました。(主催:文化企画部会)

Photo_3
この梅若能舞台での体験イベント 撮影:神田佳明

日時9月27日(日)
場所梅若能楽学院会館(東京都中野区東中野2-6-14)
集合13:00 梅若能楽院会館入口前
日程13:00~15:00 山村庸子先生のお話を伺いながら、能舞台体験
参加費2,500円 JMRA会員2,000円 現地にて集金
※お子様の参加費も同様。中学生以上が対象です。
持ち物足袋もしくは木綿の靴下 ※お持ちでない方は舞台に上がれません。
募集人数30名 定員に達し次第締切
締切日9月17日(木)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先080-5006-1254(松井)

2015年9月19日 (土)

9/19 千葉/民家改修見学会「三和土と竹小舞&荒壁」

幕末より150年の間、人々の暮らしを見守り続けた民家が只今改修の最中にあり、民家の三和土と土壁はこうして造られたという本来の手法を実践しています。つきましては改修途中の見学会を開催しますので、奮ってお申し込みください。外国の方には英語による解説も行います。
(主催:国際交流部会)

8f7a7557


日時9月19日(土)11:30-16:00
場所千葉県長生郡長南町の民家
集合集合場所は交通手段により異なります。お申し込みの際に交通手段をお知らせ下さい。自家用車でお越しの方には地図をお送りします。
<高速バス利用の場合>11:15 市原鶴舞バスターミナル集合(東京駅八重洲口京成バス2番乗り場より10:00発勝浦安房小湊駅行きに乗車)
<自家用車利用の場合>11:30 現地
参加費2,500円 JMRA 会員 2,000円 現地にて集金
持ち物昼食、軍手 ※汚れても良い服装でおこしください。
募集人数15名 定員に達し次第締切
締切日9月14日(月)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください。
当日連絡先080-5042-6509(高橋)、090-5203-8948(瀬口)

2015年9月16日 (水)

【募集】第3回 情報誌『民家』表紙写真コンテスト作品募集

今年も情報誌『民家』の表紙写真コンテストを開催します。ふるってご参加くだ さい。

昨年の受賞作品は、民家92号(2015年1月1日発行号)の表紙になりました。
http://www.minka.or.jp/minka/2015/01/92151-a390.html

応募方法プリントした写真(A4または六切)の裏に氏名、住所、電話番号、メールアドレス、タイトル+説明、撮影地市町村まで)を記入し、JMRA事務局(〒102-0085東京都千代田区六番町1-1)までご郵送ください。
著作権作品の著作権は撮影者に帰属します。JMRAが2年間の優先使用権を保有します。
締め切り9月16日(水) 10月31日(土)延長しました
展示11月14日(土)開催「民家フォーラム2015 東京」で展示され、投票によって大賞が決まります。
特典大賞受賞者は『民家』1月1日発行号の表紙写真に掲載されます、その他の特典として、賞状、掲載誌10冊、『民家』への写真説明文の掲載などがあります。
注意事項撮影の際、許可が必要な場合はとってください。未発表、合成加工していないものに限ります。応募書類は返却しません。使用にあたって、補正補作する場合があります(トリミングなど)。

2015年9月13日 (日)

福岡/九州民家塾 「再生民家見学会 in 八女~四代続く歯科医院本宅を現地再生~」【終了しました】

明治20年代から40年代に建てられたという住居棟と治療棟からなる歯科医院本宅の再生見学会を開催します。伝統的建造物群保存地区内での保存事業とともに「住み継ぐ」ために再生された民家です。内部設計と全体施工を手掛けた建築工房 悠山想さん(JMRA登録事業者)の講演もあります。
(主催:JMRA九州沖縄地区)

Minkajuku150913


日時9月13日(日)10:00-12:00
場所福岡県八女市
日程10:00「八女伝統工芸館 駐車場」集合/10:15再生民家見学、説明/11:00建築工房悠山想・宮本氏による講演/12:00解散
参加費500円(学生無料) 現地にて集金
募集人数30名(先着順)
募集締切9月10日(木)
申込先JMRA九州沖縄地区事務局( minka2012_jmraqr@yahoo.co.jp またはFAX 0946-21-5077)に、イベント名、氏名、参加人数、参加費、当日つながる電話番号、FAX、E-mailをご連絡ください。
※事務局からの返信で申込完了となります。返信がない場合は、再度ご連絡ください。
連絡先080-3952-0646(九州・沖縄地区事務局)

2015年9月 5日 (土)

9/5-6 新潟/越後妻有アートトリエンナーレ2015探索と民家再生の民宿宿泊

「越後妻有アートトリエンナーレ2015(大地の芸術祭)」は、今年で6回目を迎え、世界各国からの著名な作家が得意分野での芸術を披露します。テーマは「人間が自然・文明と関わる術こそが『美術』」「都市と地域の交換」。7月26日から9月13日の期間で開催します。民家再生民宿への宿泊、蔵を再生した喫茶室で田舎料理のおもてなしや、地元の方々との交流もあり、地場の雰囲気を充分楽しんでいただける企画と思います。翌日6日は、宿泊場所のすぐそばにある農機具等資料館や、高柳地区にある文化財名勝貞観園の見学を予定しています。
(主催:新潟民家の会)

越後妻有アートトリエンナーレ2015(大地の芸術祭)
http://www.echigo-tsumari.jp/about/triennale_2015/

日時9月5日(土)-9月6日(日) 雨天決行
場所新潟県十日町市、小千谷市
集合9月5日(土)13:30 ほくほく線十日町駅 西改札口出口 ※昼食を済ませてご集合ください。
参加費1,500円 現地にて集金
※現地交通費、宿泊懇親会費、芸術祭入場料、拝観料が別途掛かります(合計11,000円程度)。
 詳細は新潟民家の会にお問い合わせください。
募集人数20名 定員に達し次第締切
締切日8月20日(木)
申込先新潟民家の会(E-mail:ohkuma@o-kuma.jp 、ファクス025-752-5371、電話025-752-3206)に、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-3148-4983(大熊)